今こそ食べたい秋冬の絶品食材BEST5

写真左/#uni(六本木/イタリアン)
写真右/UMIバル新宿店(新宿/イタリアン)

ふっくら肉厚のカニ、甘みが口に広がる牡蠣、冬に向けて脂がのっておいしくなるジビエなど、秋冬にはグルメな人々を虜にする食材が盛りだくさん。今しか楽しめないからこそ、食べに出かけないと後悔してしまうかも!? 編集部がおすすめするレストランで、思う存分召し上がれ

更新日:2018/11/01

殻に詰まった甘い身に、もう夢中!

タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ

冬は、カニがおいしくなる季節。この時期に身の詰りが最もよくなるタラバガニ、漁が最盛期となる山陰、北陸のズワイガニなどに注目を。茹でだけではなく刺身や焼きなど、いろいろな食べ方ができる専門店もあるのでお楽しみに。

口の中に広がるミルキーな味わいに悶絶

牡蠣

輸入や産地、種類によって年中楽しめる牡蠣だけど、真牡蠣が最もミルキーになる冬は、「さすが旬!」と言いたくなる時期。生でツルンと食べるもよし、焼きやフライでアツアツを頬張るもよし。食べ比べできるお店も大人気!

とろける濃厚風味がおいしい

ラクレットなどとろ~りチーズ料理

寒い季節には、とろ~りアツアツのチーズ料理はいかが? 野菜や肉にとろけたチーズをかけて食べるラクレット、アルプス周辺の家庭料理・チーズフォンデュ、韓国料理の新星・チーズタッカルビなどで身も心も温まろう。

冬のごちそうと呼ぶのにふさわしい旨みの強い肉

シカ、イノシシなどジビエ

野山を駆け回っていたシカやイノシシなどのジビエが旬を迎えるのは、狩猟期を迎える秋。寒さに負けないよう脂肪を蓄える晩秋から初冬がおいしいと言われている。引き締まった赤身と甘みのある脂身のコントラストに舌鼓を。

刺身でよし、揚げても鍋でもよし。冬の高級魚

フグ

産卵のために大きくなった冬が、フグのおいしいとき。透けて見えるほど薄切りの美しいフグ刺しや、暖かい鍋料理、外側はカラッと、中はふわっと揚がった唐揚げ・・・数え上げればきりがないほどのメニューを召し上がれ。

  • LINEで送る

TOP