いちご鼻を治したい!鼻の毛穴の黒ずみの原因と正しい毛穴ケア【美容皮膚科医監修】

いちご鼻を治したい!鼻の毛穴の黒ずみの原因と正しい毛穴ケア【美容皮膚科医監修】

鏡を見る度、気になる小鼻の黒ずみ。鼻の毛穴にたまった皮脂や汚れが酸化した状態で、放っておくとどんどん黒ずみ毛穴になってしまう。いちごの種のように見えることから“いちご鼻”とも呼ばれている。不潔な印象を与えてしまう毛穴の黒ずみ・いちご鼻とサヨナラすべく、美容皮膚科「銀座小町クリニック」院長・萩島恭子先生に聞いた、毛穴の黒ずみの原因や対策をご紹介。

更新日:2021/09/03

【Pickup】ゴッドハンドガイド

一生通い続けたいくなる毛穴ケアの“神の手”に会いに行こう

鏡を見るたびに憂鬱になるポツポツと黒ずんだいちご鼻。ゴシゴシ強く洗ったり、はがすタイプのシートで毛穴除去をもくろんだりしがちだけれど、肌を傷つけて悪化させてしまうことも多いので要注意。本気できれいになりたいのなら、神の手を持つプロたちに身を委ねるのが正解!

毛穴の黒ずみ・いちご鼻とは?

毛穴の黒ずみ・いちご鼻って?

顔面の毛穴の奥に皮脂腺があり、その中の皮脂細胞から皮脂や細胞の老廃物が分泌されている。これらは固形になりやすい性質のため、何もケアしないと毛穴をつまらせたり、固まりが大きくなったりして角栓へと変化。さらに酸化し黒ずんだ状態がいわゆるいちご鼻と呼ばれる状態である。放っておくと凸凹のあるクレーターのような肌になり、治療が難しくなってしまうため早めに対応しよう。

黒ずみ・いちご鼻の原因

毛穴が黒ずむのは酸化によるところが大きい。肌には皮脂や古い角質など汚れがたっぷり付着している。正しいケアをしないと、それらが毛穴をつまらせて、さらに放っておくと酸化して黒ずんでいく。このほか、スクラブやパックなどホームケアのし過ぎで摩擦が生じ、メラニンが沈着して黒ずんだり、生活習慣や年齢によりターンオーバーが乱れたり、角栓を手で押し出すなど圧をかけ過ぎて毛穴が大きくなって老廃物や汚れがつまりやすくなっていることも原因に挙げられる。

毛穴の黒ずみ・いちご鼻のケア方法

毛穴洗浄を受ける

毛穴ケアの基本といえば、毛穴洗浄。エステサロンで受けられる施術で、マシンによる微振動で古い角質を吹き飛ばす超音波洗浄や、ガラス管で毛穴汚れのつまりを吸い取る毛穴吸引、汚れを吸着し取り除くだけでなく保湿や引き締めも期待できる泥や酵素のパックなど手法はさまざま。プロの技に任せれば、肌への負担を抑えて、たまった皮脂や汚れを根こそぎオフできるだけでなく、保湿や毛穴の引き締めなどアフターケアもしてもらえる。

光フェイシャルを受ける

毛穴のつまりを取って引き締めるだけでは消えないしつこい黒ずみは、毛穴周りの皮膚が色素沈着を起こしてしまっている可能性もあり。
その場合は、光の作用で、毛穴周りに溜まったメラニン色素を分解して取り除いていくのが効果的。光フェイシャルにはコラーゲンの生成を促進する作用もあるので、開いた毛穴を自然にキュッと引き締めてくれる。

ケミカルピーリングを受ける

薬剤で毛穴につまった汚れや古い角質を溶かし出し、新しい肌への生まれ変わりを促すピーリング治療も毛穴の黒ずみに有効な施術のひとつ。毛穴つまりを除去するだけでなく、肌のターンオーバーサイクルを正常に整える効果もあって、毛穴のつまりにくい肌へと育成することができる。

美容レーザーを受ける

毛穴そのものを小さくして、黒ずみをなくす効果が得られる美容レーザーはすぐに黒ずみをなくしたい人にぴったり。真皮の上層から深層にレーザーを照射することにより、肌表面の古い角質が除去され、毛穴の黒ずみが改善するほか、毛穴を引き締める効果も。また、熱で刺激することによりコラーゲン生成を促すため、肌にハリが出て、つるんとした理想の小鼻がめざせる。

