西武池袋本店の魅力再発見

池袋駅東口の顔となる西武池袋本店。地下2階から地上12階まで南北に広大な売場面積を持ち、シンボルの空中庭園から、ファッション・コスメ、地下1階のスイーツ&ギフト・おかず市場の食品館まで毎日多くの人で賑わっている。この春にはコンシェルジュサービスも拡充し、メインエントランスにデスクを開設。ますますショッピングスポットとして注目度が高まる西武池袋本店の魅力を働く方々に教えていただきました。

更新日:2018/07/12

スタッフに聞きました!西武池袋本店の知られざる魅力

【TIPS01】自然も食も満喫できる!都会のオアシス「空中庭園」へ

新宮明さん/販売促進部  売出計画担当
新宮明さん/販売促進部

都内屈指の乗降客数を誇る池袋駅直結の西武池袋本店。エレベーターで本館の9階に上ると、約5800㎡もの開放感あふれる「食と緑の空中庭園」が現れる。そこはまさに、都心の喧騒を忘れさせてくれる“都会のオアシス”。「お客様が自然に触れながらリフレッシュできる場所を、との想いで2015年の4月にリニューアルオープンしました」と語るのは、店舗の営業計画や施設の年間プロモ―ションを遂行する販売促進部の新宮明さん。

建物の構造を活かした横長の空間は、季節の花が咲き誇る「睡蓮の庭」をはじめ、多彩なジャンルの料理が手頃な価格で味わえる10台の「フードカート」、多肉植物も揃う「ガーデニングショップ」、約150種類の鑑賞魚に出会える「フィッシュショップ」など楽しみどころ満載。1年を通して、子供から大人まで思い思いの時が過ごせる。

庭園のシンボル「睡蓮の庭」は、15~20種類の睡蓮を中心に、バラやアカバンサスなど、色とりどりの花々が心を癒やしてくれる。日没からは屋上全体がライトアップされ、壁面の“グリーンウォール”が幻想的な雰囲気に。また、4月下旬~10月上旬まで「天空のビアテラス」も展開中で、新メニューに「チーズタッカルビ」や「海鮮チゲ鍋」が登場。「飲み放題プラン(3000円~)だけでなく、フードカートでは世界のビールや期間限定メニューを10ショップから選べる自由自在のスタイルが女性グループにも好評です」

心地良さだけでなくエンタメ性が充実しているのも「空中庭園」のもうひとつの魅力。「週末は、ジャグリングなど大道芸人によるパフォーマンスで盛り上がります。また2017年秋はジャズを、2018年5月にはクラシックを気軽に体感できる生演奏やショートフィルム上映会なども開催しました。そのほかヨガ教室やスポーツ関連のイベントなど、女性はもちろん、幅広い年齢層が興味を惹かれる企画を随時展開しています」。詳細は店頭またはHPでチェックを。

新宮さんイチオシ!庭園で味わう讃岐うどん

新宮さんイチオシ

「私が生まれる前からこの屋上で営業している老舗店です」と、新宮さんがおすすめしてくれたのが、1968年創業の「讃岐かるかや」。「ここでしか食べられない手打ちうどんは、うどん愛好家の間でも知られていて、食事タイムや週末には行列ができるほど根強い人気を誇ります」。コシが強くモチモチとして歯応えの太麺と、昆布と煮干しを使った関西風の出汁は相性抜群。最後の1滴まで飲み干したくなる絶品うどん。

「豚しゃぶうどん」など変わり種をはじめメニューは10種類以上。リピーターが多いのもうなずける。定番の「かるかやうどん」(500円)は、温かいうどんと冷たいうどんからチョイス。カツオ節、油揚げ、かまぼこ、長ネギと具だくさんなのも嬉しい。「デザートのゼリーが付いた『お子様うどん』(500円)もあるので、家族で楽しむお客様にも好評です。青空の下、心地よい風を感じながら味わううどんはまた格別ですよ」。

