世界一の“朝食”と“コーヒー”が初コラボ!「bills」にオリジナルコーヒーが登場|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. 世界一の“朝食”と“コーヒー”が初コラボ!「bills」にオリジナルコーヒーが登場|ニュース
OZニュース

【グルメ】 新商品

世界一の“朝食”と“コーヒー”が初コラボ!「bills」にオリジナルコーヒーが登場

2014年12月8日(月)時計アイコン10:00コメント 083

世界一の“朝食”と“コーヒー”が初コラボ!「bills」にオリジナルコーヒーが登場

清澄白河がコーヒータウン化したり、豆や焙煎にこだわるコーヒーショップが増えていたり、今いちばん熱いグルメトレンドといえばコーヒー。満を持して“世界一の朝食”で知られる「bills」に、今度は“世界一のコーヒー”が登場したというから、早速、広報担当者に聞いてきた。

「今回登場したのは、オーストラリア・シドニー発祥の有名コーヒー店『Single Origin Roasters』とコラボレーションした「bills」JAPANオリジナルコーヒーです」(同)

「Single Origin Roasters」ヘッドバリスタのショーン・マクマナス。コーヒーの量、抽出時間などを決定

「Single Origin Roasters」は、サンプリング、カッピング、焙煎、ブレンディングなど、ひとつひとつの工程にこだわったコーヒーを提供し、2003年の創業以来、シドニーの地元住民にとどまらず、世界の人々から深く愛されているコーヒー店。もちろん、「bills」を手がけるビル・グレンジャー氏もその一人で、「世界で一番おいしいコーヒー」と絶賛するほど。そして今回ついに、「Single Origin Roasters」が厳選した豆からオリジナルのブレンドコーヒーを作ることになった。

豆を焦がさないようローストし、本来の豆そのものの味を楽しめるのも、「Single Origin Roasters」のコーヒーの魅力。「bills」でも現地のものと同じロースターを使用したり、その特殊な抽出方法をそのまま取り入れたり、とことん本場の味を再現しているというからすごい。

ちなみに、「Single Origin Roasters」は、シドニー最大手の新聞社「Sydney Morning Herald社」から、ベストコーヒーショップとして、最高位の三つ星★★★の評価を受けているのだそう。そこまで賞賛されているコーヒー店の味なら、グルメ女子としてはレベルアップを図るためにも、ぜひ自分の舌で確認しておきたいところだ。

世界各国から集まったコーヒー豆をチェック。ローストは毎日確認するなど徹底したクオリティコントロール

「bills」では、エチオピア、メキシコ、ニカラグアの豆をブレンドし、スウィートキャラメル、チョコレートのような甘い香りに、シトラスを感じさせるさっぱりとした後味のオリジナルブレンドのコーヒーを用意している。エスプレッソ、マキアート、カフェラテ、カプチーノなど、全部で8種類。好みに合うテイストが見つかりそう。「bills」でしか飲めない “お気に入りのコーヒー”があるなんて、ちょっとツウっぽいかもね。

さらに! この「Single Origin Roasters」のエスプレッソは、新メニュー「ティラミス フレンチトースト w/ポーチドチェリー、カカオブリトル」(1350円)にも使用されている! 実際に食べて、どこに使われているのか検証してみて。

来年には、新たな種類のコーヒー豆も導入され、メニューも増える予定だというから、ますます楽しみ。

「ティラミス フレンチトースト」は甘さ控えめでライトな食感。デザートとしてだけでなく朝食にもおすすめ

日本で「Single Origin Roasters」のコーヒー豆を使ったブレンドを味わえるのは、ここ「bills」(4店舗)だけ。今度の週末は彼と朝から「bills」へ。休日の朝、こだわりのコーヒーとともに“世界一の朝食”を楽しめば、優雅な気分で充実した一日が過ごせそう。

そのほかの「OZネタ」を見る

PR

ページTOP

TOP