【人気のおすすめウォーターサーバー12選】監修者に聞いた選び方もご紹介!

重たい水の買い物から解放されたり、いつでもおいしい水が飲めることがうれしいウォーターサーバー。導入を検討していても、どの機種を選べばよいかわからず迷っている人も多いのでは。今回は、日本アクアソムリエ協会認定の江口慶太さんから聞いた、自分に合ったウォーターサーバーの選び方をご紹介。編集部がピックアップしたおすすめの12種や、ウォーターサーバーを使用するメリット・デメリットも紹介するので参考にしてみて。

更新日:2021/04/19

今回お話を聞いたのは・・・アクアソムリエ 江口慶太さん

浄水器メーカーに勤めたことがきっかけで、水にこだわりたい、という強い思いを持つようになり水の知識と味わいに関する資格「アクアソムリエ」を取得。その後、約1年かけて地球を⼀周し、世界各地の⽔やミネラルウォーターについて知識を深める。現在は、ウォーターサーバーメーカーに勤めるかたわら、水などで割って飲むイギリスの伝統的な飲み物・ハーブコーディアルのブランド「Mill」の展開をしている。

1.ウォーターサーバーの5つの選び方

ウォーターサーバーを選ぶときのポイントは「月額料金」「ボトルの処理方法」「ボトルの交換方法」「機能性」「水の種類」の5つ。目的に合う選び方を選択して、自分に合ったウォーターサーバーを見つけよう。

1-1.月額料金で選ぶ

ウォーターサーバーを導入するにあたって、やはり月々の費用は気になるところ。ウォーターサーバーにかかるコストは、基本的に「水代」「サーバーレンタル代」「配送料金」「電気代」の4つ。

メーカーごとの料金比較に重要なのは、水代金だけでなく、4つの料金の合算で比較すること。例えば、水代金は安くてもサーバーのメンテナンス料金で高くなる場合もあるから注意して。

また、月々の支払いを抑えたいなら、ボトルの本数を柔軟に調整できるものがいい。朝から晩まで働いているなど、ウォーターサーバーを使わない時間も想定しておこう。

さらに、メーカーによって、ウォーターサーバーはレンタルだけでなく、購入できる場合もある。初期費用はかかるが、長い目で見るとレンタルよりもお得になることもあるのでチェックしてみて。

1-2.ボトルの処理方法で選ぶ

ボトルの処理の方法は「交換」「自宅で捨てる」の2パターンがあり、それぞれにメリット・デメリットがある。

「交換」タイプは、ごみ処理の手間をなくしたい人におすすめ。梱包されずに届くので、ゴミが出ないところが利点。しかし、飲み終わったボトルを保管する場所が必要だったり、さらに、交換の際は業者とのやりとりが必要なので、在宅が必須に。

「自分で捨てる」タイプは、ボトルを返却する必要がないので、日中の外出時間が長い人におすすめ。置き配の選択や再配達が可能なことがポイント。しかし、梱包のダンボール、飲み終わったボトルやビニール袋の処理が必要になり、ゴミの始末が大変になる可能性も。

1-3.ウォーターサーバーの形状で選ぶ

形状で選ぶときは、ウォーターサーバーの蛇口とボトルの位置で見極めることが重要。

床置きタイプで縦長のウォーターサーバーの場合、蛇口の位置が低く感じることが多く、大人が使う場合、姿勢がつらく感じることも。ちょうど良い高さのものがない場合は、卓上タイプをテーブルの上や、台の上に置いて使用するのがおすすめ。

ボトルの位置は、ウォーターサーバー上部か足もとの2パターンある。ボトルをサーバーの上部に設置するタイプは、ボトルを持ち上げなければならないので、身長が低いと取り換えに苦戦することも。そんな人は足もとで交換が可能なタイプがおすすめ

1-4.機能性で選ぶ

利便性や、ウォーターサーバー内を清潔に保てるかなど、機能性も大切なポイント。

小さい子供がいる家庭なら、「チャイルドロック」がついているウォーターサーバーを選びたいところ。誤作動による事故を防ぐことができる。

また、サーバー内の衛生が気になるなら「自動クリーン機能」があるかをチェックしよう。自分でサーバーを清掃しなくても、ウォーターサーバー内をきれいに維持してくれる働きがある。

