【熱海花火が見える宿10選】圧巻の大空中ナイアガラを温泉宿から眺める。「熱海海上花火大会」が見える温泉宿がステキ

相模原納涼花火大会

写真/星野リゾート リゾナーレ熱海

年間を通して16回も開催される「熱海海上花火大会」。海岸から打ち上げられる花火が、夜空と水面を幻想的に彩り、花火の音が海に響きわたる。フィナーレを飾る大空中ナイアガラは圧巻!

人ごみに疲れることなく花火を見るなら、温泉宿からがおすすめ。オーシャンビューの部屋が多い熱海だからこそ、美しい海花火が見られる。温泉につかって浴衣を着て花火鑑賞すれば、忘れられない思い出になるはず。

更新日:2019/07/19

「熱海海上花火大会」開催日/2019/7/26、7/30、8/5、8/8、8/18、8/23、8/30 、9/16、12/8、12/15

星野リゾート リゾナーレ熱海

熱海の山上に佇む絶景リゾートホテルは、驚きと遊び心に満ちた休日が過ごせる場所。

全室オーシャンビューの客室にスタイリッシュなデザイナーズ空間、美しい創作和会席と海をモチーフにした体験型ブッフェ。標高170mに位置する半露天風呂からは、熱海の海、山、街並みを眺められ、まるで海に浮かんでいるよう。

砂浜ブックスカフェ「ソラノビーチ Books&Cafe」、樹齢三百年を超えるクスノキと一体化したようなツリーハウスや、クライミングウォールなどアクティビティにも遊び心がたっぷり。

【花火の見え方】
部屋/すべての部屋から全体が見える
館内/11階にあるソラノビーチやラウンジの窓からも見られる

熱海温泉 Relax Resort Hotel リラックス リゾート ホテル

高台に佇む全15室のラグジュアリーホテル。全室オーシャンビューバルコニーからは、初島、伊豆大島までも眺望できる。

本館の客室は、モダンスタイルとリゾートスタイルの2種類。全室デザインが異なっているため、自分へのご褒美や大切な女子旅と何度も訪れたくなってしまう。ビールやコーラやジュースが入った備え付けの冷蔵庫は、すべて無料という心づかいもうれしい。部屋からの花火鑑賞のおともにいただいて。

花火だけでなく、地元の新鮮な魚や無農薬野菜などをふんだんに使用した自然派イタリアンに、癒しのエステも見逃せない。スローバカンスで癒されて。

【花火の見え方】
部屋/すべての部屋から全体が見える
屋上/席が設けられている

熱海シーサイド・スパ&リゾート

熱海サンビーチの正面にある絶景リゾートホテル。全室オーシャンビューのゲストルームは、ナチュラルな和洋室から、露天風呂付きのスイートルームまで多彩。

部屋花火だけでなく、展望レストランから打ち上げ花火を望むことも。夜には80種以上の料理が揃うブッフェダイニングでは、ライブキッチンでの豪快なパフォーマンスも楽しみ。食事をいただきながら、花火鑑賞という贅沢なひとときをかなえて。

さらに花火の前には、リニューアルしたての温泉施設へ。大浴場で、貸切風呂でゆっくりと源泉かけ流しの天然温泉につかりたい。

【花火の見え方】
部屋/一部見えない部屋あり(要確認)
館内/レストランより花火の上のほうが見える

リブマックスリゾート熱海シーフロント

熱海の海景色も温泉も堪能できる海岸通りの絶景ホテル。夏は水平線と海の水面が一体になる“インフィニティプール”が楽しめ、夜のライトアップは雰囲気満点。カップルのデート利用におすすめ。

全室シモンズ製のベッドと天然温泉の露天風呂を完備した客室や、大海原を望む露天風呂に身も心もたっぷり癒されて。食事は、海を望む開放的なレストランでの和洋食ブッフェ。南国を思わせる熱海のリゾートホテルで、贅沢なひとときを。

【花火の見え方】
・部屋/オーシャンスイート、ジュニアオーシャンスイート、プレミアムオーシャンスイートの3タイプの部屋のみきれいに見える
・屋上/宿泊者限定で席が設けられている

新かどや

創業百二十年余年、歴史がかおる数寄屋造りのお屋敷は、季節ごとに開催される熱海会場花火を観賞できる宿としても人気が高い。

食事は子ども連れの家族旅行や、カップルにうれしい、お部屋で提供されるスタイル。季節を感じる美しい和食をいただける。

同じ間取りがひとつもない「一客一亭」の宿で、鳩山一郎氏の別荘だった当時の面影を残す京風数寄屋造りの雅な客室や、湯量豊富な自家源泉を誇る別天地で、至福の時間を過ごしたい。

