【10月13日(土)花火】世界初の観客参加型花火大会!日本初の花火タワーにも魅了される「NARITA花火大会」

PHOTO:NARITA花火大会実行委員会事務局

地元の有志によって2006年に初開催され、観客も一緒に参加できることにこだわってさまざまな演出や趣向を凝らしてきた「NARITA花火大会」。なかでもフィナーレの「NARITA黄金伝説」は圧巻で、10分間の構成のうちラスト1分間で1500発もの花火が打ち上がる。2010年に世界初の“観客参加型花火大会”としてグッドデザイン賞を受賞してからも毎年パワーアップし続けているという、充実したプログラムをお見逃しなく。

更新日:2018/10/06

PHOTO:NARITA花火大会実行委員会事務局

ここでしか体験できない新しい試みがいっぱい! グッドデザイン賞を受賞した花火大会

稲刈りを終えた成田の田んぼに大輪の華を咲かせようと、2006年からスタートした花火大会。当初より“観る”だけの花火大会ではなく、観客が一緒に“体験できる”花火大会であることにこだわり、開催回数を重ねるごとに新しい挑戦を続けてきたのだとか。

例えば過去の開催時には、観客が持っているスマートフォンと連動させたり、口の中で弾けるキャンディーを観客に配ってほおばってもらい花火と味覚を融合させたりと、さまざまな企画に挑戦してきたそう。

そんな取り組みが評価されて、2010年には世界初の“観客参加型花火大会”として花火業者の丸玉屋とともにグッドデザイン賞を共同受賞。現状に甘んじることなく毎年進化を遂げてきたNARITA花火大会、今年はどんな新しい世界を見せてくれるのか乞うご期待!

未来型の花火タワーも見どころ。毎年進化する唯一無二のプログラム

約1万2000発の花火が打ち上がる中、10分間で構成されたフィナーレ「NARITA黄金伝説」も圧巻。ラスト1分間で打ち上げられる1500発もの花火が、感動と興奮のひとときを演出する。

ほかにも、無数の筒をくくりつけた日本初の「花火タワー」は見どころ。高い位置と鋭い角度から射出される花火は、まさに未来型と表現できる斬新なもので、他では見られない光景に大きな歓声が上がる。2015年の初登場を経て、2016年には40m級に進化したというから、今年の演出も見逃せない。

【花火をキレイに観るベストスポットは?】成田ニュータウンスポーツ広場から間近に鑑賞。有料協賛席も

成田ニュータウンスポーツ広場までは、JR下総松崎駅から徒歩で約25分または、京成成田空港線の成田湯川駅から徒歩で約40分。当日はJR成田駅の西口および、京成電鉄の成田湯川駅から臨時バスが運行予定だけど、混雑が予想されるので余裕をもって出かけよう。

メインの観覧場所となる成田ニュータウンスポーツ広場には、屋台が出店されるエリアも設けられているので、花火鑑賞のお共であるグルメがしっかり堪能できるのも楽しみのひとつ。

また、場所取りの心配がない有料協賛席もおすすめ。有料エリアの観客が最適な環境で楽しめるように音楽やアナウンス、演出などが考えられているので、確実にキレイな花火を楽しむならこちらをリザーブしよう。いくつかある席種のうち、現在チケットが残っているのは一部の席のみ。気になる人は早めにプレイガイドをチェックして。

【千葉・成田】成田山開基1080年祭記念 NARITA花火大会in印旛沼

イベント名
成田山開基1080年祭記念 NARITA花火大会in印旛沼
開催場所
成田ニュータウンスポーツ広場(成田市台方1415地先)
開催日程
2018/10/13(土)※荒天中止、順延日なし
開催時間
18:30~
交通アクセス
JR「下総松崎駅」より徒歩約25分、京成成田空港線「成田湯川駅」より徒歩約40分
※JR「成田駅」西口または京成電鉄「成田湯川駅」より臨時バス運行予定
打ち上げ数
1万2000発
昨年の来場者数
13万人
電話番号
0476897562 0476897562 NARITA花火大会実行委員会事務局
ホームページ
成田山開基1080年祭記念 NARITA花火大会in印旛沼の詳細はこちら

1日だけの特別な夜を楽しもう。東京&関東の花火大会2018

2018年に開催される、東京・関東の花火大会情報をお届け。開催日カレンダーや人気ランキングのほか、花火をゆったり鑑賞できるおすすめのレストラン情報も。今年は、彼や家族、仲間と一緒に、感動的な夜のおでかけを満喫しよう。

【2018年夏】東京・関東近郊の花火大会リスト

WRITING/YUKI HORIE

  • LINEで送る