その他、「自動スリープ機能」が搭載されているものは、使わないときに電源が自動でオフになるため、消費電力を抑えたい人におすすめ。

1-5.水の種類で選ぶ

ウォーターサーバーの水は、「RO水」「天然水」「水道水」の3種類に分類される。選び方は、「おいしさ」「水の価格」の2つの観点で見るといい。

水のおいしさの観点で選ぶなら、天然水がおすすめ。水のまろやかさやおいしさも味わうだけでなく、ミネラルも豊富なのが嬉しい。

水の価格で選ぶ場合にはRO水を選ぶといい。水道に直接つなぐタイプのウォーターサーバーは、水道水をろ過するだけなので安価に感じるかもしれないが、定期的にフィルターを交換する必要があるため、費用がかさむことが多いので注意が必要。

2.編集部がおすすめする人気のウォーターサーバー12選

人気のウォーターサーバーの中から、オズモール編集部が厳選したおすすめの12種をご紹介。目的別に紹介していくので、自分に合ったウォーターサーバーを見つけよう。

ウォーターサーバー

2-1.とにかく安く使いたい人におすすめのウォーターサーバー4選

人気のウォーターサーバーの中から、オズモール編集部が厳選した月額料金が4500円以下に抑えられるおすすめのウォーターサーバー4種を紹介。

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)

本体とボトルカバーのカラーをそれぞれ選べるウォーターサーバー 。部屋の雰囲気に合わせてウォーターサーバーを選びたい人におすすめ。

【料金内容】
・月額料金:3283~4948円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:3283~4948円
・サーバーレンタル料金:0円
・送料:0〜715円

その他
・メンテナンス料:0円(セルフメンテナンス)
・電気代目安:通常790円/月、エコモード630円/月
・解約金:10000~20000円

【支払方法】
・支払い方法:クレジットカード、キャリア決済、Amazon Pay

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、温水・冷水両用、エコモード

【水の特徴】
・水の種類:天然水
・水の成分:溶存酸素が含まれている、ミネラルバランスがよい
・ボトルのタイプ:ボトル使い捨て

【配達可能エリア】
・全国(離島などの一部地域を除く)

【特典・キャンペーンについて】
・WEBから新規申し込みするとAmazonギフト券2000円分プレゼント
・他社から乗り換えると最大16500円分キャッシュバック

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

コスモウォーター Smartプラス

シンプルで上質なデザインのウォーターサーバー 。インテリアになじむウォーターサーバーを探している人におすすめ。

【料金内容】
・月額料金:4104~4320円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:4104円
・サーバーレンタル料金:0円
・送料:0〜216円

その他
・メンテナンス料:0円
・電気代目安:エコモード474円/月
・解約金:9900円

【支払方法】
・支払い方法:クレジットカード、代金引換

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、温水・冷水両用、エコモード、Wクリーン機能

【水の特徴】
・水の種類:天然水
・水の成分:自然のミネラルが含まれている
・ボトルのタイプ:ボトル使い捨て

【配達可能エリア】
・全国(離島などの一部地域を除く)

【特典・キャンペーンについて】
・新規契約者のなかから抽選で400名に最大1万円相当の特典プレゼント
・他社からの乗り換えで5000円キャッシュバック

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

サントリー サントリー天然水ウォーターサーバー

「おいしさキーパー機能」や「4段階温度設定機能」など、機能面が充実したウォーターサーバー。時間が経っても、フレッシュなおいしい水を飲みたい人におすすめ。

【料金内容】
・月額料金:4154円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:4154円
・サーバーレンタル料金:0円
・送料:0円

その他
・メンテナンス料:0円
・電気代目安:通常1500円/月、エコモード1350円/月
・解約金:9900〜16500円

【支払方法】
・支払い方法:クレジットカード、口座引落、振り込み

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、おいしさキーパー機能、4段階温度設定機能、エコモード

【水の特徴】
・水の種類:天然水
・水の成分:マグネシウムが豊富
・ボトルのタイプ:バッグインボックス

【配達可能エリア】
・全国(一部地域を除く)

