進化し続ける街・渋谷のシンボリックなホテル「セルリアンタワー東急ホテル」のホテリエを徹底取材

セルリアンタワー東急ホテの女性ホテリエを徹底取材

ホテルをこよなく愛し、心を尽くし、ホテルで働く女性がいる。そんなホテリエだから知る、ホテルの過ごし方や楽しみ方を教えてもらう連載。第8回目は、スタイリッシュホテル「セルリアンタワー東急ホテル」。進化し続ける街・渋谷のシンボリックなホテルには、スタッフ一丸となって未来に向って前へ進む、ホテリエたちがいました。

更新日:2019/09/30

【女性による、女性のためのホテル案内】ホテリエだから知っている。ときめきホテル

セルリアンタワー東急ホテル_「クーカーニョ」パティシエ 山﨑彩香さん
「クーカーニョ」パティシエール 山﨑彩香さん

ゲスト、スタッフの声を取り入れて
向上していく若きリーダーパティシエール

パティシエールの山﨑彩香さんの入社は2013年。ペストリーなどで経験を積み、1年ほど前からホテルのメインダイニングでもあるタワーズレストラン「クーカーニョ」へ異動。かねてから希望だったアシェットデセール(皿盛りデザートのこと)を手がけている。「お店で販売するケーキは持ち帰りを前提に作っていますが、アシェットデセールはその場でしか食べられません。盛り付けの華やかさはもちろん、アイスを添えたり、焼きたてを提供できたり。最良の状態で召しあがっていただけることが魅力です」

実力が認められ、「クーカーニョ」のリーダーパティシエールとなった山﨑さんは、この春、ホテル内でも限られた人しか着用できないネーム入りコックコートをシェフから贈られた。「身が引き締まる思いです。アシェットデセールの構成は、私ひとりでは成り立ちません。フルコースの締めで料理とのバランスが重要ですから、まずはシェフに相談して、アドバイスをいただくことがインスピレーションの源になっています。SNSなどでスイーツの情報を集めてくれる後輩たち、やりがいや改善点にもつながるゲストの声を届けてくれるホールスタッフも心強い存在。これからもコミュニケーションを大切にして、腕に磨きをかけたいですね」

セルリアンタワー東急ホテル_【私のお気に入り】タワーズレストラン「クーカーニョ」
【私のお気に入り】タワーズレストラン「クーカーニョ」

見た目も味も自信ありです!
リニューアルした「クーカーニョ」デザートを

「私が勤務するタワーズレストラン『クーカーニョ』が9月20日にリニューアルオープンしました。今までもプロヴァンスの料理を提供してきましたが、料理もデセールもより本格的にグレードアップ。内装も生まれ変わり、プロヴァンスでバカンスしているような空気感が心地よいです。入り口のカウンター席は食前酒や食後酒を楽しむスペースとしてもおすすめ。美しい空とおしゃべりを楽しみながら、ゆったりと過ごすのにもぴったりです」

セルリアンタワー東急ホテル_フロントレセプション 杣木杏奈さん
フロントレセプション 杣木杏奈さん

ゲストとのかかわりも大切に
ホテルを支えるフロントのお仕事

2013年に入社、ハウスキーピングなどを経て6年前からフロントでゲストを迎えている杣木杏奈さん。フロントというと、チェックイン・アウト業務のイメージが強いけれど、実際はどんなお仕事? 「ホテルによって違うかもしれませんが、会計処理も私たちの大事な仕事。システム上でも管理していますが、精算の有無を自分たちの目でも確認して、チェックアウト時にスムーズに精算できるようにしておく。実は数字と向き合っている時間が長いです」

ゲストのリクエストに対応することも多く、観光地へのアクセスから明日の天気予報まで、さまざまな問い合わせや要望があるそう。「フロントは“なんでも屋さん”なんです(笑)。内容によってはコンシェルジュなどに相談しますが、内容はスタッフ全員で共有して、その後の対応に活かすようにしています。いろいろなお客様とかかわれて、コミュニケーションできるのはフロント業務の楽しさ。海外のゲストも多いので、その方の国の言語で挨拶したり、お客様のお名前とお顔を覚えて、お声かけしたり。セルリアンファンを増やしたい! そんな思いで日々、仕事に励んでいます」

