オズマガジン最新号「東京ローカルさんぽ」本日発売

オズマガジン11月号「東京ローカルさんぽ」

更新日:2020/10/19

こんにちは。オズマガジン編集部のトミナガです。薄手のコートをおろして、すっかり秋モードです。

本日は、オズマガジン最新号「東京ローカルさんぽ」特集の発売日です。大勢の人が乗り入れるターミナル駅から少しはずれた、どこかほっこり落ち着くローカルなエリアを中心に特集しました。そんな最新号の見どころをこちらで少しお届けします。

オズマガジン

どこかほっと落ち着く18の町をお届け

今回、オズマガジンが注目したのは東京にある18の町。ターミナル駅より2、3駅となりの駅やローカル線の駅周辺など、いつもより注意深く、隅々まで歩いて楽しかったさまざまな町をご紹介しました。

最新号でひとつめに登場するのは「西荻窪」。こちらはそこかしこにノスタルジーを感じる町です。

表紙でも登場したレトロな喫茶店「それいゆ」、銭湯「天狗湯」をはじめ、町で長く愛される老舗から、古い木材を配置したどこか懐かしい空間が特徴のシュウマイ専門店「シュウマイルンバ」など個性的な新店までいろいろ。

歩くほど落ち着く光景が広がり、何度でも帰ってきたくなる町でした。

各町では、お店の紹介だけでなくMAP上に巡り方のコツや、神社、美術館といったプチ名所もお届けしています。こちらもあわせて町巡りをお楽しみください。

じわじわ盛り上がりを見せる日本橋兜町も注目です

証券会社が多く立ち並び、金融の町としてビジネスマンが闊歩する日本橋兜町にも新たな風が吹いています。

旧第一銀行別館をリノベーションしたスタイリッシュなホテル「K5」の開業を皮切りに、ユニークな新店も相次いで誕生。

例えば、日本初上陸のスウェーデン発のクラフトビアバー「Omnipollos Tokyo」や、ナチュラルワイン専門の角打ちの店「Human Nature」、有名店で研鑽を積んだ若手シェフによるパティスリー「ease」などジャンルも幅広く粒揃い。

さらに、既存のお店も隠れた名店が多数。長く愛され続ける老舗喫茶店「珈琲家」や洋食店「バンボリーナ」は、重厚な扉で少しドキドキしますが、思い切ってドアを開けたらどこも居心地がよく、近隣のビジネスマンや地元住民でにぎわう憩いの場でした。

ハレの日にめざして行きたい店から、日常的に通いたくなる店まで狭い範囲に多彩な店が集まる日本橋兜町、こちらも必見の町です。

このほか、今年オープンした長谷川町子記念館が注目のサザエさんの町・桜新町や、クラフトの町・蔵前やセレクトショップ、ビンテージショップをはじめスペシャルな1点ものに出会える学芸大学~祐天寺などエリアもまんべんなくお届けします。他のエリアも要チェックです。

編集後記

最新号の制作がスタートしたのは、今よりもっとお出かけに制約がある状況でした。気分転換に近所をさんぽする時間も増えて、通ったことのない路地や、歩いたら意外と身近だったとなり町をたくさん歩きました。すると、今まで認識していた東京という町の印象をガラリと変えるような景色や出来事がありました。

東京は、人が多く、ピカピカの高層ビルが立ち並び、自然が少ない…。どこかちょっぴり冷たいイメージを抱いていましたが、つぶさに町を見つめてみたら、案外古い建物が残っていたり、住宅街に入った途端、緑豊かな小道が広がっていたり、人同士のつながりが強かったり。今まで気づかなかった思いがけない発見が新鮮でワクワクしました。

東京は今、ローカルがおもしろいです。あなたの住むお近くの町も、じっくりすみずみまで歩いてみてはいかがでしょうか。きっと新しい発見があるはずです。それでは今週もいい1日をお過ごしください。

目次

【10/12(月)発売】オズマガジン「東京ローカルさんぽ」(2020年11月号)

今月は「東京"ローカル"さんぽ」と題して、この大都会をいつもより注意深く、すみずみまで、先入観なく、見るようにしてみました。すると、今まで知っていた東京とは、少し違った顔が見えてきたような気がします。東京は今、ローカルがおもしろい。オズマガジンが考える新しいよりみち案内、どうぞお楽しみください。

OZmagazine読者プレゼント

【読者アンケート】
アンケートに答えると抽選で素敵なプレゼントが当たる!

【プレゼント】
エスビー食品「FAUCHONシーズニング」セット 5名様
バスクリン「日本の名湯」シリーズ 5名様
エチゴビール「ホップが躍る晴れ晴れエール」9名様
パイロット「フリクション」ボディ&リフィルセット 10名様
ナルーク「ヘアクリーム」3名様
マルマン「ルーズリーフセット」1名様
イプサ「ザ・タイムR アクアオイル」1名様

定期購読

キャンペーン実施中!お得な定期購読

月額払いなら始めの3号が50%OFF!さらに購読期間中はデジタル版が実質無料!

お詫びと訂正

オズマガジン11月号(10/12発売)の掲載記事に誤りがありました。P63「COFFEE葵」様の営業時間は、正しくは8:00~です。関係者ならびに読者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びし、ここに訂正いたします。

NEXT ISSUE 次号予告

次号は「今こそホテルへ。」 2020年11月12日発売

思うように旅や遠出がかなわない日々ですが、ホテルなら東京に居ながらにして、ひとときの"非日常"を味わうことができます。ホテルで過ごす時間は旅のようであり、ひとりの時間も、女子会も、1杯のお茶も、日常のそれとはまったく違う特別な時間。新たに誕生したホテルを中心に「ホテルに泊まろう編」、「使えるホテルグルメ編」に分けてお届けします

●非日常を味わうホテルでプチ旅 ●今こそ仲間とおこもり女子会 ●絶対見たいホテルの絶景 ●コバレ気分のホテルランチ ●優雅な午後はアフタヌーンティー ●日常使いのホテルラウンジ ●ケーキ&テイクアウトグルメ and more !

※特集内容は予告なく変更になる可能性があります

雑誌「OZmagazine」は、日々の小さなよりみち推奨中。今日を少し楽しくする、よりみちのはみだし情報をWEB上で配信していきます。TwitterやInstagramでも、編集スタッフの取材裏話や最新ニュースなどを随時更新しているので、ぜひフォローよろしくお願いします。

  • LINEで送る

TOP