【守り60%・攻め40%】改めて自分とその周囲を良く見渡してみて。環境を整えることも大切かも

少しお金に対して無頓着な傾向が見られそう。2021年はお金の使い方を意識すると同時に、支出を減らすことも考えて実践してみては。

今は簡単に収支を管理できる家計簿アプリがあるので、利用するだけでもいろいろなことがわかってくるはず。また、特に節約を意識しなくても、支出を減らせるのが「固定費」の見直し。家賃や住宅ローンなどはその中でも大きな割合を占めるので、思い切って住まいを変えてみるのもひとつの手。

更新日:2021/01/05

【守り60%・攻め40%】の2021年にするために、おすすめのマネー記事

2021年、見直したい家計の節約ポイントとは?今年こそ家計の“見える化”をするコツをFPが解説

もしもの場合に備えておきたい生命保険。でも、よくわからないからと加入を先送りしている人や、すすめられるままに加入して保険料負担が重くなっているのはもったいない。まずは生命保険の種類と特徴を理解して、自分や家族にぴったり合ったものを選ぼう。

コロナ禍で住まいにも変化が!?自分にぴったりな住まい選びのコツとは?

コロナ禍の影響で、テレワークや出勤日の減少など、働き方が大きく変わった人も多いはず。そんななか、家にいる時間が増え、住まいへ求めるものにも変化が表れているよう。利便性より広さや居心地の良さを求め、引っ越しや家の購入に踏み切るケースも。実は今の家賃とそう変わらずに、条件の良い物件を購入できることも多いのだとか。今だからこそ知りたい家の購入について、住まいのプロ「ピタットハウス」がレクチャー。

【2021年マネー特集】守るより攻める、貯めるより殖やす!

【2021年マネー特集】守るより攻める、貯めるより殖やす!

超低金利のこの時代、ただ貯めているだけではお金の価値が減るばかり。常識もどんどん変わっていく中、お金が貯まらない、給料が上がらないなどと嘆いているよりも、今年こそは積極的に自分のお金を活かして殖やすことにチャレンジ! 初心者でも手軽に始められる資産運用で「攻める」方法、支出を減らして資金を作る「守る」方法もご紹介。

  • LINEで送る