毛穴の黒ずみ・いちご鼻の予防

毎日の丁寧な洗顔を行う

毛穴黒ずみの予防は毎日の洗顔が基本。朝晩2回、手のひらでしっかりと洗顔料を泡立ててから優しく洗って。すすぎはぬるま湯でしっかりと。タオルは抑える程度に優しく水気を拭き取る。洗顔もタオルドライもゴシゴシと肌を刺激しないように気をつけて。また、洗顔のし過ぎは逆に皮脂腺が活発になって余分な皮脂が毛穴にたまりやすくなるのでNG。

無理やり角栓を押し出さない

角栓が気になるからと、つい指と指でぎゅっと圧をかけて押し出すのが癖になっている人が多いのでは? 肌を痛めるだけでなく、さらに毛穴が開いてしまう原因に。開いた毛穴には余計に皮脂がつまりやすくなって、毛穴の黒ずみがさらに悪化してしまうのでやめておこう。汚れを落として正しい角栓ケアを。

ファンデーションの厚塗りをしない

毛穴の黒ずみを隠そうとファンデーションを厚塗りすると、一見カバーできたように見えても、角栓の上だけ白く盛り上がっているように見えることがある。時間が経つと皮脂が分泌され、この毛穴の真上の部分だけ皮脂が崩れ落ちてしまい、より目立つことになる。いちご鼻対策には、引き締め効果のある化粧下地で皮脂の分泌を抑えつつ、薄付きファンデーションでカバーして。

油分過多な食事をしない

毛穴トラブルで悩んでいる人は食生活が原因の場合も。ファストフードや揚げ物、ピザ、ポテトチップスといった油脂の多い食べ物は食べすぎると、毛穴の黒ずみや汚れつまり、開きなどの原因となる皮脂の過剰分泌を招くことに。脂っこい食事を控えめにして、脂質の代謝を促すビタミンB2や皮脂の分泌を抑えるビタミンCを含む食べ物を積極的に摂ることで、毛穴トラブルが改善することもある。

毛穴の黒ずみ・いちご鼻のQ&A

いちご鼻・毛穴の黒ずみはセルフケアで治せますか?

自宅でのセルフケアは重要だけれど、自宅でできるのは表皮のケアだけなので完治させるのは難しいです。特に、しつこい黒ずみの対処は医療用レーザーやピーリングなどで真皮層にある皮脂腺へのアプローチをした後に、アフターケアとしてセルフケアを行うことが望ましいです。 ケア方法を詳しく見る

貼って剥がすタイプの、毛穴の汚れを落とす鼻パックは使ってもOKですか?

過度な使用は摩擦によって毛穴の症状が悪化する場合もあるため、多用するのは避けましょう。使う時は、パックの後の肌のダメージを最小限に抑えるべく、保湿を入念に。

毛穴の黒ずみ・いちご鼻になりやすい年代はありますか?

いちばん目立つ年代は20代後半から30代。10代・20代は皮脂の分泌量は多いものの、ターンオーバーも正常化している人が多いです。しかし、20代以降は引き続き皮脂の分泌が多いうえに生活習慣によりターンオーバーが乱れやすいため、毛穴の黒ずみなどが起こりやすいのです。40代以降では慢性化していて頑固なものが多いため、一度医師に相談するのが安心。

男性もいちご鼻になりますか?

男性の方が、女性よりも皮脂腺が発達していて、乾燥・紫外線・肉や揚げ物中心の食生活・喫煙・飲酒・加齢など、生活習慣が原因で皮脂が過剰に分泌されやすいため、いちご鼻になりやすいです。女性に比べてスキンケアがおろそかになっていることも原因。女性と同様にきちんとケアをすれば改善に近づくため、気軽に相談してみてください。 毛穴が黒ずむ原因を詳しく見る

お話をお伺いしたのは、医師 萩島恭子さん

銀座小町クリニック・院長、日本抗加齢医学会専門医。東京女子医科大学他で美容皮膚科・総合臨床医として勤務したのち、2006年に銀座小町クリニックを開業。美肌治療全般を得意としており、リピート率80%と患者からの信頼は絶大。

WRITING/KANO NUMATA、ILLUSTRATION/HARUKA OSHIMA

  • LINEで送る
※記事は2021年9月3日(金)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP