人で賑わう渋谷の穴場的存在。東京・渋谷「セルリアンタワー東急ホテル」のペストリーショップ

セルリアン_PCmain_ホテルペストリー特集

伝統のレシピで焼き上げられるパンや、季節ごとに登場する新作スイーツ・・・ホテルのペストリーショップには、それぞれのシェフ達のこだわりが詰まったパンやデザートがずらり。今回は、東京・渋谷の「セルリアンタワー東急ホテル」の「ペストリーショップ」をご紹介。都会の“穴場”的存在としても知られるショップ自慢のパンやケーキをどうぞ。

更新日:2018/11/13

セルリアン_ホテルペストリー特集1

渋谷とは思えない落ち着いた空間が人気。パンやスイーツも絶品

東京・渋谷の「セルリアンタワー東急ホテル」は、昼夜を問わず人で賑わう都心にありながら、喧噪を忘れさせてくれる癒やしの空間として人気のホテル。一つひとつ、手作りされたパンやケーキが並ぶペストリーショップは、ガーデンキッチン「かるめら」やラウンジ「坐忘」に隣接し、ランチやアフタヌーンティーを楽しんだ後で立ち寄る人も。日本庭園を望むレストランやラウンジも、ぜひ利用してみて。

セルリアン_ホテルペストリー特集2
左上から時計回りにキッシュ(500円)、パン オ レ(154円)、スペシャルクロワッサン(247円)、クロワッサン(183円)

シンプルなラインナップは、毎日食べても飽きのこないおいしさ

常時約15種類が揃うというパンは、「かるめらパン」や「パン オ レ」などシンプルなものを中心にラインナップ。おいしさだけでなく、安心・安全であることも重視し、一つひとつの素材を吟味。子供から大人まで、幅広く愛されるパンが揃う。

また、「キッシュ」や「ミートパイ」などはボリュームもあってランチにもぴったり。サクサク食感の「クロワッサン」、高級発酵バター“LESCURE”を使って香り高く仕上げた「スペシャルクロワッサン」もおすすめの1品。

セルリアン_ホテルペストリー特集3
左手前:ノアゼット キャレ シトロン(697円)、中央奥:モンブラン(594円)、右手前:ブリア サヴァラン(627円)

季節の移り変わりを楽しむ、見た目にも華やかなスイーツ

四季折々に表情を変える庭園のように、季節ごとにこちらに並ぶケーキも様変わり。写真の「ブリア サヴァラン」は濃厚なチーズのムースでカシスやチェリーなどのコンポートを包んだプレミアムスイーツ。

ヘーゼルナッツの生地にレモンクリームとチョコレートクリームをのせた「ノアゼット キャレ シトロン」、マロンクリームとマロンペーストでマロングラッセ入りのカスタードと生クリームを閉じ込めた「モンブラン」など、約12種類の中からお気に入りを見つけて。

セルリアン_ホテルペストリー特集4
食べる3点セット(オリーブオイル、ポモドーロ、ペッパービーフ各1本入り 3100円)

和・洋・中、使い方は色々!人気の「食べる調味料」シリーズ

総料理長・福田順彦さん監修の「食べる調味料」シリーズは、そのままパンやごはんのお供に、パスタなどの料理に・・・と大活躍。生ハムや干し貝柱のうまみが詰まった「食べるオリーブオイル」、万能に使える「食べるポモドーロ」、A5黒毛和牛を、グリーンペッパー風味のそぼろに仕上げた「食べるペッパービーフ」の3種類。料理好きな人へのギフトにどうぞ。

セルリアン_ホテルペストリー特集データ

ペストリーDATA

ショップ名
ペストリーショップ
場所
セルリアンタワー東急ホテル LBF
営業時間
10:00~21:00
定休日
無休
ケーキのメニュー
モンブラン(594円)、ノアゼット キャレ シトロン(697円)、ブリア サヴァラン(627円)、シューパリジャン(540円)、エキゾチック ヴァニーユ(697円)など
パンのメニュー
キッシュ(500円)、パン オ レ(154円)、クロワッサン(183円)、スペシャルクロワッサン(248円)など
その他のメニュー
食べる調味料(800円~)、焼菓子詰合せ(972円~)など
電話番号
0334763000 0334763000 代表
セルリアン_ホテルペストリー特集データ2
スポット名
セルリアンタワー東急ホテル
電話番号
0334763000 0334763000 代表
住所
東京都渋谷区桜丘町26-1 Map
交通アクセス
各線「渋谷駅」より徒歩5分
駐車場
あり 収容台数375台
駐車料金割引
3000円以上お買い上げの場合、2時間無料
ホームページ
「セルリアンタワー東急ホテル」公式HP

ホテル特集

泊まるだけじゃない!心ときめくホテルの楽しみ方

ホテル特集を見る

ふかふかのじゅうたんに、キラキラ輝くシャンデリア、大きなベッド。幼い頃、パパとママに連れていってもらったホテルは、まるで絵本に出てくるお城のようだった。
大人になった今、ホテルは手に届く場所になったけれど、やっぱりちょっと特別な場所。
ラウンジでアフタヌーンティーを楽しんだり、バーで大人な時間を過ごしたり、朝食用にホテルメイドのパンを買ったり・・・。
泊まるだけじゃない、心ときめくホテルの楽しみ方をOZmallが紹介します。

WRITING/MINORI KASAI
※記事は2018年10月23日現在の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

  • LINEで送る