セルリアンタワー東急ホテル_【私のお気に入り】ロビー中央の「お迎え花」
【私のお気に入り】ロビー中央の「お迎え花」

スタイリッシュな生け花作品で
日本の季節を感じてください

「このホテルには、現代的なインテリアの中に和の趣を感じさせるスポットが点在しています。能楽堂、庭園も魅力的ですが、いちばんのお気に入りはロビーの中央やフロントなどに飾られている、いけ花“お迎え花”。草月流・州村衛香先生の作品で、内容は月替わり。毎月どんな作品になるのか楽しみですし、フロントからよく見えるので仕事の合間の癒しにもなっています。日本の季節をモダンに感じさせてくれる“お迎え花”にぜひ注目してください」

ホテル総支配人に聞きました!ときめくホテルとは?

セルリアンタワー東急ホテル_東急ホテルズ 渋谷エリア 統括総支配人 宮島芳明さん
セルリアンタワー東急ホテル 総支配人 宮島芳明さん

伝統を守りながら進化していく
渋谷からホテルの新たな可能性を発信

2016年5月にセルリアンタワー東急ホテルの総支配人に就任した宮島芳明さん。今年4月からは、渋谷にある東急ホテルズ4店舗の統括支配人も務めている。「東急のホテル事業は1960年に銀座でスタートしました。各ホテルで数々の経験を積み重ねてきましたが、これからはさらに、グローバルな発想が必要だと思っております。セルリアンタワー東急ホテルのゲストは約7割が外国の方で、東京の“今”を渋谷で体感したいと、お泊りいただく方が多い。だからこそ、時代に合わせて進化し、老け込まないこと。渋谷にあるグループホテルのリーダーとして、伝統を守りつつ、新しいことも発信していきたいです」

客室やレストランの改装など、新たな取り組みの中でも個性的なのが、定期的に開催しているイベント。今やホテルの顔になりつつある。「美食と美酒、そして音楽。相性のいい3つの要素を取り入れたイベントを多いときには月に数回行います。毎回テーマが異なり、ディナーショー的なものもあれば、ライブ形式のイベントも。年代、性別、国籍を問わず、いろいろな方が集えて、ホテルで過ごす楽しさを知っていただく機会になれば嬉しいです。イベントでホテル業界以外の方たちと仕事できることも、私たちにとっては刺激的。そうした経験も活かして、渋谷のホテルらしく、その可能性を広げていきたいですね」

仕事のやりがい、人間関係、家庭との両立など、悩みや葛藤がありながらも、誰かの笑顔や「ありがとう」が嬉しくて。ホテルにも、がんばる女性の姿がありました。素敵な空間や丁寧なおもてなしだけではなく、ホテルで働く人もとても魅力的、そんなホテルにぜひ行ってみてください。

セルリアンタワー東急ホテル
スポット名
セルリアンタワー東急ホテル
電話番号
0334763000 0334763000 (代表番号)
住所
東京都渋谷区桜丘町26-1
交通アクセス
JRほか「渋谷駅」より徒歩5分
ホームページ
公式HP

ホテル特集

泊まるだけじゃない!心ときめくホテルの楽しみ方

ふかふかのじゅうたんに、キラキラ輝くシャンデリア、大きなベッド。幼い頃、パパとママに連れていってもらったホテルは、まるで絵本に出てくるお城のようだった。
大人になった今、ホテルは手に届く場所になったけれど、やっぱりちょっと特別な場所。
ラウンジでアフタヌーンティーを楽しんだり、バーで大人な時間を過ごしたり、朝食用にホテルメイドのパンを買ったり・・・。
泊まるだけじゃない、心ときめくホテルの楽しみ方をOZmallが紹介します。

WRITING/MIE NAKAMURA PHOTO/AYA MORIMOTO
※記事は2019年10月11日現在の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

  • LINEで送る