グランスタ・グランスタ丸の内魅力再発見

日本の玄関口・東京駅の地下にあるグランスタ。エキナカ「グランスタ」に次ぎ、2017年にはエキソト「グランスタ丸の内」もグランドオープン。手土産やお弁当、カフェをはじめ、雑貨やコスメなどの日常を彩るショップが120ショップ以上も集結し、通勤利用者から新幹線で遠方へ出かける人まで、さまざまなニーズをかなえてくれる。ここだけで展開される限定品など、女性の心を捉える施設の魅力をグランスタで働く方々に伺いました。

更新日:2018/08/03

スタッフに聞きました!グランスタ・グランスタ丸の内の知られざる魅力

【TIPS01】魅力的なグルメが集結するエキナカ・エキソトでの新しい楽しみ方

浅野結さん/鉄道会館 販売促進グループ 広報担当
浅野結さん/鉄道会館 販売促進グループ 広報担当

丸の内と八重洲を結ぶエキナカ施設・グランスタ。日本の玄関口である東京駅にふさわしい空間として2007年に開業し、2016年から2017年にかけてエキソト・グランスタ丸の内も誕生。「旅行客向けの手土産やお弁当、東京駅限定商品をバラエティ豊かに揃えているのはもちろん、グルメを中心に、ファッションや雑貨のお店など、女性の日常使いにもおすすめできる魅力的なショップが揃っています」と語るのは、販売促進グループの広報担当・浅野結さん。

グランスタとグランスタ丸の内を合わせて120ショップ以上が集結する空間で、グルメスポットは70ショップ以上が点在。「大勢の人が行き交うエキナカゾーンでありながら、リラックスできるスポットが充実しています。お客さまのニーズにお応えして、気軽に立ち寄れるカフェやレストランも続々オープンしました」。その中から浅野さんが案内してくれたのは、グランスタ丸の内にあるイタリアンフードマーケット「EATALY(イータリー)」。

イタリア国内で21ショップ、全世界で40ショップを展開するこちらのお店は国内最大規模。「イタリアのフードマーケットのような構成で、本場の生ハムやチーズ、チョコレートが量り売りで展開していたり、イタリアの老舗コーヒーブランド『ヴェルニャーノ』のエスプレッソが味わえるカフェコーナーもあります。ショップ中央にあるバールエリアは、グラスワインと生ハムやチーズを楽しめるちょい飲みスポットとしてもおすすめです。奥のレストランでは、駅構内であることを忘れてしまうような空間でゆっくりお食事していただけますよ」。

また、グランスタでは、2018年2月に登場したベーカリー「デイジイ東京」や挽きたてのシングルオリジンをハンドドリップ提供してくれる「5 CROSSTIES COFFEE」なども注目。「改札内もイートインスペースを完備したショップが充実していますので、移動中の憩いの場として利用してみてください」。

浅野さんイチオシの“ちょい飲み”スポット

浅野さんイチオシの“ちょい飲み”スポット

「季節のデリやサンドイッチとお酒が気軽に楽しめます」と浅野さんが誘ってくれたのは、グランスタ丸の内の「ガーデン ハウス カフェ」。ひとりで過ごす女性も多く、仕事帰りに“ちょい飲み”するスポットとしておすすめ。浅野さんのイチオシは、自家製酵母で作るカンパーニュに、鎌倉ハム、グリュイエールチーズ、自家製ベシャメルソースを挟んで焼きあげた「クロックムッシュ」(550円)と、オクラやブロッコリーなど6種の旬野菜をオーブンで香ばしく仕上げた「サブジ野菜」(450円)。そして、フードに合う和製クラフトビール「馨和 KAGUA」(ルージュ/ブラン各1000円)。「『馨和 KAGUA』のブランは爽やかでドライな後味、色味がキレイなルージュはどっしりと重厚な味わい。女性にも飲みやすいのでぜひ飲み比べてみてください」。

店内には、代官山の「ガーデン ハウス クラフツ」をはじめ、恵比寿の「空と麦と」、世田谷の「シニフィアン シニフィエ」など5ショップ以上のベーカリーが並ぶ。「気になるお店のパンが何曜日に入荷するかはスタッフの方に尋ねてみてください」。オープンは、朝7時から夜10時まで。世界各地から厳選したオーガニックジャムなどのグロサリーも販売しているのでチェックしてみて。

