OZのリラクゼーションサロン予約 産後ケア特集

OZのリラクゼーションサロン予約 産後ケア特集

出産という素晴らしいイベントの後は、体の変化が付き物。体型崩れや、抱っこによる腰のハリや肩こり、さらに慣れない子育てに心も体もヘトヘト。今回は、セラピスト監修の産後ケアのポイントや、先輩ママたちのよくあるお悩みを紹介! 産後ケアで体を整え、子育てをハッピーにしよう。

更新日:2021/09/30

/relaxation/0980/

自身も10代の頃から婦人系の不調を経験。11年もの間、予防医学の観点から、インナービューティーケアや妊活ケアの大切さを広めており、悩める女性たちと向き合ってきた。アロマトリートメントをはじめ、妊活サポートや月経の不調改善ケア、産前産後の骨盤ケアなど、女性の悩みを心身ともに改善することを目的としている。
・一般社団法人骨盤軸整体協会アドバンスインストラクター整体師
・一般社団法人婦人科セラピー協会会員 妊活セラピスト

リラク

産後ケアはなぜ大切か

産後のママには、胸のハリや痔、肩こり、腰痛、恥骨痛、股関節痛、さらには出産時の会陰切開や帝王切開の傷の痛みといった体の悩みに加えて、睡眠不足やホルモンバランスの変化、慣れない育児など心にも大きな負担が。産後のケアをしっかりと行うことで心も体も整い、子育ても前向きに取り組めるはず。

産後ケアの肝は「骨盤調整」

第一子を出産すると、骨盤の“ズレ”や“歪み”が生じた状態に。本来使えていた筋肉が使えなくなり、子宮内の血流悪化、内臓がもとの位置に戻らないといった、第二子以降の不妊の原因になることも。2人目以降の妊活準備のためにも、骨盤のケアはしっかり行うのがベター。また、産後に痛みや違和感を感じなくても、お風呂に入った時に膣内にお湯が入ってしまったり、“尿漏れ”や膣からおならのように空気や音が出る“膣なら”の原因となる場合があるため、目立った不調がなくても骨盤調整は受けることが大切。その際は、自己判断で途中で止めずに施術者の判断のもと、施術を継続しよう。
また、出産を経験した人は、何年経っても産後の状態。だから「産んですぐにケアしなかったからもう遅いかな」と思わずに、骨盤ケアを行っている整体サロンなどに一度相談してみるのがベスト。

時期別!産後ママのお悩みまとめ

出産直後
⇒骨盤のズレ

妊娠すると、赤ちゃんが産道を通るために靭帯などを緩める、“リラキシン”というホルモンが分泌されるので、産後2週間ほどは骨盤が緩んでいる状態が続く。忙しい現代ママたちは、1か月経たないうちに出産前と変わらず活動してしまうことや、座る姿勢が悪いことで、ズレが生じやすくなっていることも。また、現代は昔と比べて歩くことが少なくなり、しゃがむ動作もなくなったので、骨盤底筋群、足腰周りの筋肉、靭帯などがかなり弱くなっているのも原因のひとつ。悪露の出が悪いときは、冷えの緩和や心身のリラックス効果、子宮の収縮を促進して排出を促す「よもぎ蒸し」を受けてみるのもOK。

子育てはじめ
⇒寝不足や疲れ

乳時期は、3時間ごとの授乳が必要だから夜中も睡眠不足になりがち。さらに、初産の場合は慣れない育児によってすっかりお疲れモードに。だからこそ、たまにひとりの時間を作ってじっくり休むことが大切。「アロマトリートメント」など、癒し効果のあるケアがおすすめ。
※授乳中は使用NGのアロマもあるので、ご自身でアロマオイルお使いになる場合は使用濃度などに十分にご注意ください

0~2歳頃
⇒肩こり・腰痛

子供が小さなうちは抱っこや、長時間重い荷物を持つシーンが増える。また、家事、育児、仕事の合間に、なかなか自分の体をメンテナンスをする時間が取れず、こりやハリがたまりやすい傾向に。短時間でも受けられる「整体サロン」を探して、効率よく体のこりを解消しよう。

