女友達と行きたい、星に癒されるおでかけプラン。星獲得シェフ監修のビストロにアロマプラネタリウム、泊まれる本屋さんも

PHOTO:BOOK AND BED TOKYO IKEBUKURO

星や星座はその存在そのものが神秘的で、非日常感があるせいか、見ているだけで心が癒されると、女性にも人気。とくに知識がなくても楽しめて、時間を忘れさせてくれる星たちには、リラックスさせてくれる力があるのかも。そこでお疲れぎみの女友達と一緒に、星をキーワードに癒しスポットをめぐる散歩コースをご紹介。女友達と、気兼ねなくゆっくり過ごして、リラックス&リフレッシュしよう。

更新日:2018/08/31

気心知れた女友達と池袋で“星”に癒される

今回のメインエリア:池袋

17:00 星獲得シェフ監修のレストランでちょっと早めのディナー
19:00 ゆったりしたプレミアムシートでプラネタリウム観賞
21:00 本に囲まれた空間で読書をしながらおやすみなさい

17:00 スター・シェフのお店の美食ディナー

まずはおなかを満たしにディナーへ。星にちなんで、星を獲得したシェフの味を求めて池袋パルコの中にある「&ecle le bistro(アンドエクレ ビストロ)」に向かう。こちらは星獲得のシェフ、オリヴィエロドリゲス氏が手掛ける南青山「&ecle」の2号店で、カジュアルな雰囲気が魅力。

女友達と行きたくなる理由のひとつが、旬の食材を使った本格的なフランス料理を肩ひじ張らずに楽しめること。野菜やハーブなどをピューレ状に仕立てたフランス料理「クーリ」と、ライスや雑穀などを掛け合わせたオリジナルメニュー「クーリシャス」は彩りも豊かで思わず写真に収めたくなるおいしい食事とお酒におしゃべりが止まらない。

19:00 アロマの香りとともに満天の星に癒されよう

ディナーでおなかがいっぱいになったら、癒しを求めて「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」へ。ここには、芝の上にふかふかのラグが敷かれ、ランタンの灯りに彩られた芝シートや、寝そべったまま星空を眺められる、ふかふかの雲シートといったプレミアムシートがあり、とっておきの時間が過ごせる。プレミアムシートは人気なので、予約をして出かけよう。ふかふかのシートに身をゆだねれば、包み込まれるような感覚に、早くも癒されているのを感じる。

肝心のプラネタリウムは、ヒーリングプログラム「南極ヒーリング~この地球(ほし)の果てで~」をチョイス。南極の神秘をイメージしたオリジナルアロマが香るヒーリングプラネタリウムで、南十字星をはじめとした美しい星々を眺めながら、2つの香りでリラックスできる。

「南極の凛とした透明感」をジンジャー、マージョラム、ライムをブレンドして表現したほのかに甘い香りと、「南極の湖底に眠る森」をイメージした、鈴蘭、モミなどの針葉樹の葉の香りをブレンドした爽やかな香りは、オリジナルブレンドのアロマ。女優の多部未華子さんのやさしいナレーションの声が心地よく、アロマと星の融合を体験すれば日ごろの疲れをしっかり癒せる。

※プラネタリウムの上映時間は変更の場合あり。HPで要確認

21:00 プラネタリウムの余韻を感じながら、星に関する本を読みつつ寝落ち

ヒーリングプラネタリムですっかりリラックスしたら、もっとのんびりできる “泊まれる本屋®”がコンセプトの「BOOK AND BED TOKYO IKEBUKURO」に向かう。お店のテーマカラーのブルーのソファーがあるロビーには、天井から無数の本がぶら下がっていて、一歩足を踏み入れるとワクワクした気持ちになれる。

プラネタリウムの余韻をそのままに、星空の写真集を一緒に眺めては、ほっこり。星を満喫した後は、5000冊を超える本の中から好きな本を選び、しばし、各自の世界へ。電源やブックライトを完備した、読書に集中できる空間なのがうれしい。本を読みながら眠りにつきたいという、至福の瞬間を気心知れた女友達と一緒に体感しながら、おやすみなさい。

BOOK AND BED TOKYO IKEBUKURO

住所:東京都豊島区西池袋1-17-7ルミエールビル7F
アクセス:JR、西武、東武、東京メトロ池袋駅C8出口から徒歩30秒
時間:デイタイム13:00~17:00、宿泊チェックイン16:00、チェックアウト11:00
料金:デイタイム(予約不可)、1時間ごと500円、フリータイム(デイタイム営業時間内)1500円、宿泊スタンダード4500円、コンパクト3500円 ※土日祝前日など変動あり

ちょっと疲れたと思ったり、落ち込んだりしたときは、気心知れた女友達と一緒に癒されるのがいちばん。堅苦しいことは抜きにしてお互い遠慮せず、仕事終わりにもできるリラックスプランで気分も新たになるはず。

【特集】都心で満天の星空を望む、大人のプラネタリウム

この夏は、小旅行気分が味わえるプラネタリウムに出かけてみない? 世界の空を望むプログラム、寝転がって鑑賞できる芝シート、専用ゴーグルで体験する迫力の3D映像など、非日常感が味わえる東京近郊のプラネタリウムをピックアップしました。都心ではなかなか出会えないきらめく夜空を、天気を気にせず眺めることができます。ゆったりくつろげるシートに身を委ねて星空散歩を楽しむ、贅沢なひとときを過ごして。

WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る