【特典・キャンペーンについて】
・新規申し込みで天然水ボックス2箱プレゼント
・他社からの乗り換えで天然水ボックス2箱とJCBギフトカード8000円分プレゼント

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

クリクラ クリクラサーバーL

A4用紙1枚分のスペースに置けるウォーターサーバー。小さなスペースにウォーターサーバーを置きたい人におすすめ。

【料金内容】
・月額料金:2920~4020円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:2920円
・サーバーレンタル料金:0〜1100円(3カ月の利用本数が6本未満の場合1100円のサーバーレンタル料が必要)
・送料:0円

その他
・あんしんサポートパック :460円/月
・電気代目安:-
・解約金:0円

【支払方法】
・支払い方法:販売店により異なる

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、温水・冷水両用

【水の特徴】
・水の種類:RO水(人工的に作られた純度の高い飲料用の水)
・水の成分:不純物の入っていないピュアウォーター
・ボトルのタイプ:ボトル回収式

【配達可能エリア】
・北海道から九州まで

【特典・キャンペーンについて】
・他社から乗り換えると最大申クリクラボトル2本+クオカード5000円分プレゼント
・妊産婦~1才未満の子供がいる人の入会で、クリクラボトル3本無料提供、サーバー無料貸し出し
・クリクラボトル1本分の料金でクリクラボトル3本もらえる
・2年間継続使用する人にクオカード3000円分と、クリクラボトル1本をプレゼント
・3年間継続使用する人にクオカード5000円分と、クリクラボトル1本をプレゼント

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

2-2.1人暮らしにおすすめのウォーターサーバー4選

人気のウォーターサーバーの中から、オズモール編集部が厳選した1人暮らしにおすすめのウォーターサーバー4種を紹介。

プレミアムウォーター amadanaスタンダードサーバー

エレクトロニクスブランド「amadana」とのコラボモデルのウォーターサーバー。ブランドファンだけでなく、スタイリッシュなウォーターサーバーを探している人におすすめ。

【料金内容】
・月額料金:3283~4948円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:3283~4233円
・サーバーレンタル料金:0円
・送料:0〜715円

その他
・メンテナンス料:0円(セルフメンテナンス)
・電気代目安:1050円/月
・解約金:10000~20000円

【支払方法】
・支払い方法:クレジットカード、キャリア決済、Amazon Pay

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、温水・冷水両用

【水の特徴】
・水の種類:天然水
・水の成分:溶存酸素が含まれている
・ボトルのタイプ:ボトル使い捨て

【配達可能エリア】
・全国(離島などの一部地域を除く)

【特典・キャンペーンについて】
・WEBから新規申し込みするとAmazonギフト券2000円分プレゼント
・他社から乗り換えると最大16500円分キャッシュバック

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

クリクラ クリクラFit

本体の幅が245mmのスリムなウォーターサーバー。ウォーターサーバーを置くスペースに悩んでいる人におすすめ。

【料金内容】
・月額料金:2920~4020円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:2920円
・サーバーレンタル料金:0〜1100円
・送料:0円

その他
・あんしんサポートパック :460円/月
・電気代目安:-
・解約金:0円

【支払方法】
・支払い方法:販売店により異なる

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、温水・冷水両用、抗菌&再加熱機能

【水の特徴】
・水の種類:RO水(人工的に作られた純度の高い飲料用の水)
・水の成分:不純物の入っていないピュアウォーター
・ボトルのタイプ:ボトル回収式

【配達可能エリア】
・北海道から九州まで

【特典・キャンペーンについて】
・他社から乗り換えると最大申クリクラボトル2本+クオカード5000円分プレゼント
・妊産婦~1才未満の子供がいる人の入会で、クリクラボトル3本無料提供、サーバー無料貸し出し
・クリクラボトル1本分の料金でクリクラボトル3本もらえる
・2年間継続使用する人にクオカード3000円分と、クリクラボトル1本をプレゼント
・3年間継続使用する人にクオカード5000円分と、クリクラボトル1本をプレゼント

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

アクアクララ AQUA SLIM(アクアスリム)

スリムでシンプルなデザインのウォーターサーバー 。お部屋のちょっとしたスペースに違和感なく置きたい人におすすめ。

【料金内容】
・月額料金:2808~4074円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:2808~4074円(最安値は2年割プラン適用時)
・サーバーレンタル料金:0円
・送料:0円(一部地域のみ配送量が必要な場合あり)

