この時代にあえて“隔てない”⁉進化した「すみだ水族館」の魅力。通常は見られない飼育作業も間近で

すみだ水族館

ペンギン、オットセイから、チンアナゴ、金魚まで多彩な水棲生物に出会える「すみだ水族館」。2020年7月のリニューアルで、ますますパワーアップしたクラゲの展示エリアなどにも注目を。館内にはカフェがあり、ベンチで水槽を眺めながらスイーツやお茶を楽しめる。そんな「すみだ水族館」が、生きものと人との距離を縮めるために行っている、さまざまな取り組みをご紹介します。

更新日:2021/02/17

すみだ水族館
8年連続でペンギンの赤ちゃんが誕生しているすみだ水族館。ちょっぴり泳ぎがぎこちないのは子供ペンギンのおもち1歳。

生きものと距離が縮まる。居心地のいい水族館

「近づくと、もっと好きになる」をコンセプトに、生きものと人との距離を縮める、さまざまな取り組みを行ってきた「すみだ水族館」。昨夏には、そのコンセプトのもと、「隔てない」をテーマにリニューアル。上部開放型のクラゲの水槽や、通常はバックヤードで行う飼育作業を間近で見られるエリアなどが新設され、さらに興味深く、生きものたちに親しめるようになった。

そんな一体感は、館内の至る所で感じられる。屋内開放型プールには、水中に飛び込んで勢いよく泳いだり、プカプカ浮いていたりする、ありのままのペンギンたちの姿。水槽の前に佇んでいると、フレンドリーなスタッフが、さりげなく声をかけて解説してくれる。

順路がなく、自由に巡れる館内には椅子があちこちに。公園にいる気分で気ままに過ごせるため、スーツ姿のビジネスパーソンや女性のひとり客など、客層もボーダレス。隔てないひとときを楽しみに出かけてみて。

すみだ水族館

“ゴハンタイム”はショーのような迫力。ごはんの準備もすべてオープンに

岩の上と水槽前のスタッフが声を掛け合い、誰がどのくらい食べているかなど確認。水しぶきが飛んだり、息遣いが聞こえたりする距離で楽しめ、臨場感たっぷり。

飼育スタッフがブースの中で魚をさばくこちらは、新設されたアクアベースの「キッチン」。生きものの食欲や体調に合わせてごはんを用意する姿が間近で見られる。

Q.館内がなんだか明るく、楽しい雰囲気。そのひみつはなんですか?

A.お客様とのコミュニケーション力が身につくよう、実は飼育スタッフの全員がプロの演出家に指導を受けています。学んだことはお客様に約15秒間でいきものについて解説する「ちょっとチャット」や「ゴハンタイム」で実践。いきものを引き立てる動作や雑音にならない発声法も教わっています。また、48羽のペンギンには皆名前があり、甘えん坊、小心者、怒りっぽい・・・・性格もさまざま。意外とややこしいペンギン社会は人間さながらで、友情や恋愛事情も。水槽前にそんな彼らの相関図を展示したりと、身近に感じてもらえるよう工夫しています。(飼育スタッフ海獣担当/高嶋さん)

すみだ水族館

真上からダイレクトにクラゲを観察。生後0日のクラゲも間近で!

2倍に拡大したクラゲエリアには、長径7mの楕円形水盤水槽「ビッグシャーレ」が登場。上部にアクリル板がないので、海に浮かぶクラゲを眺めているよう。

新設のアクアベースにクラゲの繁殖や成長過程などを公開する「ラボ」を移設。ガラスの囲いがなくなり、さらに間近に観察できるように。スタッフの解説も楽しい。

すみだ水族館
オットセイがフロアをおさんぽ(爆走)しながら、ゴハンタイムをすることも。飼育スタッフが健康チェックを行う大切な時間でもある。

OZmallからのお願い

新型コロナウイルスの影響により、イベントの中止・変更、ならびに施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策にご協力のうえ、思いやりを持った行動をお願いします。

※オズマガジン2021年3月号「癒しのどうぶつ」記事を一部転載 
※掲載店舗などの情報は、取材時と変更になっている場合もございますので、ご了承ください

スポット名
すみだ水族館/とうきょうスカイツリー
電話番号
0356191821 0356191821
住所
東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン ソラマチ5・6F
営業時間
10:00~20:00、日・祝日9:00~21:00 ※各閉館60分前最終入館
定休日
なし
交通アクセス
とうきょうスカイツリー駅よりすぐ、押上駅より徒歩5分
生きものの種類数
約260
OPEN
2012年
料金
2300円

オズマガジン2021年3月号は「癒しのどうぶつ」特集

オズマガジン2021年3月号は「癒しのどうぶつ」特集

変化や悩みが尽きなかったこの1年、どんなときも私たちに癒しと笑いをくれたのが「どうぶつ」たちでした。モフモフ、ぬくぬく愛らしい姿はもちろん、本能的に生きる彼らの姿は、私たちの日々に学びや気付きを与えてくれます。工夫が凝らされた動物園や水族館、触れ合いカフェには、大人も楽しめる見どころもたっぷり。ご期待ください!

※新型コロナウイルスの国内状況により、店舗・施設の営業時間の短縮や臨時休業、座席数の変更などがある場合がございます。最新の情報は、各店舗・施設にご確認ください

発売日/2021年2月12日(金) 価格/800円

PHOTO/AYUMI OOSAKI、WRITING/YOSHIE NAKAMURA(JAM SESSION)

  • LINEで送る