日本橋三越本店

国の重要文化財に指定されている、ルネッサンス様式の本館の建物が特徴の「日本橋三越本店」。2018年10月には本館を約30年ぶりに一新するなど話題は尽きない。フードからファッションまで、各階で専門のコンシェルジュが買い物をサポートしてくれるサービスや、体にやさしい食品やメニュー、ギフトや手土産におすすめのアイテムが充実した食品フロアなど、ゲストに寄り添うショップが揃う。

更新日:2019/09/12

日本橋三越本店の見どころ

1.おいしいものの宝庫!新館の食品&食事処

2.ギフト&手土産探しなら本館の食品フロアへ

3.5つのゾーンが楽しめる本館屋上「日本橋庭園」


日常生活をより豊かにする“おもてなし”に満ちあふれた空間

alt
3階に設置された「パーソナルショッピングデスク」

日本でもっとも歴史ある百貨店としても知られる「三越」の本店「日本橋三越本店」。昭和10(1935)年に、現在のルネッサンス様式の建物となった。本館正面玄関にある待ち合わせの名所「ライオン像」は“三越のシンボル”として有名で、多くの人々に親しまれている。本館1階の吹き抜けの中央ホールには、三越の「まごころ」を表現したといわれる佐藤玄々氏の「天女(まごころ)像」があり、2階バルコニーにあるパイプオルガンの演奏は毎週金・土・日曜に楽しめる。

2018年10月、建築家・隈研吾氏が空間デザインを手がけた本館のリニューアルとともに登場したのが、各階に専門のコンシェルジュが常駐する「パーソナルショッピングデスク」。“ほかでは手に入らないギフトを選びたい”というリクエストや、“自分がいちばん輝く装いを知りたい”という相談など、フードからファッションまで、7つのカテゴリーで専門コンシェルジュが対応してくれる。時間がないときや商品選びに迷ったときに安心。

見逃せないのが食品フロアの充実度。新館地下1階と2階には、おいしくて体を気遣う食品を扱うショップや、イタリアの食文化が体感できるマーケット、和洋中さまざまなレストランが集合。本館地下1階には、ギフト&手土産に喜ばれる品や、日本橋三越本店限定のカフェもスタンバイ。本館屋上には、2019年5月にリニューアルオープンした「日本橋庭園」もあるので、1日ゆっくり過ごすのにもおすすめ。

体にやさしい品々や本格的な味を気軽に楽しめる食品フロア

新館地下2階の食品フロアには、おいしさはもちろん体にやさしい食品を扱うブランドや、専門店が手がけるカフェが揃う。食品は、旬のフルーツが目にも鮮やかな「サン・フルーツ」、日本橋三越本店の屋上で養蜂をおこなった"日本橋のはちみつ"を取り扱う「ラベイユ」、飲む酢などが人気の「オスヤ」など、ギフト&手土産にもおすすめの商品がラインナップ。紅茶や焼き菓子などが揃うグローサリーとティーサロン&ベーカリーを併設した英国王室御用達のコンセプトショップ「フォートナム・アンド・メイソン」や、“焼きたてバームクーヘンセット”が楽しめるバームクーヘン専門店「クラブハリエ」などイートイン対応のショップも並ぶ。

しっかり食事を味わうなら、新館の地下1階へ。オムライスが人気の老舗洋食店「たいめいけん」や、ヘルシーメニューが評判のコリアンレストラン「韓美膳」などが揃う。イタリア直送の食材を扱うフードマーケット「イータリー」はレストランやカフェカウンターも併設。季節限定メニューやジェラートを堪能したり、生ハムや希少なワインなどの購入もできる。夕食の買い物や、気の利いた手土産にも喜ばれそう。

編集部おすすめピックアップ

ライブ感あふれるマーケット&レストラン「イータリー」

レストランゾーンでは、生ハムやパルミジャーノ・レッジャーノはスタッフが目の前でカットして提供。旬の味覚をふんだんに使ったピッツアやパスタメニューなど、イータリー厳選のワインやビールと一緒に味わえる。イタリア食品の販売やテイスティング&ジュースカウンターも隣接しているので、食事の前後にチェックしてみて。

英国式ティータイムがかなう「フォートナム・アンド・メイソン」

英国御用達として知られる名門ブランド初のコンセプトショップ。紅茶や焼き菓子などが揃うグローサリーとティーサロン、ベーカリーを併設する。落ち着いた内装のティーサロンでは、各種紅茶のほか、英国の伝統的スタイルで提供するアフタヌーンティーセットやスコーンセットなどを心ゆくまで堪能できる。