その他
・あんしんサポート料:1100円
・電気代目安:-
・解約金:6600~11000円

【支払方法】
・支払い方法:クレジットカード、口座引落など

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、温水・冷水両用

【水の特徴】
・水の種類:RO水(人工的に作られた純度の高い飲料用の水)
・水の成分:ミネラル成分をバランスよく配合
・ボトルのタイプ:ボトル回収式

【配達可能エリア】
・全国(離島などの一部地域を除く)

【特典・キャンペーンについて】
・新規契約者に『レコルト 2ウェイグリル アメット』または、『ソーダストリーム ジェネシスv2』をプレゼント、設置月のあんしんサポート料無料、初回ボトル2本無料プレゼント
・他社から乗り換えるとAmazonギフト券7000円分プレゼント

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

フレシャス dewo(デュオ)

インテリアとの親和性が高いウォーターサーバー。電気代を抑えられる「エコモード」「SLEEP機能」を搭載しているので、光熱費を抑えられるウォーターサーバーを探している人におすすめ。

【料金内容】
レンタルの場合
・月額料金:4158〜4780円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:4158〜4230円
・サーバーレンタル料金:0〜550円
・送料:0円

購入の場合
・月額料金:3380〜3470円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:3380〜3470円
・サーバー代金:52800円
・送料:0円

その他
・メンテナンス料:0円
・電気代目安:-
・解約金:9900〜16500円

【支払方法】
・支払い方法:原則クレジットカード

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、温水・冷水両用、フレッシュ機能、エコモード、SLEEP機能

【水の特徴】
・水の種類:天然水
・水の成分:硬度やバナジウム含有量の異なる3種類から選べる
・ボトルのタイプ:パック式

【配達可能エリア】
・北海道・本州・四国・九州(沖縄県・一部離島を除く)

【特典・キャンペーンについて】
・新規申し込みで初回の天然水1箱とAmazonギフト券500円分プレゼント
・他社からの乗り換えで16500円キャッシュバックと初回の天然水1箱プレゼント
・ママパパプランの適用者に赤ちゃん用グッズプレゼント、2年目以降の子供の誕生月に天然水1箱プレゼント

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

2-3.赤ちゃんのいる家庭におすすめのウォーターサーバー4選

人気のウォーターサーバーの中から、オズモール編集部が厳選した赤ちゃんにも安心な水が飲めるウォーターサーバー4種を紹介。

プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー

エレクトロニクスブランド「amadana」とのコラボモデルのウォーターサーバー。プレミアムウォーターの天然水は軟水なので、赤ちゃんが飲んだり、ミルクにも利用可能。赤ちゃんに飲ませる水にこだわりたい人におすすめ。

【料金内容】
・月額料金:3283~4948円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:3283~4233円
・サーバーレンタル料金:0円
・送料:0〜715円

その他
・メンテナンス料:0円(セルフメンテナンス)
・電気代目安:約1050円/月
・解約金:10000~20000円

【支払方法】
・支払い方法:クレジットカード、キャリア決済、Amazon Pay

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、温水・冷水両用

【水の特徴】
・水の種類:天然水
・水の成分:溶存酸素が含まれている
・ボトルのタイプ:ボトル使い捨て

【配達可能エリア】
・全国(離島などの一部地域を除く)

【特典・キャンペーンについて】
・WEBからの新規契約者にAmazonギフト券2000円分プレゼント
・他社からの乗り換えで16500円キャッシュバック

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

フレシャス Slat(スラット)

チャイルドロック機能がついているデザイン性の高いウォーターサーバー。天然水は軟水が使われているため、赤ちゃんがそのまま飲むのも、ミルク作りにも使いやすい。赤ちゃんが飲む水に配慮したい人におすすめ。

【料金内容】
レンタルの場合
・月額料金:4275円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:3888円
・サーバーレンタル料金:0〜900円
・送料:0円

購入の場合
・月額料金:3549円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:3549円
・サーバー代金:55000円
・送料:0円

