編集部おすすめホテルビュッフェ

和洋の食が揃う
コンテンポラリージャパニーズのホテルビュッフェ

グランドプリンスホテル新高輪のビュッフェ&カフェレストラン「SLOPE SIDE DINER ZAKURO」。和洋の食文化を調和させたコンテンポラリージャパニーズをテーマに、ホテルならではの上質な空間で、遊び心溢れる新しい食の体験を楽しんで。

ホテルビュッフェの老舗で味わう
贅沢メニューと魅惑のスイーツ

ホテルビュッフェの先駆けでもある、ヒルトン東京内の「マーブルラウンジ」で「プレミアム・ホテルビュッフェ」。特製ローストビーフなど豪華メニューに加え、-25度の大理石で世界に1つのアイスを作り出すアイスステーションも。ビュッフェの概念が覆されそう。

夜景×カクテルにときめく
赤坂のラウンジで大人時間

ANAインターコンチネンタルホテル東京36階にある大人の空間「MIXX バー&ラウンジ」へ。大きな窓の外には、赤坂・永田町から青山や新宿方面のゴージャスな夜景が広がる。組み合わせ自由なカクテルと、お酒によく合う絶品タパスを味わいながら、刺激的な夜を過ごして。

ホテルの洗練をカジュアルに
五感で楽しむブッフェ

前菜からデザートまで約50種の料理が堪能できる新横浜プリンスホテルのブッフェ「ケッヘル」。季節の食材を活かしたできたての料理や、目の前で繰り広げられるシェフのライブパフォーマンスなど、まさに五感で楽しめる新しいブッフェ。

都内近郊の人気エリアからビュッフェを探す

ビュッフェ、バイキング、食べ放題の違い

【ビュッフェとは?】
ビュッフェ[ビュッフェ]とはフランス語で、料理が並んでいるところから自分の好きなメニューを好きなだけ取り分けるスタイルのことをさす。日本ではモーニング、ランチでの利用がメジャーだが、有名ホテルの高級ディナーとしての需要もある。食べ方の基本はコース料理と同様。冷菜、温菜、メイン料理、デザートの流れでいただくのが一般的。マナーで大切なのは、自分が食べるものだけを自分の皿に取り分けること。1つの取皿に大量に盛り付けてテーブルの数人で分けるのは避けたい。また、冷たい料理は冷たい皿に、温かい料理は温かい皿に、水分の多い料理は別皿に、などに気を付ければ楽しく食事の時間を過ごすことができる。

【バイキングとは?】
かつて帝国ホテルで、スモーガスボード(料理を持ち寄り、好きなだけ食べる北欧の伝統的な食事のスタイル)をヒントにして開店したレストラン「インペリアルバイキング」が、日本でのビュッフェレストランの始まり。
その後、好きなものを好きなだけ楽しめるこのスタイルのことを、発祥のレストランの名前から“バイキングスタイル”と呼ぶようになった。
のちに「インペリアルバイキング 」のオープン記念日にあたる8月1日は、「バイキングの日」に制定され、今では“バイキング”という言葉が日常に根付いていることが伺える。

【食べ放題とは?】
決められたメニューから、好きなものを好きなだけいただけるスタイル。食事がメインのものからスイーツが中心となったものまでさまざま。また、「オーダービュッフェ」という食べたいものをオーダーして出来立てを楽しめる形式もある。寿司、飲茶などが代表的。


「OZのビュッフェ予約」は、おすすめのビュッフェ[ビュッフェ・食べ放題・バイキング]を編集部が厳選してご紹介。東京・神奈川・埼玉などの首都圏や関西で、おいしい料理や素敵な空間のビュッフェを探すなら、OZmallのレストラン予約におまかせ。

レストランを探す

条件から探す

行きたい日から探す

日付

人数
エリア

エリア選択

この条件で検索する

エリアから探す

とじる

TOP