卒乳時期
⇒バストの形崩れ

乳児期は母乳を出すために形も容量も大きく変わるけれど、卒乳後はもとの大きさに戻る。急激な大きさの変化により伸びてしまった皮膚が余り、ハリが失われ、バストの形崩れの原因になってしまう。バストの形をもとに戻すために、光フォトやハンドマッサージなど自分に合った「バストケア」を探そう。

OZの「産後ケアプラン」は2種類

「骨盤調整」が必ず付くボディケアプラン

産後の体メンテナンスは、「骨盤を整える」ことがなによりも大切。また、オイルトリートメントやストレッチなどサロン独自の施術が付いたプランを選べるのも魅力のひとつ。

産後ママにこそ受けてほしい、サロンいちおしプラン

体のことをよく知るセラピストが、整体やオイルトリートメント、バストケアなど産後こそ受けて欲しいプランをご用意。
※各サロンで施術内容が異なりますので、詳しくは各プラン詳細をお読みください

子供を置いて外出できない・・・! そんな時は、子連れOKのサロンを頼って

/relaxation/article/20234/

お子さんを連れて行っても大丈夫なサロンだけをご紹介。施術ルーム内にキッズ用スペースがあったり、託児所を完備していたり、小さなお子さんと一緒に安心して通える。骨盤を整えるメニューのほかに、オイルトリートメントやヘッドスパなどの施術が勢ぞろい。
※年齢制限がある場合がございますので、各サロンの注意事項をお読みください

おすすめの産後ケアプランはこちら!

\ほかにも!気になる産後FAQ/

産後ケアはいつから始めるべき?

産後用アロママッサージは入院中から受け始めてOK。また、骨盤調整は退院後から受けられるのですぐにケアするのがおすすめ。骨盤周りがガクガクと緩んでいる感覚がなくなったり、腰のハリも改善されたりと、体の負担が軽減されることも。実際に「1人目を産んだ後は骨盤ケアをしなかったので尿漏れと恥骨痛に悩みました。2人目の時に骨盤整体受けるとまず足腰のしっかりした感覚にびっくり! 悩みも解消されました」という経験談も。

産後用ガードルに効果はある?

引き締め目的や矯正目的など、なにを目的にガードルを履くかよって効果は異なる。洋服を着た際にシルエットをキレイに見せたい場合のガードルは効果があるけれど、ガードルのみで骨盤調整の効果を期待するのは難しい。骨盤はサロンや整体で一度見てもらい、施術を受けるのがベストな方法。

抱っこや育児で、手首が腱鞘炎になることがあるの?

抱っこをする手の向きによって腱鞘炎になることが多い。だから、腱鞘炎になる前の段階で抱っこ時の手の向きは気を付けるのが大切。手のひらや親指を使わず、手の甲を使って抱っこをすると腱鞘炎になりにくいので、ぜひ試してみて。
※腱鞘炎がひどい場合は、一度病院で診てもらいましょう

産後うつにならないための予防策は?

赤ちゃんのお世話や家事を、すべてひとりでこなそうと思わず、旦那さんやご両親、産後ドゥーラやシッターの力を借りてみて。わからないことや悩みごと、不安なことはひとりで考えず、家族や友人に話してみるのもよし。自治体で行っている相談窓口なども積極的に利用してみて。また、30分~1時間でもいいのでたまにひとりの時間を作ることも忘れずに。

日付やエリアからぴったりのサロンを探そう!

顔と体のメンテナンスなら

OZの鍼灸サロン予約も

つらい体の悩みや顔の悩みは、鍼灸サロンもおすすめ。鍼灸サロンでは、鍼治療だけではなく、あんまマッサージ指圧師の資格を持つセラピストによる、マッサージ・指圧メニュー、さらに美容鍼もご用意。医療の力で悩み知らずの体をめざそう。

鍼灸サロンを検索

TOP