【TIPS02】お買い物の悩みを解決してくれる「コンシェルジュデスク」を活用

加瀬紗絵さん/コンシェルジュ
加瀬紗絵さん/コンシェルジュ

700以上もの店舗が集結する西武池袋本店。「ここに来れば理想のアイテムに出会える」と言う信頼感と、「店舗数が多すぎでどこへ行けばよいか迷ってしまう」というゲストの声に応えて、2018年3月、池袋駅から直結のB1階南口(クラブ・オンゲート)に「お買いもの相談 コンシェルジュデスク」が新たに誕生。ゆとりあるカウンターでは加瀬紗絵さんをはじめ、店内の最新情報に熟知したコンシェルジュが笑顔で迎えてくれる。

自分好みのアイテムはもちろん、1000円予算の誕生日プレゼントや冠婚葬祭の贈り物、退職する上司へのお礼など、さまざまな商品探しのサポートをしてくれる「コンシェルジュデスク」。「お世話になった先輩への結婚お祝いを贈りたい、というお客様に対しては、ライフスタイルやご予算をお伺いし、食品から食器、プリザーブドフラワーなどのインテリア雑貨まで最適な店舗の候補アイテムをiPadやパンフレットを見ながらご提案させていただくことができます」。また、結婚を控えた20~30代の女性客が、両家の顔合わせ時の服装や手土産について相談に訪れることも多いそう。

さらに、ファッション、メイク、インテリアなど各階専門カウンターが7カ所に設置。コンシェルジュと連携し、各分野のスペシャリストが専門的なアドバイスや商品探しのお手伝いをしてくれる。「『イケセイキレイ ステーション』(1階南B11)では、ビューティアドバイザーによるお肌のカウンセリング(要予約)や、『メイクアップステーション』(1階中央A6)では、ビューティスタイリストによるメイクアップアドバイス(要予約)を無料で体験することができます。カウンターで予約しておけばお買い物の途中で立ち寄ることもできます」。

また、ブランドの垣根を超えたスタイリングを提案してくれる『コーディネートステーション』(4階中央A7)もぜひチェックしておきたい。「年齢を重ねる中で、愛用ブランドが今の自分に最適か?と悩まれているお客様も多くいらっしゃいます。今の自分にぴったりのアイテムを見つけたいという方は、ぜひお気軽にお越しください」。

加瀬さんおすすめのパーソナルオーダー

加瀬さんおすすめのパーソナルオーダー

「“自分仕様”にこだわる女性におすすめです!」と加瀬さんが案内してくれたのが、4階(中央A6)に2018年6月リニューアルオープンした「パーソナルオーダー」。最新のデジタル機器を使い、ウエアや雑貨のオーダー、リフォーム、リメイクで世界にひとつだけのファッションアイテムを仕上げてくれる嬉しいスポット。

「イチオシは、オーダーニット『WATASHI MADE』の海島綿ニットです。1着丸ごと編み上げるホールガーメント技術を用いているので、縫い目がなく着心地抜群です」。ボディーカラー・ラインカラーはそれぞれ11色から好みの配色を組み合わせ、衿のかたち4種、着丈の長さ2種、袖の長さ3種、6サイズからセレクト。自分の好みやサイズにぴったりのニットが約2週間~(16200円~)でできあがる。

「今回のリニューアルで、バーチャルフィッティングも導入しました。お客様の姿と海島綿ニットをパソコン上で合成し、配色の仕上がりを視覚でチェックできるシステムです」。ガラス張りの工房には最新マシーンやミシン、カラフルな糸がずらりと並び、専任スタッフの作業風景を眺めるだけでも楽しめるから、ぜひ見学気分で立ち寄ってみて。

【TIPS03】スイーツのスペシャリストが案内してくれる西武食品館の魅力

alt
帰山昌子さん/スイーツアテンダント

目にも楽しいスイーツ&ギフトショップが集結した地下1階の西武食品館。商品選びに迷ったら、スイーツ&ギフト口側に設置された「スイーツアテンダント カウンター」へ。帰山昌子さんをはじめ、パティシエスタイルのスイーツアテンダントが温かく迎えてくれる。フロア内の最新スイーツ事情を熟知した頼もしい存在。

コンシェルジュ同様、デイリーから冠婚葬祭など特別な日のギフトまで、お客様に最適なアイテムをスイーツのスペシャリストとして紹介してくれる。「チョコレートケーキ探しているお客様には、生チョコのような濃厚なチョコやスポンジとクリームを使ったシンプルなもの、中にベリーが入った酸味のあるタイプがよいか?など、好みを細かくお伺いします。選定したあとは、店舗に誘導するなど、お客様に寄り添ったサービスを行っています」。