【OZで予約可】おすすめレストラン

24時間WEB予約OK!編集部が女性目線で厳選


コンシェルジュにギフトの相談ができる!本館の「日本橋食賓館」

alt

ギフトや手土産選びにおすすめなのが、本館地下1階の食品フロア「日本橋食賓館」。できたての総菜や、季節を楽しむ和洋菓子、定番の銘菓など、見た目も楽しいおいしいものが集結。独自の味覚と感性で日本各地から集めたお菓子のセレクトショップ「菓遊庵」や、店内厨房で焼いたパンが楽しめる「ジョアン」、世界の美食家に愛される「ケーファー」など、人気の味もラインナップ。世界各地よりバイヤーが厳選したワインや、日本伝統の"和酒"が揃う「ラ・カーヴ」も見逃せない。

買い物の合間に立ち寄れるカフェや、イートインスペースのある茶屋もフロア内に常設。英国旅行気分が味わえる「ジュリスティールームス」や、日本橋三越本店限定の「ヨックモック おためしカフェ」など魅力満載。同フロアには「パーソナルショッピングデスク」もあるので、ギフトに迷ったときは気軽に相談できるのが心強い。

編集部おすすめカフェ

英国伝統の紅茶に癒される「ジュリスティールームス」

2008年に本場英国でティールームの最高峰「トップティープレイス」を外国人で唯一受賞した「Juri's」の日本第1号店。Juri's特製スコーンや評判のケーキ類、そしてサンドウィッチを楽しめるフルアフタヌーンティーを提供。オリジナルブレンドの紅茶とともに、至福の時間を堪能して。

ここだけで楽しめる「ヨックモック おためしカフェ」

ヨックモックの百貨店第1号となるカフェ。タイルと木材を基調とした落ち着いた空間で、ヨックモックの魅力を季節のデセールとともに存分に楽しめる。ヨックモックの定番お菓子の販売も。

茶師が常駐する「日本橋 和の茶 伊藤園」

日本全国の希少なこだわりの茶葉(緑茶・紅茶・ウーロン茶)をはじめ、茶畑単位で考えたシングルオリジンのお茶などを扱う伊藤園の直営店舗。厚生労働省認定「伊藤園ティーテイスター」を取得した茶師が淹れたお茶のテイスティングも。イートインスペースでは、お茶会抹茶などを使用した和のスイーツが堪能できる。


季節の植物とグルメを満喫!屋上の「日本橋庭園」がリニューアル

alt

2019年5月にリニューアルオープンした本館屋上の「日本橋庭園」のコンセプトは、“つながりのもり”。皇居の豊かな森の植生にならって植物を配し、都市の中での自然とのつながり、人と植物とのつながりを目指した庭園に。「集いの広場」、「季節を映す水辺」、「遊びの野原」、「鎮守と伝統の杜」、「四季の森」の5つのゾーンと、盆栽のある生活を提案する「盆栽 清香園」で構成。さまざまなイベントなども開催される。

「集いの広場」では、世界の本場の味を気軽に楽しめる「フードコート」を期間限定で展開。屋上は19時まで開園しているので、ショッピングや食事の合間に立ち寄ってみて。

Information

アクセス/東京メトロ半蔵門線「三越前駅」A2(新館)またはA3(本館)直結、東京メトロ東西線・銀座線・都営地下鉄浅草線「日本橋駅」B9出口より徒歩5分、JR総武線「新日本橋駅」より地下通路で徒歩7分、JR山手線ほか「東京駅」日本橋口より徒歩10分
住所/東京都中央区室町1-4-1
営業時間/10:00~19:00、本館・新館地階~1Fおよび免税カウンター10:00~19:30、新館9F・10Fレストラン11:00~22:00

迷わずに行けるアクセス

最寄り駅は「三越前」、「日本橋駅」、「新日本橋駅」、「東京駅」。JR山手線ほか「東京駅」日本橋口からは、永代通りを神田駅方面に直進し、常盤橋を渡って、中央通りにぶつかった左手より徒歩約10分で到着

駐車場

営業時間:三越本店駐車場・パーキングビル駐車場 平日10:00~閉店時間15分前、土・日・祝日9:30~閉店時間15分前
駐車料金:30分250円
収容台数:自走式200台、機械式60台
※2000円以上のお買い物で1時間30分無料
※超過料金30分200円。割引は当日限り。一部対象外の店舗あり 

お子様連れに嬉しい設備

ベビーカー貸出し:本館1F 室町口案内所・南口アーケード、新館1F 日本橋口案内所、パーキングビル1F 機械式駐車場
おむつ替え用ベビーベッド(シート)設置化粧室:【男性化粧室】本館B1F、本館5F、新館B1F、新館3F、新館7F、【女性化粧室】本館B1F、本館2F(紳士用品側)、本館3F、本館4F、本館5F、新館各階(1Fを除く)
ベビーキープ設置化粧室:【男性化粧室】本館B1F、本館1F、6F(劇場側)、本館7F、新館各階(B1F・1Fを除く) 、【女性化粧室】本館B1F、本館1F、本館7F、新館各階(1Fを除く)
ベビー休憩室(授乳室):本館7F
多機能化粧室:本館B1F、本館1F、本館2F(紳士用品側)、本館5F、本館7F、新館各階

  • LINEで送る

TOP