スヌーピーミュージアムに、都内最大級のアウトレット!「南町田グランベリーパーク」がオープン

南町田 グランベリーパーク  PC

駅・公園・商業施設などが一体になった「南町田グランベリーパーク」が、2019年11月13日(水)にまちびらき。商業施設「クランベリーパーク」には約100店舗のアウトレットショップのほか、アウトドアやグルメなどをテーマにした6つのパビリオンと7つの広場が登場。全241店舗という都内最大のアウトレット複合施設は、ショッピングはもちろん、店舗と連携した体験型のイベントも充実。いろんな楽しみ方で素敵な休日を満喫できそう。

更新日:2019/11/14

南町田グランベリーパーク マーケットプラザイメージ
マーケットプラザ ※イメージ

この秋、全国でも例のない魅力的な新しい「まち」が始まる

「グランベリーパーク」は、2019年11月13日(水)にまちびらきを行う「南町田グランベリーパーク」内に位置する商業施設。

「南町田グランベリーパーク」には、このほかに広場やスポーツのためのエリアとして活用できる鶴間公園や、12月にオープンするスヌーピーミュージアムなどがあり、緑豊かな環境を活かした新しい街並みが広がる。

鉄道駅に直結して、商業施設と都市公園が隣り合い一体となった、全国でも例のない新しい暮らしの拠点空間として、期待は高まる。

南町田グランベリーパーク モンベル
モンベル

お店の前に岩&池が!買物ついでにアウトドア体験も

店舗でできる体験コンテンツはいろいろあるけれど、アウトドア総合ブランド「モンベル」のアウトドア体験は注目のイベント。モンベルは国内最大級となる約2250㎡の広い店内で、登山用品などのモンベル製品のほかに、ファクトリー・アウトレット商品も取り扱う。

店の前には、クライミング体験ができる高さ約12mのクライミングピナクルや、カヤック体験ができる人工池も常設。クライミング体験(中学生以上800円、小学生600円)は、小学生以上であれば初心者でもチャレンジできる。ハーネスを装着するのでスカートではなく、動きやすい服装で参加して。

カヤック体験会(1トライ600円)は、ライフジャケットを装着できる3歳以上が対象となる。安全性の高いレクレーションカヤックなので、安心して試乗を楽しもう。

南町田グランベリーパーク スノーピーク 
スノーピーク併設レストラン「Snow Peak Eat 」 ※画像はイメージ

キャンプブランドならではのメニューを味わうレストラン

オートキャンプ用品などを豊富に取り揃えるアウトドア総合メーカー「スノーピーク」は、日本で2店目となるレストラン併設型の複合店舗をオープン。

レストラン「Snow Peak Eat (スノーピークイート)」で提供されるのは、キャンプブランドでもあるスノーピークが大切にしてきた、「野生の感覚」を体験できるようなメニュー。ここでは、キャンプでつくる料理のように、食べたい食材と調理方法を選べる。

たとえばランチでは、メインデッシュを「ワンプレート」(鶏メニュー:1390円、豚メニュー:1590円)か「日替りセットメニュー」(焼く:1890円、蒸す:1790円、煮る:1690円)からチョイス。ディナーでも、こだわりの鶏・豚・牛メニューを、それぞれ「焼く・蒸す・煮る」から選べる。

さらに、テイクアウト用のメニューも充実しているほか、テーブルとチェアのレンタル(有料)もできるので、青空の下でキャンプ気分を満喫するのもおすすめ。キャンプブランドならではのおいしさを味わって。

南町田グランベリーパーク 7つの広場 炎のオブジェ
「シアタープラザ」炎のオブジェ

アウトドアもグルメも。目的ごとに楽しめる7つの屋外広場

グランベリーパークの施設内には、さまざまなコンセプトを持った7つの屋外広場が点在する。

東急田園都市線「南町田グランベリーパーク駅」からグランベリーパークへ向かうゲストをお出迎えするのは、駅前広場の「ウェルカムプラザ」。さらに進むと、大きなシンボルツリーが印象的な「グランベリープラザ」が広がる。

エンターテイメントの発信拠点「シアタープラザ」には、LED映像や音楽と実物の炎が連動した3分間の炎の演出が。304インチの大型LEDビジョンでは、森や海など多彩な空間に動物が現れる映像を、ARカメラコンテンツとして放映する。

このほか、マーケットやキッチンカーで買ったフードを楽しめる「マーケットプラザ」や、隣接する鶴間公園を一望できる芝生の丘「パークプラザ」、季節感のある装飾を眺めながら散策できる「アートプラザ」、噴水のあるイベント広場「オアシスプラザ」と、目的に合わせて広場のスペースを活用して。

南町田グランベリーパーク 成城石井

ここでしか買えない!限定品やオープン記念キャンペーンも

グランベリーパークだけの限定品を手に入れるのも、楽しみのひとつ。

人気のスーパーマーケット「成城石井」では、セントラルキッチンが隣接する利点をいかして人気惣菜の量り売りなど限定品を揃える、ちょっとスペシャルな展開を⾏う。人気No.1の食パン「パン職人こだわり湯種食パン」は、その日の朝に焼いたものを他店舗では買えない1.5斤(431円)のサイズで販売。ほかにも、不揃い品など南町田限定商品が続々登場予定とか。

「every day TOY show!」をコンセプトにした新スタイルの玩具専門店「博品館TOYS CONCEPT」には、限定の「オリジナルトートバッグ」(S:800円、L:1000円)もお目見え。こちらの店内では、ステージイベントも開催される。

今回は多数の店舗で、オープニングを記念したセールやキャンペーンなども実施されるそう。新しいショッピングとレジャーの新拠点「グランベリーパーク」で、充実のホリデーを楽しもう。

グランベリーパーク 外観パース 俯瞰

DATA

スポット名
グランベリーパーク
住所
東京都町田市鶴間3-4-1 Map
交通アクセス
東急田園都市線「南町田グランベリーパーク駅」直結
駐車場
約2000台
ホームページ
グランベリーパーク 公式ホームページ

WRITING/NAOKO YOSHIDA (はちどり)

  • LINEで送る