目の周りの血流がアップして視界がスッキリ!疲れ目に効くツボ3選

目の周りの血流がアップして視界がスッキリ!疲れ目に効くツボ3選

仕事中はパソコンのモニターを見続け、オフの時間はスマホをいじりっぱなし・・・。目を酷使した生活を送っていることをわかってはいても、いまやパソコンやスマホは手放せないツール。そこで大切なのが、目の疲れを放置せずに、きちんとケアすること。ニホンドウ漢方ブティック薬日本堂 青山店の薬剤師・漢方相談員、岸直美さんに、目の疲れを予防・改善するおすすめのツボを紹介してもらった。

更新日:2021/03/17

目の周りには疲れ目に効くツボが集中

目の周りには疲れ目に効くツボが集中

目を酷使すると、視界がぼやけたりかすんだりしてくるけれど、ある程度休めば回復するもの。けれども目の疲れがたまって「眼精疲労」の状態になると、充血やかすみ目、ドライアイのほか、頭痛や肩こりなどにも悩まされることに。そうなる前に取り入れたいのが、目のツボ刺激。

「目の周りには、疲れ目に効くツボが集中してあります。PC作業の合間や朝晩のスキンケアの際にツボを刺激すると、目の血流がよくなって視界がスッキリします」(岸さん)

漢方では人間の体を「五臓」といって「肝・心・脾・肺・腎」の5つに分けてとらえるけれど、目は「肝」と関わると考えられているほか、疲れ目は「腎」の機能が低下した状態だとされている。このため肝や腎に効果のあるツボを刺激することで、目の症状が和らぐのだそう。

疲れ目に「攅竹(さんちく)」、かすみ目には「四白」のツボを刺激しよう

疲れ目に「攅竹(さんちく)」、かすみ目には「四白」のツボを刺激しよう

疲れ目の代表的なツボが、「攅竹(さんちく)」。眉毛の内側の生え際にあるくぼみ部分で、疲れ目のほか、充血、視力低下、目の奥の痛みなどに効果的。

「両手の人差し指をツボに当て、息を吐きながら両側一緒に3秒かけてゆっくりと押して。これを10回繰り返し。攅竹を蒸しタオルなどで温めるのもおすすめです」(岸さん)

眼球の中央から親指1本分下にあるツボが「四白(しはく)」。「四」は「広々とした」という意味で、「白」は明るさを示す。つまり、四白を刺激することで視力が回復し、四方八方が明るく見えることが、ツボの名前の由来だそう。

「両手の人差し指をツボに当て、小さく円を描くようにやさしく押しもむようにして。1~2分続けたら、同じように反対回りで刺激して」

心身の疲労や睡眠不足が疲れ目の原因になることも

心身の疲労や睡眠不足が疲れ目の原因になることも

目が疲れてくると、無意識に目頭のあたりを指でぎゅっとつまんだ経験はない? 実は鼻の根元と目頭の間くらいにあるくぼみは、「晴明(せいめい)」と呼ばれる、目の血流を改善するツボ。目の疲れや充血、視力低下、目の奥の痛みなどにも効果を期待できる。親指と人差し指を左右のツボに当て、4~5秒かけてゆっくり押したら、同じく4~5秒かけて戻して。

「漢方では、目はエネルギーのようなものを指す『気』が集まる場所だと考えられています。そして集まった気によって目がよく見えると考えられているので、肉体的・精神的疲労や睡眠不足などエネルギー不足が、疲れ目を引き起こすこともあります。しっかり休養すること、睡眠をとることも意識しましょう」(岸さん)

教えてくれた人

岸直美さん

漢方専門店「ニホンドウ漢方ブティック薬日本堂 青山店」薬剤師・漢方相談員。漢方薬から和漢ブレンドティ、スキンケアまで、からだの内外からのトータルケアを提案している。店舗は全国に展開し、同店は東京・青山エリアに2021年1月25日ニューオープン。

【特集】プチ不調や身体の悩みを解消!すこやかなココロとカラダへ

毎日がんばる働く女性にプチ不調や悩みはつきもの。そこでみんなが気になる健康法やグッズ、食材やドリンク、悩みの解決法やメカニズム、取り入れたい習慣などを専門家やプロのお話しとともにご紹介。自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく。オズモールはそんな“働く女性の保健室”のような存在をめざします

こちらもおすすめ。ヘルスケアNEWS&TOPICS

WRITING/AKIKO NAKADERA

  • LINEで送る