【8月3日(土)花火】10分間でスターマイン8000発が乱れ咲く!関東最大級の二尺玉&巨大水上花火も登場「佐倉花火フェスタ2019」

印旛沼を舞台に開催される「佐倉花火フェスタ2019」。昨年に引き続き「ビッグプレミアムスターマイン」としてさらに進化した名物のビッグスターマインが見どころで、このほか二尺玉や水上花火、有料観覧S会場だけで鑑賞できる伝統的な手筒花火など豪華なプログラムで盛り上げる。約2万発ものダイナミックな花火を間近で体感して。

更新日:2019/07/23

ビッグプレミアムスターマイン&関東圏で貴重な二尺玉も!総数2万発の花火が百花繚乱

本大会おなじみ、音楽とシンクロして連射花火を打ち上げるビッグスターマイン。約10分間で8000発もの花火を連続で打ち上げるというから、これまでに体感したことのない大迫力のショーになること間違いなし。

関東では数少ない、開花時に直径500mにもなる二尺玉は例年の目玉で、今年も合計4発の大玉が打ちあがる。また印旛沼湖畔の水面で花開く水上花火も美しく、総数2万発もの豪華絢爛な花火に魅了される。

関東ではなかなかお目にかかれない手筒花火も。有料観覧S会場だけで楽しめる貴重な体験を見逃さないで

有料観覧S会場のみで行われる手筒花火は、ぜひ一度は生で観てみたいもの。火薬を詰めて荒縄を巻き、その竹筒を小脇に抱えたまま火をつけると、たちまち10数mもの火柱がのぼる光景は圧倒的な迫力。

印旛沼に古くから伝わる「龍神伝説」に例えて“竜火”と名づけられた火の粉を、全身に浴びながら演舞する花火師たちの姿にきっと感動するはず。

【花火をキレイに観るベストスポットは?】印旛沼湖畔の周辺は視界良好!3つの有料観覧エリアもおすすめ

会場は、京成電鉄京成臼井駅から徒歩30~40分または、京成佐倉駅から徒歩40~50分の場所にある印旛沼湖畔。周辺に視界をさえぎるものがないため、さまざまな場所から花火を観ることができる。当日は交通規制が入り、基本的には徒歩で会場まで向かうことになるので、歩きやすい靴がおすすめ。

また、より間近で鑑賞を楽しみたいときは有料席がおすすめ。飯野竜神橋脇の佐倉ふるさと広場内に設置される「有料観覧S会場」と、佐倉ふるさと広場向かいの「かしま会場」、打ち上げ場所の向こう岸から臨む「サンセットヒルズ会場」の3つの会場があるうち、手筒花火が観られるのは有料観覧S会場のみ。

有料観覧S会場のマス席は15000円~、有料観覧かしま会場の自由エリアはイスありの場合2000円、イスなしの場合1000円と、さまざまな券種が用意されているから早めに公式サイトをチェックしてみよう。

【千葉県・佐倉(佐倉市)】佐倉花火フェスタ2019(第59回佐倉市民花火大会)

イベント名
佐倉花火フェスタ2019(第59回佐倉市民花火大会)
開催場所
佐倉ふるさと広場周辺/印旛沼湖畔(佐倉市臼井田2714)
開催日程
2019/8/3(土)※荒天の場合、翌4日(日)に順延
開催時間
19:20~20:30 ※有料観覧S会場の手筒花火は19:05~
交通アクセス
京成電鉄「京成臼井駅」から徒歩30~40分、「京成佐倉駅」から徒歩40~50分
打ち上げ数
約2万発
昨年の来場者数
約16万5000人
電話番号
0434866000 0434866000 佐倉市観光協会
ホームページ
佐倉花火フェスタ2019(第59回佐倉市民花火大会)の詳細はこちら

美しい夏の風物詩。東京&関東の花火大会特集2019

日本の夏の風物詩といえば、夜空を美しく彩る“花火”。2019年も、都内・東京近郊では多くの花火大会が開催されます。そこで、人気ランキングや開催日カレンダーをはじめ、デートにぴったりのロマンティックな花火鑑賞付きディナー、夏の旅行先におすすめの温泉地の花火大会など、気になる情報を総まとめしました。浴衣を着るなら、ヘアセット&着付け付きプランもチェックを。夜風を感じながら、情緒溢れる花火見物を楽しもう。

【2019年夏】東京・関東近郊の花火大会リスト

WRITING/YUKI HORIE

  • LINEで送る