芋おこわに、ちりめんじゃこ。秋の「おはぎコレクション」で見つけた変わり種の味は?|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. 芋おこわに、ちりめんじゃこ。秋の「おはぎコレクション」で見つけた変わり種の味は?|ニュース
OZニュース

【グルメ】 期間限定メニュー

芋おこわに、ちりめんじゃこ。秋の「おはぎコレクション」で見つけた変わり種の味は?

2014年9月10日(水)時計アイコン17:00コメント 086

芋おこわに、ちりめんじゃこ。秋の「おはぎコレクション」で見つけた変わり種の味は?

秋の美味しい風物詩おはぎは、誰もが一度は食べたことがあるおやつ。もち米をあんで包んだおなじみの味が、ご当地の食材を使ったり、小豆の濾し方やもち米のつき加減を微妙に変えたりして、美味しく進化しているのを知っていた?

そこで全国からおはぎが集結する「おはぎコレクション」が開催される日本橋三越本店へ。こちらの和菓子担当の石﨑さんが「定番のおはぎと食べ比べて、どこまでがおはぎで、なにをもっておはぎなのか? 改めて“おはぎ”という存在を考えさせられた」という、驚きの変わり種おはぎを教えてもらった。

絶品変わり種おはぎ1「芋おこわ」

秘伝の醤油だれでふっくらと炊きあげたおこわに、豆を甘く煮た鹿の子あんをたっぷりと。外側のおこわはしょっぱいのに、内側のあんこは甘い。このバランスの絶妙さに、いくつでも食べられてしまいそう! おはぎの上には金色のサツマイモとその茎が飾られて、食感の違いも楽しめる。

絶品変わり種おはぎ2「くるみ」

甘辛く味付けしたおもちに包まれているのは、なめらかでコクのある小豆あん。ごろごろっと飾られたくるみの香ばしさに、あんこの甘さが加わって、どこか懐かしい味わいになっているのが老舗和菓子やのワザ。もっちりした食感と、大きめサイズで食べごたえも○。

絶品変わり種おはぎ3「ちりめん山椒」

粒つぶ感を残したうるち米に、今までの常識にはなかった“ちりめんじゃこ”を混ぜ込んだ、お総菜スタイルのおはぎ。中には赤味噌をベースにした味噌あんを入れ、ほっこりとした味わいに。最後に散らした山椒がぴりりと効いて、すべてを上手にまとめている。

そのほかの「OZネタ」を見る

PR

ページTOP

TOP