【花火の見え方】
・部屋/少し隠れてしまうが一部の部屋で見ることができる(要予約前確認)
・浴場/天空露天風呂(絶景露天)からは、ほぼ全体が見える
・館内/渡り廊下のデッキ、屋上には椅子が設けられ全体が見える

UMITO VOYAGE ATAMI (ウミト ヴォヤージュ アタミ)

熱海の海沿いに佇み、圧巻の海ビューを誇る全5室の温泉リゾート。

大海原を一望できるウッドデッキテラスがあり、水平線からのぞく朝日がつくるグラデーション、青空と海、満天の星空・・・海辺ならではの極上ステイを満喫できる。オーシャンビューの客室温泉、テラス、キッチン・ランドリー完備でおこもりステイも思いのまま。

食事は、オーシャンフロントのダイニングで、季節の伊豆食材を使った創作フレンチまたは、海を眺めながらプライベートBBQ。一部の花火は山で隠れてしまうけれど、部屋とレストランのどちらからでも美しい花火が楽しめそう。

【花火の見え方】
・部屋/テラスから見える
・館内/レストラン、屋上(椅子の用意あり)から見える

ホテルミクラス

熱海湾と熱海名物の海上花火大会が目の前に見える、女性に人気のスタイリッシュなリゾートホテル。女性にはうれしいトリートメントスパや、大人のためのヒーリングリゾートをテーマにした本格的フランス料理が迎えてくれる。

海側の55室からはダイナミックなオーシャンビューを堪能でき、うち9室はビューバスも。山側の7室には、贅沢な温泉掛け流しのプライベートバスがあり、海側とはひと味違った過ごし方ができる。

開放感あふれる大浴場は、太平洋を一望する圧巻のオーシャンビュー。もちろん花火大会も楽しめる。刻々と表情を変える海を眺めつつ心身を解き放して。

【花火の見え方】
・部屋/海側客室から目前に見える

熱海温泉 湯宿一番地

熱海駅から仲見世通りを抜けてすぐ、熱海の魅力を楽しめる昔懐かしの湯宿といえばこちら。

海と街並みを見下ろす絶好のロケーションの露天風呂のほか、6種の湯巡りを楽しめる。豊富に湧き出る2本の源泉は、いずれも本物の熱海の湯と呼ばれるにふさわしい。食事は、民芸風のモダンで落ち着いた店内でいただく和膳。伊豆で獲れた山海の幸を存分に召し上がれ。

一部の部屋のほか展望テラスからも花火を見ることができる。おしゃれな色浴衣と帯のセット(有料1000円)を借りて花火をみたり、仲見世通りをめぐったりすると楽しめそう。

【花火の見え方】
・部屋/高層階の部屋からキレイに見える
・館内/5階に展望テラスあり

ラビスタ伊豆山

伊豆山の高台に佇む広い客室の居住型ホテル。

相模湾を望む貸切露天風呂と、由緒ある源泉・日本三大古泉「走り湯」を引く内湯・露天を備え、リビング付きの広い部屋でくつろげるリゾートマンション型ホテルは、女子会やファミリーにおすすめ。貸切露天では海の絶景を眺めることも。

伊豆の幸を使った和食膳+揚げたて天ぷら食べ放題のセミバイキングディナーに和洋約30種が並ぶ朝食もお楽しみ。ペット同伴の専用ルームもあり。

【花火の見え方】
・施設からは見えないが、花火大会の会場まで送迎あり(事前の電話予約)

TKP HOTEL&RESORT レクトーレ熱海桃山

白い砂浜、ヨットハーバー、波の音。リゾートを感じる、熱海全方位の観光に最適なロケーションのホテルは、2017年8月リニューアルオープンしたばかり。

花火大会観覧場所まで徒歩20分ほどなので、男女合わせて8種類から選べる色浴や帯を自分好みのコーディネートして、迫力ある花火を近くで鑑賞したい。温泉は、熱海の夜景や朝焼けの水平線を見下ろす屋上露天。食事はスタイリッシュな空間で熱海ならではの季節の創作料理を。

【花火の見え方】
・部屋/テラスから身を乗り出したら見えるが、見える部屋は少ない

美しい夏の風物詩。東京&関東の花火大会特集2019

東京・神奈川・千葉・埼玉の花火大会特集2019

日本の夏の風物詩といえば、夜空を美しく彩る“花火”。2019年も、都内・東京近郊では多くの花火大会が開催されます。そこで、人気ランキングや開催日カレンダーをはじめ、デートにぴったりのロマンティックな花火鑑賞付きディナー、夏の旅行先におすすめの温泉地の花火大会など、気になる情報を総まとめしました。浴衣を着るなら、ヘアセット&着付け付きプランもチェックを。夜風を感じながら、情緒溢れる花火見物を楽しもう。

【2019年夏】東京・関東近郊の花火大会リスト

  • LINEで送る