OZのプレミアム予約担当のスタッフコラム

ホテルやレストラン、ヘアサロンなど、現在約2500店舗が参加する「OZのプレミアム予約」。日々お店をめぐる営業スタッフが、訪問先で感じたことや仕入れたネタ、おすすめしたい情報などを、独断と偏見(!?)で自由気ままにお届け!

更新日:2016/12/06

社会人2年目レストラン担当(♂)の誰も得しないリアルデートレポ vol.2「旅亭まんぷく 六本木ヒルズ店」

こんにちは、オズモール レストランチームの川合です。ここでは、憧れの彼女とお付き合いするために無謀なデートに挑んでいくという極めて自分本位な記事を書いていきます。まさか思いつきの企画が実現してしまうとは・・・! ちなみに彼女とお付き合いできたら連載終了。もちろん自腹なので、リアリティと本気度を汲んでいただき、おもしろおかしく読んでください。

18:50 ルンルン気分で退社

11月中旬、ある日の仕事終わり。いつもなら退社後はまっすぐ家に帰るのだが、今日は特別。憧れの彼女とのお食事に向かう足取りは軽い。前回、高校のとき、片想いしていた彼女にあっさりフラれた僕。気を取り直して、今回のお相手は、大学時代にバイト先で知り合った2歳年上の先輩であり、現在は繊維系商社に勤めるT子。

19:20 六本木ヒルズで待ち合わせ

店内
OZでは、掘りごたつ席以外にも、個室、カウンター席も予約ができるのも嬉しい。思い思いのシーンに合わせて、席をチョイスしてみて

一足早く、待ち合わせの“巨大クモ”のオブジェに到着。約束の時間より10分も早く着いてしまった。案の定、はやる気持ちを抑えきれなかったか(苦笑)。しばらくして、時間ぴったりに「着いたよー!」とのメッセージが届いたので、あたりを見回してみると・・・いた!

T子をオトすために選んだのは、六本木ヒルズのなかにある唯一の焼肉店「旅亭まんぷく」。60年以上続く伝統の一品「ねぎたん塩」は、うちの会社にもファンがいるほど人気だ。ぜひともこの肉のおいしさで彼女の身体をよじれさせたい!

入口からして格式の高さが窺える和空間は、こういう外したくないデートやフォーマルなシーンにもおすすめ。今回は掘りごたつ席を予約したので、ぬくぬくしながら一気に縮められたら・・・! 女性と座敷のお店に行くときは、前もって相手に知らせておいたほうがいいという、ネットで仕入れた情報もすでに実践済み。

ただ、実際、ここに至るまでの店選びは結構悩んだ。T子は食べ物の好き嫌いが激しく、苦手なものを聞いてみたら、「セロリ、ブロッコリー、シナモンとか。あと体によさそうなものかな」。・・・超難解なオーダーを受けて悩みに悩んだ末、“肉”ならいいんじゃないかとひらめき、こちらのお店にすがることにした。

19:50 名物「ねぎたん塩」を堪能

料理例1
この日予約したのは、OZ限定4800円美食ディナープラン。名物「ねぎたん塩」をはじめ、お店こだわりの肉が味わえる9皿に舌鼓を

久しぶりの再会を祝して、シュワシュワのスパークリングワインで乾杯。ナムル・キムチ盛り合わせ、ユッケなど付き出しが続々と並ぶ。さりげなく取り分けると、彼女が少しハニカミながら言う「ありがとう」にドキッ。今の一言を録音して、iPodで無限にリピート再生したい!

いよいよ、名物「ねぎたん塩」が登場。お店の方いわく、食べごろは「片面だけじっくり焼き、肉の脂身が浮いて、ねぎと絡んできたら」なのだとか。

さぁ、いざ実食。
彼女と同じタイミングで頬張ると、お互い示しあわせたわけでもないのに視線を合わせてしまうほどのおいしさ。うまい!

ねぎの風味と香ばしいコショウの香りが鼻から抜けた後に肉の旨味がジュワ~ッと口いっぱいに広がる。お肉ってなんでこんなに恍惚な気持ちにさせてくれるんだろう。

20:40 ア~ン・・・?

料理例2
和牛握り寿司や厚切りステーキに料理がグレードアップした誕生日プランもOZで予約可能。ちなみに僕は12月に誕生日を迎えるのですが、予定はまだ埋まっていません
※画像はイメージです

いい感じに息も合ってきたところで、メインには上カルビ、上ロース、ハラミの盛り合わせを。気付けば、僕が仕切るはずだったのに、このころにはトングの主導権は彼女が握っていた・・・。焼き具合はレアが好みというT子に完全におまかせモード。

個人的にロースが好きなので、甘えまくって彼女にリクエストして焼いてもらう。火で炙られた肉から、肉汁があふれ出す。これを店特製の甘辛いタレに絡めて・・・。

僕はなにを思ったか、ア~ンしてもらっていいですか?と厚かましくおねだり。肉を焼くための火が、いつの間にか恋の導火線も着火させていた!

T子は持っているトングを落としそうになるくらい驚いていたが、すぐに平常に戻り、ピシャリと一言。

「いや、彼氏にもしたことないからね」

ツラいっ! てか、オレ、かなりイタいっ! 正論すぎる応答に、冗談だよ、てへへとも返せないオレも情けないっ!

21:40 六本木一丁目駅にて

締めの特製冷麺、デザートまでふたりで満喫。全部T子がおいしそうに食べてくれたのがせめてもの救いだった。

だが、あの“ア~ンして事故”での傷は癒えぬまま、彼女が六本木一丁目駅まで帰るというのでお見送り。駅のホームに電車が到着すると、「今日はありがとう、楽しかったよ」とT子。彼女のやさしさというマキロンが傷口にしみた夜でした。

次回も僕の挑戦は続きます!

看板

住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズヒルサイドB1F
電話番号:03-5414-5329
営業時間:[昼]月~金11:00~15:00(14:00LO)/[夜]月~金17:00~24:00(23:00LO) 土日祝12:00~24:00(23:00LO)
定休日:なし
アクセス:東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口よりコンコースにて直結、都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口より徒歩4分、都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」7出口より徒歩5分、東京メトロ南北線「麻布十番駅」4出口より徒歩8分、東京メトロ千代田線「乃木坂」5出口より徒歩10分

行きつけにしたい焼肉店

お肉を食べたい、ストレートな欲求を満たしてくれるお店から、ご褒美にふさわしいオシャレ焼肉店まで。シーンごとに“行きつけにしたい”と思える焼肉店を、オズモール編集部が女性ならではの目線で厳選してご紹介。すべてWEBで空席確認&即予約が可能

WRITING/KAWAAI KENGO(OZmall)

TOP