【今週末の花火大会3選】横浜の海と港をステージにした花火、宿場町の風情ある相模原花火。7/13~15は神奈川県がアツい

相模原納涼花火大会

写真/7月15日(月・祝)相模原納涼花火大会

日本の夏の風物詩といえば、夜空を美しく彩る“花火”。2019年も、都内・東京近郊では多くの花火大会が開催されます。

7月13日(土)~15日(月・祝)の3連休には、イベントやグルメで山下公園周辺がにぎわう「横浜スパークリングトワイライト2019」、夜空と海にスターマインが咲き誇る夏の小旅行にぴったりな「久里浜ペリー祭」、宿場町の勢いを今に伝える約8000発の「相模原納涼花火大会」と神奈川県の花火大会が目白押し。

更新日:2019/07/11

【7月13日(土)14日(日)】横浜スパークリングトワイライト2019

横浜の海と港を舞台に繰り広げられる「横浜スパークリングトワイライト2019」は今年で8回目の開催。さまざまなイベントのひとつとして行われるスパークリング花火では、氷川丸の汽笛を合図に約3000発が打ちあがり圧巻の美しさを誇る。伝統的な日本の花火から創作花火までの多彩なプログラムとともに、港に停泊している船がライトアップされるロマンティックな光景も楽しみたい。

開催場所/山下公園及びその周辺
開催時間/19:30~20:00 ※イベントは11:30~20:30
交通アクセス/みなとみらい線「元町・中華街駅」4番出口より徒歩3分、「日本大通駅」情文センター口より徒歩5分
昨年の打ち上げ数/約3000発

【7月13日(土)】久里浜ペリー祭

ペリーが上陸したことで近代日本の幕開けとなった久里浜の地。それを記念した「久里浜ペリー祭」では、式典や地域住民による開国バザール、巨大黒船フロートも現れるパレードなどが行われ、イベントのフィナーレとして花火大会が開催される。スターマインを中心とした花火は約3500発、火の大輪が海面にも映し出される光景は幻想的で美しい。毎年数多くの人々が訪れる華やかなイベントへ、小旅行気分で出かけてみて。

開催場所/ペリー公園・久里浜海岸・カインズホーム裏岸壁(旧ニチロ岩壁)
開催時間/19:30~20:10
交通アクセス/京急久里浜線「京急久里浜駅」より徒歩15分、JR京急「久里浜駅」より徒歩17分
打ち上げ数/約3500発

【7月15日(月・祝)】相模原納涼花火大会

「相模原納涼花火大会」は、大山街道の宿場町として栄えた水郷田名に“もう一度賑わいを”と、昭和26年に開催されたのがはじまり。毎年約8000発もの花火が相模原の夏空を盛大に彩り、そのなかでも空中ナイアガラや大スターマインは見応えもあり迫力満点! 会場付近には多くの屋台が並ぶので、花火鑑賞と合わせてお祭り気分を楽しんで。

開催場所/相模原市中央区水郷田名 相模川高田橋上流
開催時間/19:00~20:15 ※開会式18:45~
交通アクセス/JR横浜線「淵野辺駅」南口またはJR相模線「上溝駅」より「田名バスターミナル」行きバス(淵53系統上溝経由)終点下車、徒歩15分
JR横浜線・相模線・京王線「橋本駅」南口から「田名バスターミナル」行きバス(橋57系統榎戸経由)(橋59系統葛輪経由)終点下車、徒歩15分
打ち上げ数/約8000発

美しい夏の風物詩。東京&関東の花火大会特集2019

東京・神奈川・千葉・埼玉の花火大会特集2019

日本の夏の風物詩といえば、夜空を美しく彩る“花火”。2019年も、都内・東京近郊では多くの花火大会が開催されます。そこで、人気ランキングや開催日カレンダーをはじめ、デートにぴったりのロマンティックな花火鑑賞付きディナー、夏の旅行先におすすめの温泉地の花火大会など、気になる情報を総まとめしました。浴衣を着るなら、ヘアセット&着付け付きプランもチェックを。夜風を感じながら、情緒溢れる花火見物を楽しもう。

【2019年夏】東京・関東近郊の花火大会リスト

  • LINEで送る