ほんのひと手間ケアで、つやつや肌をキープ!皮膚科医・貞政裕子さんの健康習慣

ほんのひと手間ケアで、つやつや肌をキープ!皮膚科医・貞政裕子さんの健康習慣

健康の大切さを改めて実感する最近。プチ不調や悩みの解決はもちろん、毎日を自分らしくすこやかに過ごすためには、ココロとカラダを整える健康習慣が大切です。今回は、練馬区にある一般&美容皮膚科「サマンサクリニック」の院長・貞政裕子(さだまさひろこ)先生に、すこやかな肌をつくり、維持するための秘訣を教えていただきました。

更新日:2020/10/01

すこやかなお肌の基本は、クレンジングと洗顔

すこやかなお肌の基本は、クレンジングと洗顔

――年齢を問わず、お肌の悩みを抱えている人が多いと思うのですが、お肌をすこやかに保つために大切なことはなんでしょうか?

「そんな些細なこと・・・と思うかもしれませんが、毎日のケアをていねいに行うことです。例えば、クレンジングや洗顔。なかなかニキビが治らないという患者さんのお話を聞くと、洗顔しないで寝てしまう方が結構いらっしゃるんですね。どんなに疲れているときもメイクはちゃんと落として、洗顔してから寝る。洗うときはレモン1個分の泡で優しく、が基本。すすぎも重要で、シャワーのお湯を顔に直接かけるのはNGです」

――バスルームだとついついシャワーでザーッと流してしまいがちですが、間違った方法だったんですね。

「ええ、シャワーだと温度が高すぎるのと、水圧で毛穴が広がってしまうんです。洗顔のときは、30~35℃のぬるま湯で、やさしく横に流すようにすすぐのが理想です。肌に負担がかかるのを避けたいので、洗うときもすすぐときも、とにかくこすらないこと。そして洗顔後は化粧水を2~3回に分けて、ハンドプッシュでしっかり顔に入れ込みます。ここで十分に保湿できていると、メイクが崩れないんですよ」

ほんの少しの手間と肌への気遣いが、毎日の“きれい”をつくる

ほんの少しの手間と肌への気遣いが、毎日の“きれい”をつくる

――肌を扱うときは、自分が思っている以上にていねいに、優しく扱うことが基本なんですね。先生がお肌や体のために意識して続けていることはありますか?

「はい。私は洗顔だけでなく、シャンプーやボディソープも泡立ててから使っています。患者さんにも、洗顔やシャンプー方法を変えただけでニキビやフケなどの不調が治った!という方も多いんですよ。手間がかかると思うかもしれませんが、トータルでいつものケア+10分くらいじゃないかしら。そう考えると、そんなに手間でもありませんよね」

――確かに! この10分で肌がきれいになれると思ったら続けられそうです。そのほかにも、お肌や体のために意識して続けていることはありますか?

「本当に基本的なことですが、毎日3食食べること。特に朝食は大切で、時間がなかったらバナナ1本でもいいんです。あとは、意識してたんぱく質を摂ることを心がけたり、調味料はなるべく体にいいものを選ぶようにしています。
それからもうひとつ、運動習慣はアンチエイジング的にはとても大切です。3年前からピラティスに通い始めたんです。そうしたら、肩こりがなくなって。でも私は本当は運動が苦手なんです。ときどき『家でじっとしていたい・・・』という思いと格闘しています(笑)」

まずは2カ月、期間を決めて実践してみよう!

まずは2カ月、期間を決めて実践してみよう!

――先生もそんな風に思うことがあるんですね! 「面倒くさいから明日でいいや・・・」という誘惑に負けないために、何かコツはありますか?

「私も、疲れてどうしてもやりたくないことがあるので、その気持ちはよくわかります。そんなときは、『ここで手抜きしたら“劣化”の始まり』、と考えてみてはいかがでしょうか。実は私も、年に1度くらい、疲れてクレンジングを落さずに寝ちゃうことがあるんです。そうすると翌朝は肌がザラザラになってしまって、即後悔・・・。

どんなにがんばっても、元の状態に戻るまでに1~2週間かかります。たった1日サボっただけなのに、大きすぎる代償ですよね。肌のターンオーバーは45日といわれていますので、例えば、まずは2カ月間と決めて続けてみてください。自分の肌が変化しているのが実感できれば、きっと自然と続けられると思いますよ」

肌の悩みは、ひとりで抱え込まないことも大切!

肌の悩みは、ひとりで抱え込まないことも大切!

――2カ月が経つ頃には、習慣化しているかもしれませんね。それでも肌トラブルが解消できないときは、美容皮膚科で相談してもいいのでしょうか?

「もちろんです。当院ではビタミンCなどの導入やレーザー、光治療なども行っていますが、クリニックで行うお肌の治療方法はそれだけではありません。たかがニキビや肌荒れと思わずに、気軽にご相談くださいね。まずは、普段どんな風に洗顔しているか、生理周期や便秘の有無、食習慣など、しつこく質問をさせていただきます(笑)。そのなかで患者さん自身が、生活習慣を見直すきっかけになることも多いようですね。お肌はとても繊細で、季節や年齢などさまざまな要因で変化するので、長く通っていただき、そのときどきの肌悩みを解消できればと思います」

PROFILE

貞政裕子(さだまさひろこ)
西武池袋線・練馬高野台駅近くにある順天堂大学医学部附属練馬病院を経て2015年に「サマンサクリニック」を開業。地域に密着した「お肌のかかりつけ医」として、虫刺されやニキビ、アトピー性皮膚炎をはじめ、アンチエイジング医療にいたるまで、皮膚全般の悩みに対応している。
ホームページ
サマンサクリニック

【特集】すこやかなココロとカラダへ 今日から始める健康習慣

【特集】すこやかなココロとカラダへ 今日から始める健康習慣

健康の大切さを改めて実感する最近。プチ不調や悩みの解決はもちろん、毎日を自分らしくすこやかに過ごすためには、ココロとカラダを整える健康習慣が必要。
食べもので腸を整えたり、毎日のスキンケアを見直したり、トレーニングを始めてみたりetc..
オンラインセミナーや動画レッスン、美容家や女医が実践する習慣など、今日から始める健康習慣のアイデア集をお届け。オフィスにもらえるプレゼント「働く女性の救急箱」も。

PHOTO/AYA MORIMOTO WRITING/MINORI KASAI

  • LINEで送る