東京が舞台の芸術祭「東京ビエンナーレ2020/2021」が開幕|STEP4【作品から見えてくる未知なる東京】

「Praying for Tokyo 東京に祈る――「ひかりのことづけ」」宮永愛子

「Praying for Tokyo 東京に祈る――「ひかりのことづけ」」宮永愛子

コロナ禍による延期を乗り越え、東京の街を舞台にしたアートの祭典「東京ビエンナーレ2020/2021」が、2021年7月10日(土)~9月5日(日)に初開催! 「見なれぬ景色へー純粋×切実×逸脱ー」をテーマに掲げ、街のさまざまな場所に点在する60以上の作品を回遊しながら楽しむことができる。今回はビエンナーレの核心を体現するプロジェクト「Praying for Tokyo」をはじめ、世界的アーティストの作品に注目。

更新日:2021/07/12

▽東京ビエンナーレ見どころガイド

◆STEP1【東京ビエンナーレの楽しみ方】

◆STEP2【アートとARで未知なる世界へ】

◆STEP3【イーストトーキョーに新たな光を当てる注目のプロジェクト】

◆STEP4【作品から見えてくる未知なる東京】←今読んでいるのはこちらの記事

ビエンナーレの核心を体現する「Praying for Tokyo」

「Praying for Tokyo 東京に祈る――「Well Temperament 良律」」柳井信乃
「Praying for Tokyo 東京に祈る――「Well Temperament 良律」」柳井信乃

東京ビエンナーレ総合プロデューサーの小池一子さんがキュレーションを担当する「Praying for Tokyo ー東京に祈る」は、東京ビエンナーレの核とも言えるプロジェクトのひとつ。湯島聖堂や蔵前の寺院にあるギャラリーを舞台に、3人の女性アーティストとともに過去を鎮魂し、未来へ捧げる祈りの空間を作り出す試みだ。

「関東大震災や東京大空襲。東京でビエンナーレをするからには、過去の災禍で失われた命にもきちんと向き合わなくては、と考えました。その言葉に、信頼するアーティストたちが感応してくださったのです」と小池さん。

街は過去の積み重ねでできている。その事実をあらためて見つめ、今を生きる私たちができることに思いを巡らせてみては。

世界的アーティストが続々。その作品から見えてくる未知なる東京

内藤礼《無題》2009(2008~)神奈川県立近代美術館 Photo by 畠山直哉
左/内藤礼《無題》2009(2008~)神奈川県立近代美術館鎌倉 Photo by 畠山直哉

「Praying for Tokyo 東京に祈る――『わたしは生きた』」内藤礼

美術家・内藤礼によるPraying for Tokyoプロジェクト。蔵前・長応院の墓地にある東京大空襲の慰霊碑に水を捧げ、境内のギャラリー「空蓮房」には最小の彫刻「ひと」を配置する。

「Praying for Tokyo 東京に祈る――『ひかりのことづけ』」宮永愛子
宮永愛子『漕法 II』2019 四世代で採取された13トンのサヌカイト、ミクストメディア Photo by 木奥恵三 (C)MIYANAGA Aiko, Courtesy of Mizunuma Art Gallery

「Praying for Tokyo 東京に祈る――『ひかりのことづけ』」宮永愛子

宮永愛子、柳井信乃の祈りの空間はともに湯島聖堂に。

「球体9」立花文穂
「球体9」立花文穂

「球体9」立花文穂

本や文字、紙などにまつわる作品を作り続ける立花文穂は、自身が手がけるビジュアルマガジンの最新号を発表。

「東京影絵クラブ」川村亘平斎+宮本武典
「東京影絵クラブ」川村亘平斎+宮本武典

「東京影絵クラブ」川村亘平斎+宮本武典

影絵師の川村亘平斎とキュレーターの宮本武典が、東京に暮らす外国人60名から聞き取ったオーラルヒストリーを影絵作品としてビジュアライズ。幻想的な映像から、多国籍化の進む東京の未来への道筋が見えてくる。

「陸前高田2011-2020」畠山直哉
「陸前高田2011-2020」畠山直哉

「陸前高田2011-2020」畠山直哉

家族が東日本大震災で被災したのを機に、地元・陸前高田を9年間撮影してきた畠山直哉。東京ビエンナーレでは、その膨大な写真のコンタクトプリントを展示予定(会場未定)。

【OZmallからのお願い】

新型コロナウイルスの影響により、イベントの中止・変更、ならびに施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策にご協力のうえ、思いやりを持った行動をお願いします。

※オズマガジン2021年8月号「アートなおでかけ」の記事を一部転載 
※掲載店舗などの情報は、取材時と変更になっている場合もございますので、ご了承ください

イベントDATA

イベント名
東京ビエンナーレ2020/2021
開催場所
東京都中央区、千代田区、文京区、台東区の歴史的建造物や学校、道路、水辺など60カ所以上
開催日程
2021/7/10(土)~9/5(日)
チケット
パスポート2500円
※各地に点在するオフライン作品、AR作品や音声、動画が体験可能
※ほか作品ごとの個別鑑賞券500円もあり
ホームページ
東京ビエンナーレ 公式HP

オズマガジン2021年8月号は「アートなおでかけ」特集

オズマガジン2021年8月号は「アートなおでかけ」特集

見て楽しい美術館、触れて驚きの展覧会、わくわくが止まらない芸術祭など、今絶対に見逃したくないとびきりのアートをご案内します。アートの見方をちょっと知ると、世界の味わいは大きく変わる!? 奥深くも楽しいアートの世界を、一緒に体験してみませんか。

●今行きたいアートなおでかけ
●ハリー杉山さん&長濱ねるさんと実践するアートの楽しみ方
●チームラボが手がけるアート×サウナの没入体験
●美術漫画の金字塔『ブルーピリオド』の世界
●青森、金沢、越後妻有ほか“アートな旅”

  • LINEで送る