その他
・メンテナンス料:0円(フレッシュモード搭載)
・電気代目安:-
・解約金:9900〜16500円

【支払方法】
・支払い方法:原則クレジットカード

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、温水・冷水両用、エコモード

【水の特徴】
・水の種類:天然水
・水の成分:バナジウムを含んでいる
・ボトルのタイプ:ボトル使い捨て

【配達可能エリア】
・北海道・本州・四国・九州(沖縄県・一部離島を除く)

【特典・キャンペーンについて】
・新規申し込みで初回の天然水1箱とAmazonギフト券500円分プレゼント
・他社からの乗り換えで16500円キャッシュバックと初回の天然水1箱プレゼント
・「ママパパプラン」の適用者に赤ちゃん用グッズプレゼント、2年目以降の子どもの誕生月に天然水1箱プレゼント

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

Kirala(キララ) キララスマートサーバー

「オートクリーンシステム」が搭載されたウォーターサーバーで、内部を熱水が循環することで、高い衛生状態をキープする。赤ちゃんにきれいな水を飲ませたい人におすすめ。

【料金内容】
・月額料金:4188~6116円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:5060〜5940円
・サーバーレンタル料金:1200円
・送料:0〜600円(1回の注文が税抜5000円未満の場合適用)

その他
・メンテナンス料:0円
・電気代目安:-
・解約金:5400~19440円
・炭酸シェイカー代金:2500円
・炭酸ガスカードリッジ代金:3600〜3900円

【支払方法】
・支払い方法:クレジットカード、代金引き換え

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、温水・冷水・炭酸水利用可能、オートクリーンシステム

【水の特徴】
・水の種類:天然水
・水の成分:シリカとバナジウムが豊富
・ボトルのタイプ:パック式

【配達可能エリア】
・北海道・本州・四国・九州(沖縄県・一部離島を除く)

【特典・キャンペーンについて】
なし(2021年3月現在)

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

信濃湧水 スタンダードサーバー

チャイルドロック機能がついているので、赤ちゃんがいても使いやすいウォーターサーバー。また、超軟水を使っているため、赤ちゃんが飲んだり、ミルク作りにも使いやすい。

【料金内容】
・月額料金:3158〜3662円 ※24リットルの場合(1日にコップ4杯分)
<内訳>
・水代金:3158円
・サーバーレンタル料金:0円
・送料:0〜504円

その他
・メンテナンス料:0円
・電気代目安:-
・解約金:11000円

【支払方法】
・支払い方法:クレジットカード、口座引落

【ウォーターサーバーの特徴】
・給水方法:床置きタイプ
・機能:チャイルドロック、温水・冷水両用

【水の特徴】
・水の種類:天然水
・水の成分:カルシウムやマグネシウムの含有量が少ない超軟水
・ボトルのタイプ:ボトル使い捨て

【配達可能エリア】
・全国(離島などの一部地域を除く)

【特典・キャンペーンについて】
・新規契約でもれなく信濃湧水1箱(2本入り)プレゼント

※入会特典やキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

3.監修者に聞くウォーターサーバーを使用するメリット・デメリット

ウォーターサーバーを使用する上で気になるメリット・デメリット。ここでは実際に監修者に聞いた意見をご紹介。ウォーターサーバーの導入を悩んでいる人は参考にしてみて。

3-1.ウォーターサーバーを使用するメリット

ウォーターサーバーの最大のメリットは、安全でおいしい水をいつでも飲めること。重い水を買って持ち帰る必要がなく、冷蔵庫の中がスッキリすることも利点として挙げられる。

また、災害時の備えとして役に立つところもポイント。メーカーによっては、停電時にも動くウォーターサーバーがでているが、動かないタイプだとしても交換用の水を備蓄水としてストックすることができるので、もしものときに備えることができる。

3-2.ウォーターサーバーを使用するデメリット

ウォーターサーバーを使用する中でのデメリットは、なによりもお金がかかること。水代だけでなく、電気代や、機種によってはメンテナンス代がかかってくることも。

さらにボトルの受け取り、保管、交換などの手間も考えどころ。

しかし、いつでもきれいでおいしい水が飲めることや、水を買い物に行く手間から開放されることなどメリットがあるので、総合的に判断して導入を検討してみて。

4.【体験談】ウォーターサーバーユーザーに聞く失敗談・成功談

ここでは実際にウォーターサーバーを使用している人に聞いた、おすすめできるポイントと、失敗したと思うポイントをご紹介。実際に使用している人の声を参考に、ウォーターサーバーの導入時の参考にしてみて。

