最高の時間を過ごすために。ホテルスパのマナー

最高の時間を過ごすために。ホテルスパのマナー

ホテルスパを利用する時に用意するものは? 気をつけなければいけないことって? など、注意点からスパの上手な使い方までを紹介。マナー美人になって、癒しのひとときを楽しみつくそう。

更新日:2020/04/16

ホテルスパに行く前に

賢い予約方法は?

人気ホテルスパは予約が埋まってしまったり、施設によって受付締切時間が異なったりするので早めの予約をしよう! 混雑を避けたければ予約が集中する時間帯を避ける、平日の時間を予約するのがコツ。ホテルならではのラグジュアリー空間が体験できることはもちろん、食事付きやプール付きなど、半日~1日たっぷりと満喫できるプランもあるからチェックして。ちなみに予約内容を変更したいときは、キャンセル→取り直しになるので注意を。

2人で予約はできるの?

2人予約ももちろんOK。2人で予約可能な日時を選んで予約を。施設によっては女性限定、女性同伴のみ男性可、とさまざまなので店舗データを確認しよう。誕生日やクリスマス、バレンタインなどイベントに合わせて、大切な人へホテルスパ体験を贈り物にする人も多数。

どんな服装で行けばいいの?

ホテルスパの利用にはドレスコードはなく、自由な服装で来店してOK。バスローブへ着替えた後は、ホテルならではのラグジュアリー空間で、リラックスした時間を過ごして。

サロンに行く前に気を付けることは?

トリートメントの最低1時間前には食事をやめ、アルコールを摂取しないようにしよう。トリートメント前後、特にフィットネスやサウナ、スチームルームを利用する際には、 水をできるだけ多く飲むように心がけを。医師にかかっている・薬を服用している場合、ケガや触れられたくない部位がある、妊娠中などの場合は、必ず予約時に申し出て。また、誕生日・記念日の贈り物の場合には、精算時に配慮してくれるので事前に伝えておこう。

何か持っていくものはあるの?

トリートメントを受けるには基本的に手ぶらでOK。プールやフィットネスを利用するのであれば、水着、動きやすい服、トレーニングシューズが必要になるけれど、施設によってはレンタル(無料・有料)や購入可能な場合もあるので、店舗データをチェックして。コンタクトレンズの人は、ケースを持ってくれば安心。また、トリートメント後にメイクをする場合は、メイク用品も持参して。

予約した日時に行けなくなったら?

都合が合わなくなって、予約日に行けない場合はすぐにキャンセルの手続きを。必ず事前に連絡をする必要があるけれど、直近でWEB上からのキャンセルができない場合は、施設に直接電話して。施設によっては、キャンセル料が発生する場合もあるので要注意!

今治療を受けているけれど、利用できる?

何らかの治療を受けている際には、状況によっては希望のトリートメントが向かない場合もあるので、予約を入れる際に必ずその旨を伝えて。その他気になることがあれば事前に確認しておこう。

ホテルスパに行ったら

サロンには予約時間ぴったりに行けばいいの?

ゆっくりとホテルスパで過ごすためには、15分前に到着するのが理想的。トリートメント前にプールやジャグジーを利用する場合は、施設によって利用時間が異なるため、各施設ページでチェックを。スタートの時間に遅れるとトリートメントの時間が短縮されてしまうことも。終了後は、5~10分で部屋を空けるのが一般的だけれど、リラクゼーションルームなどでゆったりくつろぐのはOK。

共同設備を使うときの注意は?

入浴のためのジャグジー、水泳用のプールなどに入る前は、必ずシャワーを浴びよう。サウナやスチームルームを使うときは、必ず自分のタオルを敷いてその上に腰掛けて。リラクゼーションルームやその他の場所での会話は声のトーンを落とすことも忘れずに。また、ドライフルーツなどのフードやドリンクが用意されていることが多いけれど、大人としての節度のある楽しみ方を心得て。

フェイシャルメニューを受けるときの注意は?

コンタクトレンズを使用している場合は、フェイシャルトリートメントの前にセラピストにその旨を伝えておこう。外した方がよりリラックスできるという人は、その場で外せるように必要なケースを持参するのもおすすめ。

自分の好みや希望を伝えてもいいの?

希望や好みがあれば事前にはっきりと言おう。照明、音楽、室温、セラピストと会話を楽しみたいのか、静かにトリートメントしてもらいたいのかなど。セラピストにはマッサージの強さを希望してもOK。また、質問も気軽にしてみて。

WRITING/KAORI AOKI(OZmall)

  • LINEで送る

TOP