1カ月に1度だけかなう星空デートをガイド。六本木で月を感じるディナー、天体観測、プラネタリウムBARの星座カクテルも

PHOTO:THE MOON

都会の真ん中にある街、六本木。高い建物で空が切り取られ、きらめく街の灯りと美しい夜景、ロマンティックに彩られた街並みが楽しめる。そんな六本木で、あえての星空や宇宙を感じるスポットを巡るデートはいかが。その名も「Restaurant THE MOON」で食事をしたら、高層ビルでの星空観望。最後はプラネタリウムを備えたバーで、“星空”を見ながらスペシャルなカクテルを味わう。都会ならではの“宇宙”を楽しんでみよう。

更新日:2018/09/03

六本木で“月”や“星”を体感できる「宇宙を感じるデート」

今回のメインエリア:六本木

18:00 月をイメージした「Restaurant THE MOON」で季節のフレンチを堪能
20:30 六本木ヒルズの展望台で都会の星空観望
22:00 白金の「プラネタリウムBAR」で星空とカクテルに酔う

18:00~ 月をイメージした幻想的空間「Restaurant THE MOON」でディナー

まずは少し早めに待ち合わせて六本木ヒルズ森タワーの52階にある「Restaurant THE MOON」でディナーを。月をイメージした神秘的なインテリアの中、大きな月の影が照らし出す、東京タワーを中心とした夜景が一望できる席へ。

そんなとっておき空間で味わえるのが、シェフの感性が光る“日本の四季の美しさ×フレンチ”。月をイメージした世界観を感じながら、お皿の上に描かれるアートのような美しい料理を楽しめる。見た目にも華やかでありながら、食べて季節を感じられるのは名店ならでは。

コースの途中に出てくる「月見」は、お店オリジナル箸休め。松茸、太刀魚、うずら卵黄、かぼす、朴葉を使った料理で、日本酒を合わせて提供される。たまにはちょっと贅沢して、空間、そしてお料理に“月”を感じるお店で、スペシャルなディナータイムもいいかも。

20:30~ 六本木ヒルズ展望台から星空を眺める

夜でもライトアップが華やかに輝き、星空とは無縁のイメージもある六本木。ディナーの後は六本木ヒルズ展望台・東京シティビューの屋上「スカイデッキ」で、毎月第4金曜日の夜に開催される「六本木天文クラブ」星空観望会へ。事前申し込みがいらないから、気軽に参加できるのがうれしい。

屋上には天体望遠鏡が並べられ、天文の専門家の解説を聞きながら、天体望遠鏡で都会の星空を2人でワイワイ満喫。心地いいBGMの中、夜風に吹かれながら望遠鏡をのぞくと、どこかミステリアスにまたたく星にうっとりしてしまう。

22:00~ 「プラネタリウムBAR」でほろ酔い気分

デートの最後は白金にある「プラネタリウムBAR」へ。ここではプラネタリウムクリエーター大平貴之氏が製作した天の川まで映し出す小型高性能プラネタリウムと、星にちなんだカクテルが楽しめる。

ほの暗い店内のカップルシートに座ると、プログラムのはじまり。500万個の美しい星が店内全体に散りばめられ、すっかりロマンティックな気分に。

好きな日時の星空をリクエストすることもできるから、生まれた日の星空や記念日の空を映してみてもいいかも。都心で宇宙を感じるデートの締めくくりにぜひ立ち寄りたい。

月をイメージしたディナーに天体観測、そして星空を望むバー。六本木は大人デートの定番スポットだけれど、月や星をテーマにおでかけすれば、いつもと違った2人の時間が過ごせそう。

【特集】都心で満天の星空を望む、大人のプラネタリウム

この夏は、小旅行気分が味わえるプラネタリウムに出かけてみない? 世界の空を望むプログラム、寝転がって鑑賞できる芝シート、専用ゴーグルで体験する迫力の3D映像など、非日常感が味わえる東京近郊のプラネタリウムをピックアップしました。都心ではなかなか出会えないきらめく夜空を、天気を気にせず眺めることができます。ゆったりくつろげるシートに身を委ねて星空散歩を楽しむ、贅沢なひとときを過ごして。

WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る