オズマガジンムック「楽しい! ひとり京都」

更新日:2017/12/29

オズマガジンムック
オズマガジン

 “ひとり旅”が女子たちの間で注目されているようです。SNSの普及でひとりでも暇や寂しさも感じず、スマホで調べればたいていのことに困らなくなり、ひとり旅がぐっと身近になりました。また忙しい女子たちにとって、誰かとの予定の調整もいらず、自由に気ままに過ごせる、ひとり旅は最高の贅沢になっています。そこで、ひとりでふらりと出かけても、楽しいおさんぽコースがみつかる「ひとりさんぽのガイド本」を作りました。第1弾は「京都ひとりさんぽ」です。私たちがひとり旅をするなら?という視点でおすすめのさんぽルートを考えました。以下の使い方を参考に、ぜひ素敵なひとり旅&さんぽを楽しんでください。

オズマガジンムック「楽しい! ひとり京都」

発売:2017年12月29日(金)
定価:880円+税

見どころ紹介

ひとりで楽しみたい、というときに

 四季を通じて違った顔が垣間見れる魅力的な町の京都。季節ごとに訪れたくなる場所です。寺社仏閣を巡って一日の締めにはおいしいカレーとか、とにかくあんこの和菓子店を極め、夜はカウンター肉バルでゆっくりとか・・・自由気ままにひとり旅を楽しみたい!という気分なときに役立ててください。伝統を守る一方で、リノベや商業施設の新オープンなど、新旧のどっちも受け入れてくれる懐の広い京都だからこその、ひとりでふらりと行っても十分楽しめるコースを紹介しています。

紹介するのはこんなエリア

 まずは、ひとりでも迷わずにアクセスしやすいエリア。そして公共交通機関だけで巡れる。車の運転ができなくても楽しめるところを選びました。桜や紅葉を鑑賞でき、王道だけど穏やかな空気の流れる観光スポットから、京都の日常を感じられる風情ある街まで、にぎやかすぎず、寂しすぎずのエリアです。ひとりでいることを過度に意識せずにすむと思うので、構えずに訪ねてみてください。1~2泊を想定していますが、忙しければ始発の新幹線に乗って10時間くらい京都に滞在できる日帰りもおすすめです。

ひとりMEMOを参考に新鮮な旅に

 ひとりなので、各エリアでやりたいことを明確に設定してみました。例えば鴨川だったら、川沿いのカフェをはしごしてカフェやサンドイッチをテイクアウト。地元人気分でピクニックを楽しむ旅。出町柳では、カルチャースポットをぐるぐる巡りってひと味違う京都の一面をふれる旅・・・。ひとりの時間を心地よく過ごすためのヒント「ひとりMEMO」も付いているので旅の参考に。ひとりだからこそ、あえて普段の自分がやりそうもないことに挑戦してみるというのも、旅の楽しみのひとつだと思います。

付録のミニよりみちノートで思い出を記録

 本誌で紹介した6大エリアのカフェや雑貨店、観光スポットなどを網羅した32ページの地図付きノート。ひとりでどこにいったらいいか悩んだり、迷ったりしないよう編集しました。また旅の出発前から楽しんでもらえるようなスケジュール頁のほか、困ったときの連絡先リストや路線図もつけました。これで出発前~帰宅まで準備はばっちり。ひとり旅の思い出や相棒として大切な存在になるはず。気を遣う相手もいないので、自分がとことん楽しめる旅を追求してください。京都で、いい1日を。

目次

mokuji
  • LINEで送る

関連キーワード

TOP