オズマガジンムック「ひとり中央線 各駅さんぽ」

更新日:2018/03/29

オズマガジンムック
オズマガジン

 ひとりでふらりと出かけても、素敵なおさんぽコースがみつかる「ひとりさんぽ」のガイド本シリーズ第2弾。今回の特集は「中央線ひとりさんぽ」です。最近、中央線がにわかにおもしろい!と聞きつけ、小さな路地に入り混じる、個性的な個人店や新旧の名店を取材してきました。ひとつの町をじっくり巡ったり、会社帰りに寄ったり楽しみ方が無限大で、よりみちに最適な中央線歩きを紹介。また、ひとり時間を心地よく過ごすためのヒント「ひとりMEMO」も付いているので、ひとりさんぽに嬉しい情報も満載です。付録には、地図と情報が1冊になった「mini中央線よりみちノート」付きなので、持ち運んで自由に書き込んでひとりさんぽの思い出作りや相棒として活用して!

オズマガジンムック「ひとり中央線 各駅さんぽ」

発売:2018年3月29日(木)
定価:880円+税

見どころ紹介

こんな気分や時間のときに使えます

 例えば、ドタキャンされて急に予定があいてしまったり、すっかり朝寝坊してしまった休日など、誰かを誘うには急だし、めんどうだなーという時間や気分のときを想定しています。1日を無駄にするのもなんだか気が引けるし、暇だし、というときに役立ててください。あまり遠出の気分でないときはふらりと東側の新宿方面を、プチ旅行気分を味わいたいときは少し気合を入れて西側の立川方面へ・・・。中央線は気分次第でエリアを選べるのでおすすめです。気軽に使ってよりみちしてください。

紹介するのはこんな16駅

 最近さんぽがおもしろいとウワサの、大久保駅~立川駅の16駅を東側から路線順に紹介。もともと中央線はユニークな個人店や新旧の名店、路地も多くさんぽにぴったりな沿線です。今回はこれまで以上に個性とカルチャーを大事にしたカフェや雑貨、古書店など、いろいろな店をぐるぐる巡るのが楽しいとにわかに注目の11駅、そして途中下車してでも食べたいランチの名店や新店のが続々の5駅を紹介。ひとつの駅を1日巡るもよし、隣駅まで歩くもよし、会社帰りにさくっと立ち寄るもよし。ご自分の予定にあわせて楽しんでください。

駅ごとにさんぽテーマを設定

 せっかくひとりなので、16駅でやりたいことを明確に設定してみました。例えば、中野なら女子も楽しめるサブカル巡りで新鮮な体験するとか、荻窪~西荻窪だったらレトロかわいい雑貨やスイーツ探してぐるぐる。2駅間を20~30分ほど歩くのは、よりみちするにはさほど遠くはないはずです。またひとりの時間を心地よく過ごすためのヒント「ひとりMEMO」も付いているのでさんぽの参考に。ひとりだからこそ、あえて普段の自分がやりそうもないことに挑戦してみるというのも、さんぽ旅の楽しみのひとつだと思います。

付録のミニよりみちノートで思い出を記録

 中央線16駅のMAPと6つの編集部おすすめスポット付きの32ページのノートが付録です。急に思い立って出かけても、ひとりでどこにいったらいいか悩んだり、迷ったりしないよう編集しました。また、そこでしか感じ取れない町並や人、坂道などいろいろな表情を地図に書き込んでも。バッグの入れて持ち運んで、さんぽの思い出や相棒として大切な存在になるはずです。気を遣う相手もいないので、自分がとことん楽しめるさんぽを追求してください。それでは次の頁から中央線ひとりさんぽをご案内します。中央線で、いい1日を。

目次

mokuji
  • LINEで送る

関連キーワード

TOP