レミオロメンの藤巻亮太さんが語る~紫舟が表現する詩集の世界~【Feel-Love Project】インタビュー

書家の紫舟さんが音楽(歌詞=メッセージ)の持つ力を作品に込めた「<チャリティーアート展>~紫舟が表現する詩集(うた)の世界~ Feel-Love Project powered by OZmall」。2019年9月21日(土)から10月20日(日)まで三井二号館特設ギャラリーで開催される本プロジェクトに賛同したアーティストである、レミオロメンの藤巻亮太さんに展覧会への想いをうかがいました。

更新日:2019/09/03

「<チャリティーアート展>~紫舟が表現する詩集(うた)の世界~ Feel-Love Project powered by OZmall」

聴覚障害を持った方にも音楽を感じてもらうこと、そして健常者にも新しい愛に気づくきっかけにしてほしい、という想いを込めて開催。全11組の賛同アーティスト(小田和正、GAKU-MC、久保田利伸、スガシカオ、SEKAI NO OWARI、ナオト・インティライミ、Mr.Children、ゆず、RADWIMPS、レミオロメン、ONE OK ROCK ※五十音順)の音楽からインスピレーションを受けて、紫舟さんが手掛けたアート作品を展示する。
※作品の一部は、チャリティーオークションを行い、収益金は寄付される

――本展覧会に賛同した想いをお聞かせください

言葉の意味を超えて人々の心に伝わる力を自分とは違う形で表してくださると思ったからです。

――選ばれた曲は、どのような思い入れがありますか? それぞれお聞かせください

『3月9日』
もともとは結婚する幼馴染へのプレゼントが、自分の手を離れ、いろいろな場所で歌っていただける曲になったことを、とれもうれしく思っています。

『太陽の下』
アメリカ同時多発テロの現場となったワールドトレーディングセンター跡地を訪れ、そこで感じ取った思いを曲にしたもので、行間を感じていただければと思っています。

――紫舟さんの作品への期待をお聞かせください

これからも、文字を文字以上のものにする作品を紡いでいかれることを楽しみにしています。
私も、言葉を音楽にのせてみなさまの心にお届けしていきます。

――展覧会へお越しの皆様へメッセージをお願いします

紫舟さんの、文字を文字以上のものにする作品をぜひお楽しみください。

Profile/藤巻亮太(ふじまきりょうた)

ミュージシャン。1980年生まれ・山梨県笛吹市出身。2003年にレミオロメンの一員としてメジャーデビューし、『3月9日』『粉雪』など数々のヒット曲を世に送り出す。2012年2月にレミオロメン活動休止を発表し、ソロ活動を開始する。同年、1stソロアルバム『オオカミ青年』を発表。以降も精力的にソロ活動を展開し、2016年、2ndアルバム『日日是好日』をリリース。2017年には3rdアルバム『北極星』を発表。2019年春、レミオロメン時代の曲をアコースティック中心のアレンジでセルフカバーするアルバムをリリースし、全国ツアーを開催。

ホームページ
藤巻亮太 公式HP

Information

2019年9月29日(日)藤巻亮太さん主催の野外音楽フェス「Mt.FUJIMAKI2019」が山梨県・山中湖交流プラザきららにて開催予定。トータス松本(ウルフルズ)、曽我部恵一(サニーデイ・サービス)、岸田繁(くるり)、ORANGE RANGE、大塚愛、tetoら豪華アーティストが出演する。2019年9月11日には、この野外音楽フェスのテーマソング『Summer Swing』を配信リリースする。

  • LINEで送る