4-1.おすすめできるポイント

・いつでも簡単に冷水、温水を使うことができ、とても便利。水の質も高く、おいしい水を飲むことができる。チャイルドロックがあるので子供が使用するときも安心して使用可能。定期的に水を届けてくれるので、大変な思いをしなくていい。(40代 男性/使用歴:10年未満)
・配送されるボトルは段ボールとビニール袋なので、廃棄が簡単。水の味がおいしいのがいちばん嬉しく継続しているポイント。(40代 男性/使用歴:10年以上)
・子供が1人でコップに汲めるようになり、好きなときに飲んでくれるので、こまめに水分摂取ができていいと思う。(60代 女性/使用歴:3年未満)
・手軽に冷たい水と温かいお湯が出る。家族みんなが好きなときに使用できる。おいしい水が飲め、停電のときも使用できて安心。(20代 女性/使用歴:3年未満)
・いつでも新鮮な水が飲めてお湯もすぐに出るので、お茶やコーヒーも手軽に飲める。サーバーもデザインがいいので気に入っている。(20代 女性/使用歴:2年未満)

4-2.失敗したと思うポイント

・使用頻度の高さにより経年劣化か、子供が力加減をわからず壊してしまったのかはわからないが、水を出すレバーが3年のうちに2回折れた。修理してもらうまで使用できないのが不便なので、子供がいる家はボタンタイプの方がいいと思う。(40代 女性/使用歴:3年未満)
・サーバーのサイズが思っていたより大きく、置き場所に困った。サーバーの大きさで部屋を圧迫していて、狭く感じてしまうことがある。電気代が思っていたより高く、思わぬ出費となった。今後価格が高くならないか心配。(40代 男性/使用歴:10年未満)
・週によって使用頻度が異なるので、水がなくなることがある。ただ、前もって頼むと家の中で邪魔になるので、頼んだらすぐ届くようなシステムだと嬉しい。(40代 男性/使用歴:10年以上)
・場所をとるので、最初にどのくらいのスペースが必要かよく考える必要があった。掃除の方法も確認してから買えばよかったと思う。(20代 女性/使用歴:4年未満)
・長く使っていると、中のホースに水アカのようなものや、汚れがたまり、衛生的に気になることがある。(40代 男性/使用歴:10年以上)

ウォーターサーバーに関するQ&A

水に賞味期限はありますか?

賞味期限はあります。メーカーによって違いますが、6カ月程度の場合が多いです。

また、賞味期限を過ぎたものは飲まないことをおすすめします。なぜなら、水を出荷する過程で塩素を除去しているので、雑菌が繁殖しやすい状態だからです。

水がたまってしまう場合は、料理に使うなど、早く飲むに越したことはありません。

スーパーで水を買うのと、ウォーターサーバーを使用するのと、どちらの方が安いですか?

消費量によります。水の量が多くなるにつれて値引きするウォーターサーバーメーカーもあるので、消費量が増えると安くなることがあります。

また、できるだけ安くウォーターサーバーを使いたい場合は、量によって値引きがあるもの、天然水ではなくRO水、サーバーレンタル代が無料のものを選ぶと費用を抑えられます。

停電時にもウォーターサーバーは使えますか?

ウォーターサーバーの機種によります。

もし動かないウォーターサーバーだったとしても、交換用のボトルで水を保管できるので、もしものときの備蓄水にはなります。

ただし、ボトルのまま水を使用する場合は、衛生面に気をつけてしっかり管理することをおすすめします。

今回お話を聞いたのは・・・アクアソムリエ 江口慶太さん

浄水器メーカーに勤めたことがきっかけで、水にこだわりたい、という強い思いを持つようになり水の知識と味わいに関する資格「アクアソムリエ」を取得。その後、約1年かけて地球を⼀周し、世界各地の⽔やミネラルウォーターについて知識を深める。現在は、ウォーターサーバーメーカーに勤めるかたわら、水などで割って飲むイギリスの伝統的な飲み物・ハーブコーディアルのブランド「Mill」の展開をしている。

  • LINEで送る

TOP