かわいらしいキャラモチーフにキュン!夢の国の世界観に浸れる舞浜「ディズニーアンバサダーホテル」のチックタック・ダイナー

ディズニーアンバサダー_PCmain_ホテルペストリー特集

伝統のレシピで焼き上げられるパンや、季節ごとに登場する新作スイーツ・・・ホテルのペストリーショップには、それぞれのシェフ達のこだわりが詰まったパンやデザートがずらり。今回は、千葉・舞浜の「ディズニーアンバサダーホテル」にある「デリカフェ チックタック・ダイナー」をご紹介。かわいらしいキャラクターモチーフのパンやホールケーキをラインナップ。夢の国気分を存分に味わって。

更新日:2018/11/13

ディズニーアンバサダー_ホテルペストリー特集1

ディズニーの世界へようこそ!かわいいとおいしいを両立するイートインOKのデリカフェ

1950年代のポップなダイナーをイメージしたデリカフェ。ディズニーキャラクターをモチーフにしたかわいらしいブレッドが7、8種類並び、ハロウィンやイースターなどパークのイベントに合わせたメニューやその場でスタッフが作るサンドイッチも取り揃う。店内でサンドイッチをいただく場合はミッキー、ミニーをイメージしたお皿にのせてくれるので、気分が盛り上がりそう。

子供から大人まで誰でも楽しめるよう、柔らかいものやハード系、スイーツのような甘いパン、食事系などさまざまなメニューが用意されているのも特徴的。

ディズニーアンバサダー_ホテルペストリー特集2
左:ベーコン&チーズブレッド(620円)、右上:ミルククリームブレッド(420円)、右下:いちごメロンブレッド(370円)

ベーコン&チーズの塩気ともっちりとした生地が絶妙!ボリューム満点のベーコン&チーズブレッド

こちらでは、かわいい見た目はもちろん、味にもこだわって作っているところが魅力のひとつ。ミッキーマウスをイメージしたベーコン&チーズブレッドは、耳にはゴロッとしたダイス状のハードチーズと、とろけるソフトチーズの2種を使用。顔部分はベーコンの塩気と焼く際にかける粉チーズが絶妙なハーモニーを醸し出し、ハード系ながらもっちりした生地でいくらでも食べられそう。

見ているだけで心が躍るいちごメロンブレッドは、ミニーマウスのリボンがモチーフ。イチゴ味のクッキー生地がのった皮はサクサク、中には果汁入りのイチゴクリームが入っている。

ミッキーマウスの手袋を模したミルククリームブレッドには、はみ出すほどたっぷりとココアクッキーを混ぜた練乳クリームが挟み込まれ、シナモンシュガーが甘さの中のいいアクセントに。

ディズニーアンバサダー_ホテルペストリー特集3
オリジナルケーキ(4700円)※数量限定、3日前までに店頭または電話にて要予約、持ち帰りのみ提供

とっておきのお祝いになることをお約束。細部までこだわったデコレーションケーキにワクワク

ミッキーマウスをイメージしたテイクアウト可能なホールケーキを販売しているのは、東京ディズニーリゾート内でここだけ。ホテルの部屋で食べたり、誕生日ケーキとして持ち帰ったりと人気なのだそう。

オリジナルケーキは、ミッキーマウスの顔の部分がイチゴを使用したショートケーキ、耳の部分がラズベリーソース入りのチョコレートムースで、2種類の味を楽しめる。ショートケーキは口あたりのいいフレッシュクリームとイチゴの酸味、スポンジの軽さがベストなバランスになるよう計算し尽くされている。チョコレートムースの中には、ラズベリーコンフィのジャムが入っていて奥深い味わいに。口にいれた瞬間にとろけるなめらかさに感動するはず。

ディズニーアンバサダー_ホテルペストリー特集データ

ペストリーDATA

ショップ名
デリカフェ チックタック・ダイナー
場所
ディズニーアンバサダーホテル 1F
営業時間
11:30~22:00
定休日
無休
ケーキのメニュー
オリジナルケーキ(4700円)
パンのメニュー
いそべ巻きパン(150円)、明太子&ガーリックブレッド(370円)、もちもちプチパン(420円)、各種サンドウィッチ(950円)、季節限定のブレッド(800円)など
電話番号
0473052663 0473052663
ディズニーアンバサダー_ホテルペストリー特集データ2
スポット名
ディズニーアンバサダーホテル
電話番号
0473051111 0473051111 代表
住所
千葉県浦安市舞浜2-11 Map
交通アクセス
JR京葉線・武蔵野線「舞浜駅」南口より徒歩8分
駐車場
あり 収容台数214台
駐車料金割引
3000円以上お買い上げの場合、2時間無料
ホームページ
「ディズニーアンバサダーホテル」公式HP

ホテル特集

泊まるだけじゃない!心ときめくホテルの楽しみ方

ホテル特集を見る

ふかふかのじゅうたんに、キラキラ輝くシャンデリア、大きなベッド。幼い頃、パパとママに連れていってもらったホテルは、まるで絵本に出てくるお城のようだった。
大人になった今、ホテルは手に届く場所になったけれど、やっぱりちょっと特別な場所。
ラウンジでアフタヌーンティーを楽しんだり、バーで大人な時間を過ごしたり、朝食用にホテルメイドのパンを買ったり・・・。
泊まるだけじゃない、心ときめくホテルの楽しみ方をOZmallが紹介します。

WRITING/NOZOMI SUZUKI
※記事は2018年10月23日現在の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

  • LINEで送る