オズ編集部によるホテル特集の裏話

こちらはホテル特集の表紙にもなった「マスタードホテル渋谷」のカフェでのひとコマ。日本人も外国人もすっかり虜になってしまう朝食がいただけます

このページでは、毎号のオズマガジン制作の編集後記のような、こぼれ話のような、誌面に載せきれなかったサイドストーリーを編集部員が少しずつご紹介しています。今回はクリヤマがホテル特集についてお届けします。

更新日:2018/11/21

こんにちは。編集部員のクリヤマです。いよいよ冬ですね。寒いとつい下を見てしまいますが、今朝ふと視線を上げたら冬の澄んだ空に飛行機雲が伸びていて気持ちがいい朝でした。

先週より発売中のオズマガジン最新号は、約10年ぶりのホテル特集。たくさんの方に手に取っていただいているようです。ありがとうございます。今回の特集では泊まるのはもちろんのこと、泊まるだけではないホテルの楽しみ方もたくさんご紹介しています。

たとえば、泊まるには少し手が届かないという憧れのホテルでのアフタヌーンティーやブッフェ。ほんの少しの時間だけでも、ハイクラスの味とホスピタリティあふれるサービスを体験でき、特別な気持ちになれるよりみちです。

すっかりホテルに魅了された編集部では、編集長の井上が家族で食事に、タキセが母娘でアフタヌーンティーにと、すっかりホテル時間が流行っています。わたしも先月ホテルのバーデビューを果たしました!

誌面ではほかにも、東京に住んでいてもわざわざ泊まりたい体験ができるホテルや、最近増加中のホステル宿泊実録などなど、ボリューム満点でお届けしています。今日はそんな特集の裏話をひとつお届けしようと思います。

物語が生まれそうだ~といつもうっとりしてしまう、東京駅舎内の東京ステーションホテル。会社のすぐそばですが何度見てもうっとりします

ホテルという特別な場所

毎日世界中からゲストが泊まりに来たり、お茶を飲みに来たりと、さまざまな人が行きかうホテルは、その多様性ゆえに映画や小説の舞台になることも多いです。

たとえば、『THE有頂天ホテル』や『グランド・ブダペスト・ホテル』といった映画や、『マスカレードホテル』とか『羊を巡る冒険』といった小説。ホテルを舞台にした作品やホテルが出てくる作品に、みなさんもひとつくらい触れたことがあるのではないでしょうか。

国内外問わず旅行先で泊まったホテルや、昔懐かしの修学旅行、結婚式…などなど、折に触れてホテルで過ごした記憶が物語と重なるなんて方も多いかもしれません。あなたにとってのホテルは、どんな印象ですか。

先日訪れた山の上ホテルで食べた小海老のロングマカロニグラタン。食べきれないほど大きなアツアツグラタンは、まさに至福

1部屋ずつに物語がつまっています

家族連れやカップル、日々飛び回るビジネスマンやおひとりさま・・・、国内外問わず多くの人が、それぞれの日常から一瞬だけ離れ時間を過ごす場所がホテルです。

わたしがホテルのカフェでドリアを食べているとき、ある部屋では明日の商談に向けひとりでスピーチを練習する大人がいたり、またある部屋では結婚式を迎える女性が両親との時間をかみしめているかもしれません。

ある部屋で、初めて日本を訪れた外国人の夫婦が寝息を立てているとき、またある部屋では、お誕生日のお祝いに訪れたカップルがケーキを仲よくつついているかもしれません。そしてそのそれぞれの物語の裏側には、ゲストの1日が幸せなものになるようにと準備を整えるスタッフさんもいることでしょう。

世界中の多くの人が行きかうホテルには、日々たくさんの小さなドラマが生まれます。それぞれの窓から漏れる灯り一つひとつには、その日、そのときだけの物語が宿っているのです。

ということで、実際のホテルの1日を撮影しました

そんなドラマの一端でも感じられたらいいな!と思って、今回は実際にホテルを訪れ、ある1日のゲストを写真に撮るという企画を行ってみました。

ご協力いただいたのは、渋谷にこの秋開業したばかりのマスタードホテル渋谷。海外のアーティストを招いてのイベントや展示をしているだけあり、外国人ゲストがたくさん訪れていました。

朝からフロントに陣取り、通りかかるゲストに声をかけて写真を撮影。それぞれが世界のどこから、なんのために日本に来たのかをインタビューしてみました。

※写真は、アメリカから来たアーティストで「ランチパック」が大好きなアレックス! 今回の取材でわたしがいちばん気に入っている写真です。

本当にドラマがたくさんありました

こちらの写真はメキシコからきた姉妹。取材日の前日の夜に日本についたそうで、ちょっと朝寝坊して登場したあと、どこに行こうか相談しながら朝ごはんを食べていました。

おにぎりが大好きなシャイデさんとそのお姉さん。たった2日間のステイに出くわし撮影させていただいたので、今頃はメキシコのそれぞれの日常に戻っているのかと思うと、少し感慨深いです。

ほかにも15人ほど、普段は世界のさまざまな場所でそれぞれの人生を生きている人が、ほんのつかの間羽を伸ばしホリデイを過ごしたり、新たな仕事のチャレンジに来たり・・・。たくさんの1日に触れることができました。

日本大好き!と取材に快く協力してくれた素敵な方々の笑顔が詰まったページ。ぜひご覧いただけたら幸いです。写真を撮影してくれたのはフォトグラファーの田尾沙織さん。『TRANSIT』などの旅雑誌や広告のお仕事のほか、写真集などでも活躍されている魅力的な女性です。

みなさんもホテルで、いい1日を。

泊まるだけではもったいない、楽しみ方がたくさんのホテル。友達との食事や打ち合わせの約束、両親や家族とのイベントごと。今までカフェや街のレストランで過ごしていた体験を今度はホテルを舞台にしてみてはいかがでしょうか。

オズモールでも、現在ホテルを特集中。こちらも併せてお楽しみいただけたら幸いです。

たくさんの人のドラマが詰まったホテルという空間。すこしマニアックですが、行きかう人を眺めながら、ぼーっとひとりずつの背景を想像してみても楽しいですよ。(わたしは空想癖があるので、勝手に人の背景を想像するのが大好きです!)

いつもよりちょっと特別な体験が待っているホテル時間。ぜひお楽しみください。今月もどうぞ、いい1日を。体験できた素敵な思い出をお聞かせいただけたら嬉しいです!

OZmagazine12月号「ホテルの楽しみ方」特集

現在発売中のオズマガジン12月号は「ホテルの楽しみ方」大特集! 泊まらなくても満喫できるホテルの使い方から、最新ステイ情報、そして注目のホステルやゲストハウスまでを完全網羅。1冊あれば何度も使える完全保存版です。

発売
2018年11月12日(月)
定価
593円+税
販売場所
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店などで発売
購入はこちらから

雑誌OZmagazineは、日々の小さなよりみち推奨中。今日を少し楽しくする、よりみちのきっかけを配信していきます。

OZmagazine WEB よりみちじかんTOP

  • LINEで送る