私らしい花を咲かせる!働く女性の保健室|プチ不調や身体の悩みを解消

私らしい花を咲かせる!働く女性の保健室|プチ不調や身体の悩みを解消

不安定な状況のなかで気になる、ココロとカラダのプチ不調。病院に行くまでもない・・・と我慢してしまったり、解決策を探そうと思っても世の中には情報が溢れすぎていたり。そんな働く女性たちに寄り添う“保健室”のような存在をオズモールはめざします。
記事や動画、イベント・セミナーなどを通して楽しみながら学んで、ココロとカラダに向き合って、自分らしい美しい花を咲かせて。

更新日:2021/06/11

NEWS&TOPICS

今月のおしゃべり保健室

西川史子先生と語ろう!デリケートゾーンの悩みや正しいケア方法

なかなか人に相談しづらいココロとカラダの悩み。そんな働く女性の悩みに寄り添うオンラインイベント「おしゃべり保健室」を隔月開催。今月は形成外科医として活躍されている西川史子先生が、OZmall読者代表とともに、デリケートゾーンについてトーク。人に言えないデリケートゾーンの悩みや、ケア方法、VIO脱毛などについて、語っていただきます。Q&Aコーナーもあるから、気になった点をその場で質問できるのも嬉しいポイント。オンライン&無料イベントだから、気軽に参加して。

イベントデータ

■イベント名:【参加無料オンラインイベント】西川史子先生と語ろう!デリケートゾーンの悩みや正しいケア方法
■日時:2021年6月16日(水)20:00~21:00(予定)
■会場:参加者各自のご自宅
■料金:無料
■参加募集人数:300名程度(先着)
■参加条件:オンライン環境がありZoomでの参加が可能な方
■申し込み可能人数:1組1名 ※URLを共有するのは不可ですが、ご夫婦などが自宅で一緒に受けることは可能です
■応募締切:2021年6月1日(火)9:59 ※定員に達し次第締め切ります

さまざまな有名人がトーク!おしゃべり保健室

さまざまな有名人がゲストとして登場し、自分の経験をもとにココロとカラダについて専門家とトーク。

PICKUP!今月のお悩み「脚のむくみ」

脚・足のむくみを取りたい!鍼灸師に聞く、脚のむくみの原因やセルフケア、プロによる施術法とは?

夕方になると脚がパンパンになる、なんだか重だるい・・・。そんな脚のむくみに悩んでいる人必見! 脚のむくみの原因や予防方法、セルフケア、プロによる効果的な施術方法などを「アロマはりきゅう YUTORICH」の鍼灸師・本間文恵さんに聞きました。自分でできる足裏ツボ押しやプロの手によるリフレクソロジー、鍼灸など、今すぐ取り入れたいケア方法とは? 脚のむくみをすっきりさせて、軽やかな毎日に。

むくみの原因別に取り入れよう!おすすめの薬膳食材&レシピ

多くの女性にとって悩みの種である、むくみ。体内に余分な水分が溜まってしまい引き起こされるものだけれど、その原因は大きく2つあるのだとか。それは、水分を全身にめぐらす機能が低下してしまう“胃腸が弱いタイプ”と、腎臓の機能低下によって“水分の排出機能が悪いタイプ”。タイプ別のおすすめ食材とレシピを紹介。チェック項目で自分のタイプを知って対策しよう。

多くの女性が毎日悩んでいるむくみ。アロママッサージでスッキリ解消!

朝起きたときに顔がパンパンになっていたり、夕方に足がむくんで靴がきつくなったりした経験がある人も多いはず。そんなときは、精油を用いたセルフマッサージで、血行やリンパの流れを促すのが効果的。お風呂上りや朝のメイク前にアロママッサージを取り入れよう。

ひんやりスイーツがむくみの原因!?夏のむくみを改善する食事ケア&足ツボ

ビールなどの冷たい飲み物、冷たいスイーツや料理、生野菜や生魚など、夏はついつい多く取りがちに。胃腸が冷えることでむくみにつながってしまうから要注意! 旬で手に入れやすい野菜やお茶などの食生活のほか、水分排出を促すツボを知って夏のむくみ対策を。

いつもの入浴をワンランクアップ!手軽に使えるお風呂グッズ3選

1日の終わりに、冷えや疲れでガチガチに固まった体には、ゆったり湯船で温まる入浴がむくみ解消に効果的。そこで、手軽に入浴効果がアップしたり、美容にうれしい効果を得られる最新バスアイテムを編集部がセレクト。毎日の入浴タイムをワンランクアップしよう。

夏の悩みアンケート

夏の健康の悩みはある?
2021年6月 オズモール調べ N=1071(複数回答可)

半数以上が「日焼け・紫外線」「夏バテ・だるさ」に悩んでいるよう

オズモールの読者に「夏のカラダやココロの悩みは?」をテーマにアンケート調査を行ったところ、お悩み1位は日焼け・紫外線、2位は夏バテ・だるさ、次いで汗・におい、冷える・冷え性、眠れない・目覚めが悪いという結果に。強い日差しによる日焼けはもちろん、暑くて冷房を入れると冷えたりだるくなったり・・・など、冷房との付き合い方に悩んでいる人も多いよう。

>>1位【日焼け・紫外線】の解消法を見る
>>2位【夏バテ・だるさ】の解消法を見る
>>3位【汗・におい】の解消法を見る
>>4位【冷える・冷え性】の解消法を見る
>>5位【眠れない・目覚めが悪い】の解消法を見る

読者のお悩みに専門家が回答!ココロとカラダのQ&A

おりものが多いときと、まったく出ないときがあるのはなぜ?

おりものはホルモン周期によって量が変化し、排卵期は量が多くなり、月経直後や排卵後には少なくなるそう。

ニュースを見てつらい気分になってしまう

つらい気持ちになりやすい時間帯に、メディアオフの時間をつくろう。代わりに「自分にやさしくしてあげる時間」をつくることもおすすめ。

マスクをし始めてから、特に口のまわりの肌荒れが目立ちます

朝晩の保湿で不十分に感じる場合は、日中に保湿を追加して。ただし、1日5回以上の保湿は過刺激になってしまうそうなので注意。

体のお悩みキーワードから探す

肌のお悩みキーワードから探す

習慣・活動キーワードから探す

困ったときはプロに!OZのプレミアム予約

心と体を癒すアロママッサージでリフレッシュ

仕事や家事に追われて心も体もくたくたな現代女性に。体の本来の働きをサポートして、こりや疲れを解消して

鍼施術で肩こりやプチ不調に集中アプローチ

肩こりや腰痛、目の疲れなど、つらいお悩みは鍼にお任せ。経絡の調子を整え、体の内側から健康をサポート

体の内側からサポート。美容点滴で体内美人

疲労回復や美肌ほか、目的に合わせてチョイス。美容成分を直接体内に取り入れて、美と健康をかなえる

年に一度の習慣に。バースデーチェック

年に一度、誕生日前後に婦人科検診を受ける習慣を。体の状況をきちんと知って、自分の体と向き合おう

  • LINEで送る

ILLUSTRATION/HARUKA OSHIMA

TOP