ピーリングがおすすめの東京・神奈川・千葉・埼玉のサロン

しみやシワ、にきびなどの肌トラブルは、古い角質層が蓄積してターンオーバーのサイクルが乱れているのが原因かも! ピーリングは、皮膚表面の不要な角質を取り除き、細胞の新陳代謝を促すことで肌悩みを改善へと導いてくれる人気の施術。顔や背中など気になるパーツの角質をケアして、くすみのない透明感のあるツルツル肌を手に入れよう

Learn more

ピーリングとは?

ピーリングの施術について

ピーリングとは、ターンオーバーの乱れにより自然脱落しなくなった角質層をケアする手法。角質層と呼ばれる表皮一番上の層は、通常28日周期で垢として自然に剥がれ落ち新しい角質細胞が押し上げられるが、加齢やストレス、外気の影響、ホルモンバランスの乱れなどさまざまな影響によりターンオーバーが乱れ、不要になった角質細胞が自然に剥がれ落ちなくなることもある。そうなると、ニキビ、毛穴のつまり、くすみなど肌トラブルを引き起こす原因となるので、ピーリングを行うことがおすすめ。

ピーリングは主に、市販ドラッグストアやネットショッピングなどで購入して使用するセルフケアと、エステサロンやクリニックで受けられるプロの施術がある。市販のピーリング剤は万人に使用できる配合量となっているが肌のタイプによっては刺激が強過ぎたりターンオーバーを促し過ぎて逆に肌のバリア機能が弱りトラブルの原因となってしまうことも。その為、自分に合ったピーリングを選び使用頻度を守って正しく行う知識が必要。一方、エステサロンやクリニックではピーリング剤の配合濃度を肌の状態を見て調整して使用するので、初心者でも安心してピーリング効果を実感することができる。

期待できる効果・メリット

ニキビの改善

毛穴を塞いでいる原因の角質層をピーリング剤で溶解、または研磨し緩めて毛穴の通りをよくすることでニキビの改善に繋がる。

毛穴の黒ずみ解消

毛穴の黒ずみは、古くなった角質層や酸化した角栓が原因。ピーリングで溶解または研磨し除去することでザラつきや黒ずみのない小鼻へ。

シミやしわの改善

ターンオーバーを正常化することで角質層にあるシミを徐々に剥がしていく。バリア機能が保たれ常に新しい角質細胞に生まれ変わるサイクルを保てるため、ハリや弾力、しわの改善に効果をめざせる。

ピーリングの種類について

ピーリングは、薬剤を使用するケミカルピーリングと薬剤を使用せず強制的に角質を剥がす物理的ピーリング、さらに天然のハーブを使用したハーブピーリングに大きく分けられる。エステサロンのピーリングメニューとクリニックで受けられるピーリングメニューも異なるので、効果や予算で検討しよう。

ひと目でわかる!比較表

ピーリングの種類 ケミカルピーリング
└クレンジング、石鹸、美容液、スクラブなど
物理的ピーリング
└スキンスクライバー
ケミカルピーリング
└AHA、フルーツ酸、グルコース酸など
物理的ピーリング
└ゴマージュ、スクラブ、ダイヤモンドピーリングなど
ハーブピーリング
ケミカルピーリング
└AHA、フルーツ酸、サリチル酸など
物理的ピーリング
└レーザーピーニング、ウォーターピーリングなど
効果 毛穴のザラつき・黒ずみ改善、日頃のケアに 肌質改善、しわ・シミ・たるみの対策、ニキビ・くすみ・毛穴の黒ずみ改善に 肌荒れ・ニキビ跡治療、しわ・シミ・たるみの対策、くすみ・毛穴の黒ずみ改善に
痛み ほとんどないが、肌が敏感な方はピリピリ感じる ピリピリ感を多少感じる ピリピリ感を多少感じる
1回の料金 1000円前後 10000円前後 15000円前後
ダウンタイム なし 3日~1週間 1日~1週間

※リストは目安です。痛みなどは個人差があります。

エステで受けられる人気のピーリング

ハーブピーリング

天然のハーブを使用したピーリングで、あらゆる肌タイプに対応ができるので敏感肌の人にもおすすめ。ダウンタイムは主に3日から7日だが、全くない施術も。一部クリニックでも取り扱いがある。ハーブ類のアレルギーをお持ちの方は事前に成分の確認を。

バクテリウムピール

肌タイプに合わせた乳酸桿菌や発酵溶剤などを使用した手法。肌育菌を新しい細胞に働きかけ再生を促し、老化物質を自然に押し出していくのでデリケートな肌にも安心。ダウンタイムがある施術とない施術がある。

ダイヤモンドピーリング

細かいダイヤのヤスリを使用した物理的ピーリングの一種。凸凹のひどいニキビ跡に悩む方におすすめ。ダウンタイムはないので気軽に受けられることもポイント。

クリスタルピーリング

酸化アルミニウムの微粒子を肌に吹き付け、角質層を瞬間的に削り取るピーリング。毛穴が目立つ、肌のザラつきが気になるという方におすすめ。ダウンタイムは1日から5日ほど。

サロンでの施術ステップ例

  1. 1 カウンセリング

    1人ひとりの悩みや肌タイプに合わせた施術を行うために、まずはセラピストが肌の状態をチェック。

  2. 2 クレンジング・洗顔

    丁寧にクレンジング、洗顔をして古い角質や毛穴汚れをオフ。ピーリングが浸透しやすい状態へ。

  3. 3 ピーリング施術

    優しくマッサージしながら肌にピーリングを浸透。このとき少しチクチクする場合も。最後はキレイに拭き取る。

  4. 4 アフターケア

    保湿パックや導入剤で肌を整え、仕上げをして終了。施術後からモチモチ肌を実感して。

気になる疑問にプロがお答え!
ピーリングQ&A

  • 施術前後に気を付けた方がいいことは?

    施術後は紫外線対策日焼け止めの使用と保湿をしっかり行い角質層の乾燥を防いでください。ハーブエステ施術の場合は、激しい汗をかく運動やサウナの利用を行うと、経皮吸収されてしまう前に成分が流れてしまうのでご注意ください。

  • エステサロンで施術を受けられない人や症状とは?

    以下に当てはまる方は施術を避けていただくか、またはかかりつけの医師にご相談の上ご利用ください。
    妊娠中、授乳中、日焼け直後、皮膚感染症(化膿ニキビヘルペス)、免疫系疾病(白斑、膠原病、ガンなど)・循環器系障害(心臓、脳障害)・甲状腺障害がある場合、結婚式など大切なイベントを1カ月以内に控えた方、整形手術を2カ月以内にされた方

  • 施術後は皮膚がポロポロ剥けるの?

    ケミカルピーリングやハーブピーリングに関しての剥離は3日目以降あたりから始まります。物理的ピーリングは施術中に研磨し剥がしますので施術後に剥けることはありません。また、ダウンタイムのない施術であれば剥離は起こりません。

お話を伺ったのは
セラピスト 河合直子さん

美容業界、エステ歴25年。「プルミエール銀座サロン」「プルミエール苦楽園サロン」を主催。トータルエステティックアドバイザー資格を持ち、ハーブエステの老舗「グリーンピール」シュラメック社認定インストラクターとして活動や、自社オリジナル化粧品製造販売及び化粧品研究開発も行う。

編集部おすすめプラン

TOP