クラシカル&ポップがテーマのレトロかわいい「ピューロイースター」を開催!

「ピューロイースター」

©2018 SANRIO CO., LTD.

今年ももうすぐイースターの季節。「サンリオピューロランド」では2019年3月21日(木・祝)から6月25日(火)までアメリカンオールディーズのクラシカル&ポップをテーマにした「ピューロイースター」を開催。レトロかわいいうさ耳付き衣装でドレスアップしたキャラクターにカラフルなフード&スイーツやフォトスポットなど、今だけの楽しみが満載なピューロランドで一緒に盛り上がろう!

更新日:2019/03/20

ハローキティたちがオールディーズファッションにドレスアップ!
※写真はイメージです

ダンスパーティーを舞台に繰り広げられる参加型ショー「Egg' n' Roll Easter!」に大興奮

今年の「ピューロイースター」は1950~60年代のアメリカで流行ったポップス“アメリカンオールディーズ”をテーマに、レトロかわいい衣装のキャラクターたちによる参加型ショー「Egg' n' Roll Easter!」を上演。うさぎの耳があしらわれたオールディーズ風コスチュームを着たハローキティやマイメロディ、シナモロールたちのかわいさにときめくのはもちろん、次々に流れるオールディーズの音楽に自然と体もノリノリに。ショーの最後にはイースターエッグ型の大きなバルーンも登場! 

また期間中、ドット柄の服で全身コーディネートして来場するとオトクに入場できる「イースターコーデ割引」を実施。アメリカンオールディーズ風のファッションで訪れてキティやマイメロたちと一緒に盛り上がれば、さらに楽しい時間が過ごせるはず。コーディネートの条件などの詳細は公式サイトで確認を。

(左)マイメロディのレコード♪デコバウム700円/(右)キキ&ララのダイナーソーダ各600円/ともに4F シナモロールドリームカフェ

イースター限定フード・スイーツでほっこり幸せなランチ&カフェタイムを

今年のイースターのテーマ“アメリカンオールディーズ”にぴったりな、レトロ&カラフルな限定フード・スイーツもとびきりのかわいさ。レコードの上をキティ&ダニエルが踊る、サクッとおいしいハムカツが決め手の「キティ&ダニエルのレコードカレー」、ピンク色のクリーミーなソースが春感たっぷりな「ALL STAR☆イースターピンクオムライス」などでメルヘンなランチタイムを。

またウェイトレス姿のマイメロディがキュートな「マイメロディのレコード♪デコバウム」、ドーナツのバンズにクリーム、いちご、カラフルポップコーンをサンドした「シナモロールのカラフルスイーツバーガー」など、写真映え抜群なスイーツもずらり。キキはブルーキュラソーとチョコミント、ララはピンクグレープフルーツといちごホイップでデコレートされた「キキ&ララのダイナ—ソーダ」もおすすめ。

アメリカンなクラシックカーのフォトスポットに、カラフルなレコードを飾ったアーチなども

クラシカルなムードがかわいい、イースター限定フォトスポット巡りも楽しんで

館内に用意された、たくさんのイースター限定フォトスポット巡りもお楽しみ。レインボーホール(3F)にはアメリカンなクラシックカーをモチーフにしたフォトスポットがあり、オールディーズ風コスチュームを着たハローキティやダニエルと一緒に記念撮影ができる。

そのほか、エンターテイメントホール(1F)入口付近にはイースター柄のフォトパネル、ストロベリーホール(1F)入口付近にはクラシカルなアメリカンダイナーをイメージしたフォトスポットが出現。ちょっぴり懐かしいムードを活かした、レトロかわいい1枚を狙って!

イベントDATA

「ピューロイースター」

スポット名
サンリオピューロランド
電話番号
0423391111 0423391111 9:30~17:00 ※休館日を除く
住所
東京都多摩市落合1丁目31 Map
営業時間
※日によって異なります。くわしくは公式サイトをご確認ください
定休日
不定休 ※くわしくは公式サイトをご確認ください
交通アクセス
京王線・小田急線・多摩モノレール線多摩センター駅より徒歩5分
開催日程
2019/3/21(木・祝)~6/25(火)
パスポートチケット料金
平日:大人3300円、小人2500円
休日:大人3800円、小人2700円
※大人:18歳以上、小人:3~17歳・高校生(2歳以下のお子様は無料)
ホームページ
ピューロイースター

【特集】カモン、新時代。ゴールデンウィーク2019

暦通り休めれば、2019年のゴールデンウィークは10連休。平成から新しい元号に変わる大きな節目のタイミングだからこそ、少しだけ時間を有意義に使って、“自分を高める時間”を過ごしてみてはいかがですか? 最大3日間で実現できる体験をはじめ、編集部注目のイベントやシーン別の過ごし方ガイド、話題のBBQやグルメ情報など、新しい時代が楽しみになるゴールデンウィークの過ごし方を一挙ご紹介します。

WRITING/EMIKO OKAZAKI

  • LINEで送る