日本のデザイン雑貨が集合!大人女子のニーズに答えてくれるギフトショップが登場 |ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. 日本のデザイン雑貨が集合!大人女子のニーズに答えてくれるギフトショップが登場 |ニュース
OZニュース

【ライフスタイル】 ニューオープン

日本のデザイン雑貨が集合!大人女子のニーズに答えてくれるギフトショップが登場

2014年11月3日(月)時計アイコン10:00コメント 098

日本のデザイン雑貨が集合!大人女子のニーズに答えてくれるギフトショップが登場

彼や友達、知人へのギフト、「なににしようか…」と悩んだ経験ない? そんな悩みを解決してくれる新しいギフトショップが表参道にオープンした。その名も「コトモノミチat TOKYO」。なんでも、「次世代の新しい日本を感じるギフト」が揃っているというのだけれど、なんだかおもしろそう。いったいどんなお店なのか、代表の金谷さんに聞いてみることに。

まず、気になるのは、どんなアイテムに出会えるのかということ。「日本各地の良品をセレクトしたギフトサロンとしてオープンしたお店です。地場産業の職人技にデザイン性を加えた商品、日本中から探してきた質のいい商品が並びます」(同)

「サバエミミカキ」4212円。ひとつづつ丁寧に削りだして制作されたカラフルなデザインは、全15色

イチオシは、グッドデザイン賞も受賞した、眼鏡の産地、福井県鯖江市で生まれた「サバエ ミミカキ」(4212円)。これは、国内シェア90%を占めるメガネ素材加工メーカーとの共同開発。メガネの素材“セルロースアセテート”だからこそ実現するカラフルさに加え、先端の耳かき部分に高級感のあるチタンを組み合わせ、今までにない“かき心地”を実現したとか。海外に住む知人へのプレゼントにもおすすめ!

「face two face」7344円~。普段使いからパーティまで、多彩なシーンで楽しい食卓を演出

また、友達の結婚や引っ越しなどのお祝いにぴったりなのが、まな板「face two face」(7344円~)。障子や欄間など建具を製造する木工所の技術によって、建具に使われているレーザー加工で表面にデザインがほどこされ、食材を切る“まな板”、食事を盛りつける“プレート“の2つの顔を持つアイテム。

蝶などのモチーフがキュートなリボンからつくられたしおり「シオリボン」(1296円)はカラーも約20種と豊富

このほか、しおりやアクセサリースタンド、カップなど、職人の技にデザイン性が取り入れられることで、見慣れたはずのアイテムにハッとする新しさを感じるものも。ガラス工芸作家が作りだす1点もののアクセサリーなど、多岐にわたった”技アリ“商品がいっぱい。

板ガラスをキューブ形に積み上げて焼成、融着させたアクセサリー「リカルテ」(2484~3024円)

そもそも「コト・モノ・ミチ」とは、素材などの価格高騰や技術の海外流出などの要因によって縮小傾向にある日本の地場産業を応援したいという思いから始まったプロジェクト。これまでオンラインショップや大手百貨店に出店していたものの、路面に店舗をオープンするのは初めて。

誕生日にブライダル、海外へのお土産などなど・・・、ギフトに悩んでいる人も、そうでない人も、まずは、「コトモノミチat TOKYO」に足を運んでみて。日頃よく手にするおなじみのアイテムでも、その品質の良さや優れたデザイン性に改めて気づくこともあるはず。ちょっと先を行く大人女子のギフト選びの強い味方になってくれそう!

枝振りを自在に変えられる、すず製の「スタンドアクセサリーズ」。左/Rabbit3990円、右/Squirrel 4410円

そのほかの「OZネタ」を見る

PR

ページTOP

TOP