【TIPS02】ここでしか出会えない!東京駅ならではのスイーツが満載

鈴木香菜さん/エキナカ・JPグループ
鈴木香菜さん/エキナカ・JPグループ

手土産やギフトなど素敵なものを見つけたいけど時間がない!そんな時に利用したいのが、地下1階グランスタのスイーツエリア。「グランスタのコンセプト『東京プレシャスメモリー』を軸に、限られた時間内でも良質で記憶に残る商品を提供できるショップを厳選して展開しています」と語るのは、エキナカ・JPグループでスイーツを担当する鈴木香菜さん。

待ち合わせ場所「銀の鈴」があり多くの人が集う地下1階は、注目のスイーツショップが集結。さまざまなショップで、グランスタ限定の商品を展開しているそう。「ベルギー生まれの高級チョコレートショップ『ピエール マルコリーニ』では、グランスタ限定の『マルコリーニ ビスキュイ』(単品540円・6枚入り3564円)を販売しています。カカオのインパクトを実感できるオリジナルのクーベルチュールを、やさしいジンジャー風味のビスキュイでサンドした上品なテイストの1品です。また、減農薬米の玄米を自社で精米して作ることで風味豊かなお煎餅に仕上げる『富士見堂』では、グランスタ限定の「銀の鈴」をモチーフにした「東京鈴せんべい」がお土産として好評です」。スイーツショップが軒を連ねる「銀の鈴」周辺を散策すると、東京駅ならではの“ここだけ”の逸品にめぐり会えるのが嬉しい。

少し時間に余裕があるときは、グランスタの丸の内側のスイーツエリアにもぜひ足を伸ばしたい。「メープルをたっぷり使用したスイーツでおなじみの『ザ・メープルマニア』のメープルバタークッキーは、甘いものがあまり得意でない方にもおすすめです。銀の鈴誕生50周年を記念した期間限定の銀の鈴パッケージは、首輪に銀の鈴を付けたワンちゃんとメープル坊やのイラストがかわいらしくて大好評でした(※既に販売終了)。今後も、期間限定アイテムは続々登場するので楽しみにしてください」。

鈴木さんおすすめのオンリーワンスイーツ

鈴木さん絶賛のオンリーワンスイーツ

「店内の工房で一つひとつ丁寧に手作りされているスイーツが味わえるグランスタ限定のオンリーワンショップです」と、鈴木さんが紹介してくれたのが、「銀の鈴」の目の前で展開する「フェアリーケーキフェア」。こちらは、菓子研究家のいがらし ろみさんがプロデュースするギフトに最適なショップ。イギリス伝統のカップケーキをかわいらしいデザインに仕立てた「ベイクドカップケーキ」やカラフルな色合いの「マイビスケット」などが店頭を彩る。

「クリームやジャムがしっかり味わえるフレッシュカップケーキは、どうぶつ形、定番、季節のものを揃えています。なかでも、バニラとマスカルポーネチーズの濃厚なクリームがたまらない『バニラパンダ』(460円)がいちばん人気です。お好みで詰め合わせたり、無料でハッピーバースデーのピックを付けるサービスも用意しています」。

店内にはイートインスペースもあり、「いちごベリーソーダ」(550円)や夏季限定の「マンゴーパッションサンデー」(600円)などのスイーツも充実しているので、乗車待ち時間のひと息や、駅のよりみちとして新しい過ごし方を楽しもう。

【TIPS03】オリジナルのアイテムに出会える雑貨店も要注目!

