バストケアがおすすめのリラクゼーションサロン一覧

メリハリある美ラインにバストケア

ふんわりまぁるいおっぱいは、女性らしさの象徴とされるパーツ。大きさのみならず、ハリや弾力のあるぷるんとしたおっぱいは女性なら誰もが憧れるはず。そんな理想のおっぱいを手に入れるには、エステサロンのバストケアがおすすめ。バストの構造や実際に体験した口コミもあわせてチェックしよう

プランを検索する

バストケアはこんな悩みにおすすめ

  • 垂れ気味
  • 左右の離れ
  • サイズが小さめ
  • 左右差がある
  • ハリがない
  • デコルテラインの
    ボリューム不足

ブラを付けたときにきれいな谷間を作りたい、触りたくなるハリや弾力がほしい、などバスト悩みは人それぞれ。専用クリームやジェル、サプリメントもあるけれど、理想のバストを手に入れるならサロンでのケアが近道。プロのセラピストに気軽に相談して

悩みの原因をプロが解説バストの構造とケア効果

悩みの原因をプロが解説バストの構造とケア効果

  • 乳腺

    乳房の大小を決めるのがこの乳腺。その周りに脂肪がつくようになっているため、乳腺が発達しているほど脂肪が増え、バストはふっくらする。血行が悪くなりリンパの流れが滞ると、乳腺の状態も悪くなってしまう。

  • 大胸筋

    バストの土台となる組織で、この筋肉が衰えるとバストが下垂したり形が崩れてしまう。おっぱいを支える筋肉と皮膚をケアすることで、垂れてしまったバストも上向きに導くことができる。

  • クーパーじん帯

    乳腺組織を支え、バストが下垂しないよう防いでいるコラーゲン繊維の束。とてもデリケートで一度切れてしまうと、手術でもしない限り元の状態に戻すのは難しい。就寝中にナイトブラを着用することで、負担が軽減できることも。

  • 脂肪

    バストの脂肪は乳腺脂肪体といって、乳腺を守っている。この脂肪の量や大きさによってバストのハリや柔らかさ、大小が決まる。過度なダイエットはその脂肪を減らすだけでなく、女性ホルモンも減ってしまうので注意。

サロンでのバストケアで、固まってしまった脂肪を柔らかくして乳腺を活性化させることで、ふっくらと丸みのあるバストに。さらに、マシンでコラーゲンやエラスチンの生成を促して、ハリのあるバストへと導く。また、血行をよくしてリンパの流れを滞らせないことも、柔らかおっぱいには必須。猫背や巻き肩も、形を崩す原因に。

日付・エリアから検索バストケアプラン一覧

TOP