【プラネタリウム】新しくなった池袋のコニカミノルタプラネタリウム“満天”で「銀河鉄道の夜」の世界を体感

都心で楽しめるプラネタリウムとして人気の「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」が、2018年6月30日にリニューアルしてさらに魅力的な施設に。「夢よりも美しい、星空の下で」をテーマに6台構成のレーザープロジェクターへ一新し、これまで以上に美しい星空と映像を見ることができる。リニューアル記念として上映される「銀河鉄道の夜」も見逃せない!

更新日:2018/12/03

6月30日(土)に6台構成のレーザープロジェクターに一新。人気の「芝シート」もリニューアル

6台構成のレーザープロジェクトへ一新。全天ドームスクリーンに映し出される8Kマルチプロジェクションシステムによって、臨場感の高い、鮮やかな映像を実現。都会の真ん中にいながら、まるで本物の満天の星に包み込まれるような、自然で美しい星空を体感できる。寝転んで星空が眺められる「雲シート」と並んで人気の「芝シート」もリニューアル。芝の上にふかふかのラグが敷かれ、ランタンの灯りに彩られた、3組限定のプレミアムシートに寝転びながら眺めれば、非日常感に浸れること間違いなし。

リニューアルを記念して、美しさが評判の「銀座鉄道の夜」を上映

星を愛した作家・宮沢賢治の傑作「銀河鉄道の夜」を映像クリエーターKAGAYAが鮮明に再現し、今回のリニューアルで、“満天”史上もっとも美しく上映される。プラネタリウムドーム360度に広がるパノラマの風景に包まれ、スペシャル感のある“星めぐりの夜”を楽しむことがでできる。美しさを追求して新しくなった“満天”にふさわしい作品で、物語の壮大な世界観を余すところなく感じよう。

スキマスイッチの名曲とともに美しい星空を楽しむ「星宙の未来花 music by スキマスイッチ」がスタート

冬の新上映作品として、11月30日(金)から「星宙の未来花 music by スキマスイッチ」が上映される。テーマソングである2018年3月にリリースされた「未来花(ミライカ)」をはじめ、スキマスイッチの数々の楽曲が響きわたる作品。ダイナミックな火星、美しい地球、その地球に存在する素晴らしい景色も見どころ。ナレーションは、「千と千尋の神隠し」のハク役で知られる入野自由さんが担当。優しく温かな声にも癒されそう。

秋の新上映作品「スターサファリ アフリカ・星降る動物の楽園with[ALEXANDROS]」

9月29日(土)から始まった秋の上映作品「スターサファリ アフリカ・星降る動物の楽園with[ALEXANDROS]」では、アフリカの大自然の中で見る満天の星々を[ALEXANDROS]の楽曲とともに楽しめる。赤道直下のケニアでは東の地平線から垂直に星々が昇り、日本では見ることができない満天の星々が輝く。現地で収録した鳥や動物たちの鳴き声も聞こえ、臨場感のある作品。ナレーションは、実際にケニアを訪れたことがあるという俳優の濱田岳さん。プラネタリウムで感じるアフリカの自然に新しい世界観が広がるかも。

南極のオーロラや南十字星など、美しい星々が広がる「南極ヒーリング~この地球(ほし)の果てで~」

2015年冬の“満天”リニューアル時に上映され、16万人を動員した人気作品「南極ヒーリング~この地球(ほし)の果てで~」が絶賛上映中。360度見渡す限り氷に覆われた南極の大地。オーロラや日本では限られた場所からしか見られない南十字星をはじめとした宝石のように美しい星々。地球で一番寒い氷の大陸に残る、生まれたままの地球の姿は神秘的でうっとりしてしまう。また、この作品は2種類のアロマを愉しむことができるヒーリングプラネタリウム。「南極の凛とした透明感」を表現した、ジンジャー、マージョラム、ライムのブレンドしたほのかに甘い香りと、「南極の湖底に眠る森」をイメージし、スズランに針葉樹の葉の香りをブランドした爽やかな香りで癒される。ナレーションの多部未華子さんの柔らかな語りも心地いい。

“満天”オリジナルグッズが充実。お気に入りを選んで、星空デートの思い出を持ち帰ろう

併設のショップでは 星や宇宙にちなんだグッズを販売。星のイラストが散りばめられたグラスマグカップやデニムバッグといったオリジナルグッズも。なかでも女性におすすめなのが、ノンカフェインティー「星に願いを」(1000円・写真)。青いお茶“バタフライピー”に、菊の花と星型の金箔を入れた夜空のようなお茶。レモン果汁を加えるとお茶の色が紫・ピンクに変わり、夜空が朝焼けになる。ほかにもバラエティに富んだアイテムが揃うので、お気に入りを選んで思い出に添えてみては。

プラネタリウムの後に行きたいおすすめレストラン

PHOTO:天空の庭 星のなる木

コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine Cityで星空観賞を楽しんだ後は、近くのレストランへ。きらめく星空のロマンティックな余韻に浸りながら、おいしい食事を楽しもう。編集部が実際に足を運んで厳選したレストランのおすすめプランをご紹介します。

コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City

スポット名
コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City
電話番号
0339893546 0339893546
住所
東京都豊島区東池袋3-1-3 Map
営業時間
11:00の回~20:00の回
定休日
なし ※作品入替、機器メンテナンス期間は休館
交通アクセス
東京メトロ「東池袋駅」6または7出口より徒歩10分、JR、東京メトロ、東武、西武「池袋駅」東口から徒歩20分
料金
プラネタリウム作品 中学生以上1500円、4歳以上900円、芝シート3500円/1シート、雲シート3800円/1シート
ヒーリングプラネタリウム作品 小学生~大人1700円、芝シート3900円/シート、雲シート4200円/1シート ※小学校就学前の子ども入場不可。雲シート、芝シートは小学生以上2名まで利用可
ホームページ
コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City公式HP

【特集】都心で満天の星空を望む、大人のプラネタリウム

小旅行気分が味わえるプラネタリウムに出かけてみない? 世界の空を望むプログラム、寝転がって鑑賞できる芝シート、専用ゴーグルで体験する迫力の3D映像など、非日常感が味わえる東京近郊のプラネタリウムをピックアップしました。都心ではなかなか出会えないきらめく夜空を、天気を気にせず眺めることができます。ゆったりくつろげるシートに身を委ねて星空散歩を楽しむ、贅沢なひとときを過ごして。

WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る