フロアには、西武池袋本店限定のショップ「デコフルール」をはじめ、店舗限定の季節のスイーツも随時展開するので、最新情報を一度に入手できるのも専用カウンターならでは。「軽井沢に本店がある『ファウンドリー』では、その時いちばん旬なフルーツを使ったケーキや焼き菓子に出会えます。濃厚なビターチョコレートを求めるなら『ベル アメール』のケーキがおすすめです。和菓子なら、小豆本来の味わいが堪能できる能登大納言小豆を使用した『森八』のどら焼きをぜひチェックしてみてください」。

また、ブランドの垣根を超えた詰合せも店舗により相談できるそう。「ご夫婦お2人の家庭へのギフトとして、いろいろなものを少しずつ選びたいというお客様や、日持ちがするお菓子を組み合わせたいなど、できる限りお客様のご要望にお応えできるよう努めています」。フロア内にはイートインできる店舗も3カ所用意されているので、ショッピングの合間に立ち寄ってみて。

帰山さんも絶賛!オンリーワンスイーツ

帰山さんも絶賛!オンリーワンスイーツ

「女性の方にぜひチェックして欲しいスイーツ店です!」と帰山さんが誘ってくれたのが、2018年4月に登場した「デコフルール」。日本一のウェディングケーキ製造数を誇るアニバーサリーの『デコレーション技術“Decoration”』と『花“Fleur”』を組み合わせた、西武池袋本店限定のお店。

店頭には、“花を贈るようにスイーツを贈る”をコンセプトに、花をモチーフにしたギフト用スイーツが揃う。「『ブーケ ド フルール』(1998円)は、ロリポップキャンディーのように棒にさしたマカロンやアイシングクッキーなどのスイーツを花束に見立てた商品です。ラスクのようにサクサクとした軽い食感のマカロンや、カラフルな見た目とお口の中でシュワッと溶ける食感で人気のメレンゲが小さなブーケにギュッとつまってかわいらしいです」。

また、白とピンクのクリームでお花畑のようなデザインが施された『ピンク&ホワイトローズ』(3024円)などBOXケーキも女性心をくすぐる。「“Thank you”や“Happy Birthday”のメッセージが描かれたクッキーとマカロンを、特製のBOXに入れてギフト仕様するのもおすすめです。ラッピングもかわいらしいので、女性へのギフトに喜ばれています」。

Data & Access

西武池袋本店

■住所
東京都豊島区南池袋1-28-1
■営業時間
ショッピング:10:00~21:00 日曜・祝日~20:00
※ザ・ガーデン自由が丘 10:00~22:00 日曜・祝日~21:00
※アインズ&トルペ・別館地下1階・書籍館10:00~22:00
レストラン:8F11:00~23:00 日曜・祝日10:30~23:00 、屋上10:00~20:00(季節により異なる)
■定休日
不定休
■アクセス
JR「池袋駅」東口より直結
■駐車場
西武池袋本店駐車場、池袋東口公共地下駐車場(ISP駐車場)、メトロポリタン駐車場
料金:西武池袋本店でのお買い上げレシート(当日発行)合計2000円以上で、西武池袋本店駐車場、池袋東口公共地下駐車場(ISP駐車場)は1時間30分まで、メトロポリタン駐車場は2時間まで無料

迷わずに行けるアクセス!

西武池袋本店は、JR池袋駅直結。中央改札を抜けると、駅全体を東西に結ぶ中央通路へ出るので、「東口方面」の表示案内に従って進もう。丸ノ内線改札を通り過ぎ、左手に黄緑のコインロッカーを見つけたら、右前方にある西武池袋本店の地下1階北口から館内へ。

お子様連れに嬉しい設備をチェック!

授乳室:6F(中央B5)「ベビー休憩室」(ベビーベッド・給湯設備・飲料・授乳ルームなど完備)
託児室:6F(北A1)「託児室」生後6カ月~就学前のお子様(1時間1080円、1時間以降30分ごとに540円 ※健康保険書、予約必須 ※承り時間10:00~16:00(3時間まで)

WRITING/NAOMI TERAKAWA PHOTO/AYUMI OSAKI

TOP