【TIPS03】オリジナルのアイテムに出会える雑貨店も要注目!
横山絵美さん/エキナカ・JPグループ

グランスタにはグルメだけでなく、旅行への出発前や慌ただしい通勤の合間に役立つファッション・雑貨店、コスメショップなども充実。「機能性とプチギフトを兼ね備えた雑貨店が揃っています」と語るのは、グランスタ丸の内のコスメ・雑貨を担当する横山絵美さん。

オリジナリティを求めるなら、こだわりのレザーアイテムを展開する「kissora(キソラ)」のエキナカ第1号店としグランスタ丸の内に登場した「ekissora(エキソラ)」へ。バッグ、財布、ステーショナリーなど、“足を止めたくなる、選ぶのが楽しい”レザーアイテムがラインナップ。「いちばんの魅力は、名刺入れ、小銭入れ、IDカードホルダー、カップホルダーなど20種類以上のレザーアイテムから好みのカラーをセレクトとして、オリジナルの刻印ができるサービスです」。オリジナル刻印の価格は540円~。店内のミシンで仕上げてくれるので、時間がないけど特別なギフトを贈りたい!というときにぴったり。

グランスタ丸の内には、ほかにも気になる雑貨店が目白押し。「スウェーデン発の『ハッピーソックス』では気分を盛り上げるカラフルな靴下を、メンズ、レディース、キッズサイズで展開しています。また、『トラベラーズファクトリー ステーション』では、ゴールドの箔で東京駅の駅舎をプリントしたトラベラーズノートが根強い人気です。プチギフトに最適なアイテムが見つかりますよ」。

改札内のグランスタで雑貨や手土産のお菓子を捜すなら、日本全国の“スグレモノ”や東京の名品を揃えた「日本百貨店とうきょう」もおすすめだそう。「雑貨なら、東京駅の刻印が施された、い草のブックカバーや駅舎柄の缶バッジなどグランスタ限定アイテムも並びます。タイミングが良いと週1程度しか入荷しない希少などら焼きをゲットできるかもしれません!」。自分へのご褒美や大切な人へのプチギフトを見つけに出かけてみては?

横山さんもお気に入りのコスメショップ

横山さんもお気に入りのコスメショップ

「私もよく利用しています」と案内してくれたのは、グランスタ丸の内にある女性必見の「MCSマルノウチコスメティクスセレクション」。日本人の肌質を熟知した国内メーカーを中心に「コスメデコルテ」や「アルビオン」など質のよいスキンケアブランドをはじめ、遊び心ある「ジルスチュアート」など最新アイテムをラインナップ。美容に特化したコンシェルジュがブランドの枠を超えて、ゲストに最適なアイテムを紹介してくれる。

「カウンセリングコーナーでは、専用機器で肌測定してくれます。水分・油分の状態をチェックして適格なアドバイスを受けられるのが魅力です。希望すればメイクアップについて助言してくれるので忙しい女性には心強い味方ですよ」。

オープンは10時から22時までのロングタイム。仕事帰りに疲れた肌を癒したり、忙しい合間の最新ビューティーアイテムをチェックするのにおすすめ。月末には、10%ポイント還元のサービス(一部対象外あり)も展開しているので、お得なチャンスもお見逃しなく。

Data & Access

グランスタ

■住所
東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内
■営業時間
【グランスタ】改札内/B1ショップ:月~土曜・祝日8:00~22:00、日曜・連休最終日の祝日~21:00
改札内/1Fショップ:駅弁屋 祭5:30~23:00、デイジイ東京7:00~22:00、紀ノ国屋アントレ グランスタ店:月~土曜7:00~23:00、日曜・祝日~22:00
改札外/1Fショップ:ニューデイズ グランスタ八重洲北口店6:30~22:00
※丸の内側雑貨エリア9:00~、一部ショップは営業時間が異なります
【グランスタ丸の内】改札外/B1ショップ:月~土曜・祝日10:00~22:00、日曜・連休最終日の祝日~21:00
※一部ショップ7:00~
■定休日
なし
■アクセス
JR・東京メトロ「東京駅」構内・直結

迷わずに行けるアクセス!

「グランスタ(改札内)B1」への最寄り改札口は、八重洲地下中央口または丸の内地下北口・丸の内地下中央口・丸の内地下南口、「グランスタ丸の内(改札外)B1」への最寄り改札口は、丸の内地下北口・丸の内地下中央口・丸の内地下南口が便利。

お子様連れに嬉しい設備をチェック!

ベビー休憩室・授乳室(授乳用イス・オムツ替えベッド・手洗器完備):1F(改札内)東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線北のりかえ口、B1(改札内)ステーションコンシェルジュ東京横

WRITING/NAOMITERAKAWA、PHOTO/MANABU SANO

TOP