【かいじゅう屋】江戸川区に移転オープン!家族の絆が紡ぎ出す深くて優しい味わいが人気のパン屋

かいじゅう屋店主メロンパン

おいしいだけにとどまらない、心も体もほっこり温まるやさしい想いを持つ店主たち。そんなぬくもりに出会える店をクローズアップしてお届け。今回は光に包まれ気持ちよさそうにパンが並ぶ「かいじゅう屋」。葛西駅からバスに乗車し、最寄のバス停からは徒歩5分。そこには、わざわざ通いたくなるパンが待っている。

更新日:2021/03/15

かいじゅう屋店主、食パン、山食
穏やかな橋本ご夫婦。パン職人の宣之さんと、焼き菓子を担当する美香さん。店には愛らしいまるぱんやカボチャ風味ロールなどが並ぶ。美香さんの故郷・能登の塩や酒粕を使ったクッキーも人気。

家族一丸となって生み出したパンの世界

土手の芝草がそよそよと風にゆれ、抜けるような青空にときおり鴨やカモメが飛び交う。そんなほのぼのとした川のほとりに新しく根をおろした「かいじゅう屋」。

「約20年ぶりに帰ってきた江戸川は僕にとって“居るべき場所”だと感じています。そして、パン屋としてスタートラインにやっと立てた気がします」と話す店主の宣之さん。創業の地・目白も移転先の立川も、発酵に時間をかけるため週3〜4日のみの営業だが、いずれも熱烈なファンを集めた。そんな人気店が、故郷である江戸川に移転したのは2020年の秋のこと。これまではカンパーニュなどハード系の、小麦と酵母をとことん突き詰めたシンプルなパンを焼き続けてきた。そんな食事パンに加え、新天地ではふんわり甘くやさしげな菓子パンも並んでいる。

かいじゅう屋メロンパン、かいじゅう屋新聞
どっしりしたパン、ふんわり食パン、ミルキーなコッペパン。複雑な製法をあえて選び、それぞれのパンの個性を際立たせている。

そんな人気店が、故郷である江戸川に移転したのは2020年の秋のこと。これまではカンパーニュなどハード系の、小麦と酵母をとことん突き詰めたシンプルなパンを焼き続けてきた。そんな食事パンに加え、新天地ではふんわり甘くやさしげな菓子パンも並んでいる。

「環境が変わって執着や力みが消え、食べ手に寄り添ってパンの幅も広がりました。パン好きの方はもちろん、誰もがまた食べたいと思えるパンを今は焼きたい」。

メロンぱん(270円)。発酵バターをリッチに使った皮は何度も改良を重ねた傑作で、アーモンドプードルのザクっと感が印象的。バニラが香るふわふわのパン生地と相性抜群!

その象徴とも言えるのがメロンぱん。娘のはなちゃんが「お店の名物を作らないと!」とメロンパンの理想の皮のレシピを探し出し、自分でも実際にパンを焼いてプレゼンしてくれたそう。はなちゃんはなんと、まだ小学6年生。

「どうやったらお客さんが喜ぶかもっと考えなきゃだめ!って、お父さんのお尻を叩くの」と笑って話すパートナーの美香さん。宣之さんは苦笑いしつつも、はなちゃんの作ったアレンジなしの素直なパンにおもしろさを感じたり、新しい発見があったり。はなちゃんのレシピを夫婦ふたりでブラッシュアップし、試行錯誤して名物のメロンぱんが誕生したのだ。ニッキが鮮烈に香るシナモンロールも親子コラボで生まれたヒット作。

はなちゃんが毎月のおすすめを紹介する「かいじゅう屋新聞」。おいしそうなイラストやコメントを読むとパンが猛烈に買いたくなる!

家族一丸、食べる人の喜ぶ顔を思い作られたパンたちは、これからもどんどん種類を増やし、きっとこの町で長く愛されていくのだろう。家族とともに成長を続けるかいじゅう屋のパンは、ふんわりやさしくてどこか幸せな味がした。

OZmallからのお願い

新型コロナウイルスの影響により、イベントの中止・変更、ならびに施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策にご協力のうえ、思いやりを持った行動をお願いします。

※オズマガジン2021年1月号「しあわせのパン」の記事を一部転載 
※掲載店舗などの情報は、取材時と変更になっている場合もございますので、ご了承ください

かいじゅう屋店舗
スポット名
かいじゅう屋 カイジュウヤ
電話番号
なし
住所
東京都江戸川区江戸川5-31-3
営業時間
11:00~18:00 ※売り切れしだい終了
定休日
月・木・日・第3土曜 
交通アクセス
葛西駅より、「新小岩駅前行き」ほか都営バスで「江戸川五丁目」下車、徒歩5分

オズマガジン2021年1月号は「しあわせのパン」特集

オズマガジン2021年1月号は「しあわせのパン」特集

お腹も心もあたたかく満たす、身近な小さな幸せの最たるものであるパンが盛り上がっています。素材やシェフのクオリティも高まり、専門化・多様化した新店も続々。アレンジレシピやバターやジャムとの相性で、可能性は無限大に。今行きたいパン屋さんガイドと、パンのおともや道具、グッズまで、広がるパンの楽しみ方をまとめてお届けします。

発売日/2020年12月11日(金) 価格/700円

※新型コロナウイルスの国内状況により、店舗・施設の営業時間の短縮や臨時休業、座席数の変更などがある場合がございます。最新の情報は、各店舗・施設にご確認ください。

PHOTO/MASAHIRO SHIMAZAKI、WRITING/KAORI MINETSUKI

  • LINEで送る