【8月1日(水)花火】山にこだまする音と光が湖面に映える!豊かな自然と花火が調和した「さがみ湖湖上祭花火大会」

県立相模湖公園前で開催される「さがみ湖湖上祭花火大会」。第69回目を迎える歴史ある花火大会で、伝統的な花火から現代的な仕掛け花火まで約4000発のプログラムで魅了する。山に囲まれているため花火が開く音を全身で感じることができ、湖の水面に大輪が映り込む様子もまた美しい。自然と花火が調和した雄大な光景に心癒されて。

更新日:2018/07/11

スターマインから尺玉まで見どころ満載の約4000発!湖上へ流れ落ちる美しいナイアガラの滝に魅了されて

相模湖の湖上で打ち上げられる花火の数々は、大スターマインやウルトラスターマイン、直径400mもある尺五寸の大玉など見ごたえ十分。なかでもクライマックスに予定しているナイアガラの滝はいちばんの注目どころ。

湖の上へ全長500mにも渡る線状の光が流れ落ちる光景は圧巻で、水面に光が映し出される姿も格別に美しい。山々にこだまする打ち上げ音を体感しながら約4000発の花火を楽しんで。

【花火をキレイに観るベストスポットは?】相模湖を正面に臨む県立相模湖公園からの鑑賞がおすすめ

相模湖駅から徒歩10分ほど、相模湖が目の前に広がる県立相模湖公園がもっともキレイに観られる場所。そのぶん人気が高く例年混雑するので、しっかりと場所を確保するには早い時間からの行動が必要。

近隣のレジャー施設・さがみ湖リゾートプレジャーフォレストからも鑑賞可能できるほか、7月15日まで相模湖観光協会サイトなどで事前準備協賛を募集中。協賛として参加することで協賛席へと招待してくれるので、近い場所からゆっくり楽しみたい人はチェックしてみよう。

【神奈川・相模湖】第69回さがみ湖湖上祭花火大会

イベント名
第69回さがみ湖湖上祭花火大会
開催場所
相模湖湖畔(県立相模湖公園前)
開催日程
2018/8/1(水)※小雨決行。荒天時は翌2日(木)に順延、両日とも荒天の場合は中止
開催時間
19:30~21:00
交通アクセス
JR「相模湖駅」より徒歩約10分
打ち上げ数
約4000発
昨年の来場者数
約5万5000人
電話番号
0426842633 0426842633 相模湖観光協会
ホームページ
さがみ湖湖上祭花火大会の詳細はこちら

夏だけの特別な夜を楽しもう。東京&関東の花火大会2018

2018年の夏に開催される、東京・関東の花火大会情報をお届け。開催日カレンダーや人気ランキングのほか、花火をゆったり鑑賞できるおすすめのレストラン情報も。今年は、彼や家族、仲間と一緒に、感動的な夏の風物詩を体験しよう。

WRITING/YUKI HORIE

  • LINEで送る