OZのプレミアム予約担当のスタッフコラム

ホテルやレストラン、ヘアサロンなど、現在約2500店舗が参加する「OZのプレミアム予約」。日々お店をめぐる営業スタッフが、訪問先で感じたことや仕入れたネタ、おすすめしたい情報などを、独断と偏見(!?)で自由気ままにお届け!

更新日:2016/11/04

社会人2年目レストラン担当(♂)の誰も得しないリアルデートレポ vol.1

「ブラッセリートゥール」

こんにちは、オズモール レストランチームの川合です。ここでは、憧れの彼女とお付き合いするために無謀なデートに挑んでいくという極めて自分本位な記事を書いていきます。まさか思いつきの企画が実現してしまうとは・・・! ちなみに彼女とお付き合いできたら連載終了。もちろん自腹なので、リアリティと本気度を汲んでいただき、おもしろおかしく読んでください。

18:50 意中の彼女と待ち合わせ

8月の終わりの土曜、表参道交番の前。買い物帰りの人がせかせかと忙しく行き交い、デートに向かう人たちが時間を気にしながら待ち合わせをしている。そういう自分も、高校時代に片思いをしていた意中の人との久しぶりの再会に胸を躍らす。
青山通りからひとつ通りをはさんだ小道を外苑前駅の方向に進むと目の前に現れる、かわいいウサギの看板がかかったビストロ。ここが今日彼女をオトすために選んだお店「ブラッセリ―トゥール」。オープンから30年が経っても変わらない温かい雰囲気と、受け継がれていくこだわりの味が魅力のお店だ。
名物のフォアグラ寿司が味わえるフルコースをごちそうすればイチコロでしょ!

18:55 めでたく合流

店内
キラキラしたお店も知ってるけど、こんな隠れ家もいいでしょとドヤ顔を決めたい

「今どこらへん?」と彼女からメッセージが届き、「サブウェイの前らへんにいるよ」「じゃあそっち行くね」。少し緊張しながらエスコートして、19時ぴったりにお店へ到着。この日は、OZ限定4800円美食ディナープランを予約して、少し大人になった自分を演出。豊富な種類から選べる乾杯ドリンク付きだから、こういう外したくないときに最初からドリンクの値段などを気にしなくていいのが嬉しい。自分はお酒が飲めないのだが、気取ってスパークリングワインを選んでみると、彼女も「同じの」を注文した。まずまず順調な出だし!
改めて向かい合って座ってみると、高校卒業以来の意中の人は、あのときの面影を残したまま、街で見かけたら自然と目で追ってしまうくらいの素敵な女性になっていた。高校ではお互い席が前後に並んでいたから、ノートを見せてもらったり、彼女が好きなミシェル・ブランチのCDを借りて聴いたりしていた。自分のやや大げさな話にも、優しく相槌を打ちながら聞いてくれるあたりは相変わらずだ。

19:10 季節の食材が彩りを添えるフレンチのフルコースに舌鼓

料理例1
4800円でWメインが楽しめるお得感。社会人2年目のお財布事情としてはコスパも大事。コース内容は季節によって変わるので、旬な食材が織りなす料理に魅了されて

そうやって鼻の下を伸ばしている間に、早速前菜が運ばれてきた。こちらのお店では、季節の恵みをたっぷり吸いこんだ食材がその日ごとに違った味わいで楽しめる。この日は鳥のササミを茹で、さっぱりとしたソースで絡めた1品。黄緑、赤、紫の色とりどりのトマトが添えられ、見た目も美しい。「こってりよりあっさりのほうが好きなんだよね」と何気なく話す彼女に、味の好みが一緒!と思い、内心すごく嬉しかったのに「へぇ、そうなんだ」と興味なさげにそっけなく返してしまった。これはあとでG8サミット級のひとり反省会をせねば。
続いては、枝豆をこした温製スープ。温かさのなかにも、夏のさわやかさが感じられ、不作法かもしれないがグッと一息で飲み干してしまった。こちらも日ごとに内容が異なるので、実際は来店してからのお楽しみ。

20:30 名物のフォアグラ寿司をいざ実食

料理例2
この見た目のインパクト! フォトジェニックな1皿は女子受けすること間違いなし

次の1品は、肉厚なフォアグラの下に、やさしく握られた酢飯が隠されている「フォアグラ寿司」! 恐る恐る口へ運んでみると、濃厚でクリーミーな味わいと酢飯の酸味が口いっぱいに広がる。僕の渾身の“こんなの食いなれたぜ”アピールには目もくれず、彼女は初めて食べるというフォアグラに驚きながらも、さっぱりとした後味に満足そう。やっぱり好みはあっさり派のようだ。
いよいよ、メイン料理が登場。季節によって食材を厳選した魚&肉料理のWメインは、4800円にしては十分すぎるボリューム。バジルソースの添えられた真鯛のソテーをペロッと平らげたあとは、肉厚な但馬牛のステーキに舌鼓を打つ。満腹感と追加注文したアルコールで、少し酔ってとろんとする彼女もいい。肉眼に焼き付けた画像をインスタに投稿して、自らいいね!を100万回押したくなるくらい。

21:00 ディナーもクライマックスに!

窓の外に目をやると、店のシャッターが軒並み下り、人通りにもまばらになって、街が夜の一面を見せはじめた。最後のデザート盛り合わせもおいしそうに食べる彼女。なんだか今日いけるんじゃないか!?
お店を後にしながら、彼女は今日のお店にとても満足そう。ここのお店を選んで間違いなかった・・・!
じゃあそのまま2軒目に・・・とはいかず、「今、忙しくって。またね」と断られてしまった。味の好みといっしょでこっちもあっさり派なのね(失笑)! 自分で勝手に舞い上がっていただけなんだけど、ズコーッとなった淡い夏の思い出なのでした。次回も僕の挑戦は続きます。

看板

住所:東京都港区北青山3-5-19
電話番号:03-3401-1366
営業時間:[昼]11:30~15:00(14:00LO)/[夜]17:30~23:20(22:00LO)
定休日:なし
アクセス:地下鉄表参道駅より徒歩1分

フルコース+ドリンク付き!Wメイン付き4800円

料理例3

魚&肉のメイン料理が両方いただける贅沢プランをご用意。丸ビルや有名シェフのダイニングで、豪華フルコース+ドリンクが4800円で楽しめる大満足ディナーを

WRITING/KAWAAI KENGO(OZmall)

TOP