おいしい日本。東京にあるご当地レストラン【新潟県】編

東京・銀座には、各都道府県の名産品や観光情報を得られるアンテナショップがたくさん。最近では、その土地ならではの郷土料理を楽しめるご当地レストランが続々とオープンし、東京にいながらして旅気分のグルメを味わえます。今回は「OZのレストラン予約」編集担当が、【新潟県】のおいしいものが集まるおすすめレストランをご紹介。

更新日:2016/10/06

銀座界隈で味わう新潟グルメ

日本酒「久保田」の蔵元直営レストラン

日本酒を代表する「久保田」のボトルが美しく整列

◆銀座 久保田(銀座)

新潟のお酒といえば、やっぱり日本酒。その代表格ともいえる銘酒「久保田」の蔵元・朝日酒造が運営するレストランがあるって知っていますか? 銀座8丁目にある「銀座 久保田」の店内は、入口やカウンター席の上に久保田のボトルが美しく整列。この光景を目にするだけで、お酒好きにはワクワクが止まらないはずです。店内は、落ち着いた和モダンな空間で、L字カウンター席、中央通り沿いを望むテーブル席や、酒蔵をイメージしたというおこもり感たっぷりの個室から席が選べます。

よく料理を“お酒に合わせる”と表現しますが、こちらは”自然に寄り添う”と表現するほうがしっくりくるような品々。新潟県長岡市でお赤飯として親しまれる「醤油おこわ」や、つなぎに不海苔(ふのり)という海藻を使ったお蕎麦など、新潟の郷土料理を含む和食をコース仕立てで味わえます。これからの季節の注目は、純米酒「朝日山」を並々と注いだ「宝水鍋」。一夜干しのイカや越後のもち豚など厳選素材を盛り込んだ鍋は、うまみや塩味など五味のバランスが計算された珠玉の逸品です。

左:「醤油おこわ」や「不海苔(ふのり)蕎麦」などを含むコース /右:純米酒でいただく「宝水鍋」

飲み飽きない「百寿」、穏やかな香りでやわらかい「千寿」、口当たりから甘み・酸味・コクへと移りゆく「紅寿」の3種が飲み放題でいただけるプランもあるので、久保田ファンは見逃せません。また、アニバーサリー特典では、屋号入り特製枡(主賓1名のみ)のプレゼントなんて粋な演出もあるので、日本酒好きの彼や友人へのお祝いにいかがですか?

----- DATA -----
銀座 久保田(銀座)
OZ限定プラン:ディナーコース4800円(税・サ込)~/ランチコース2500円(税・サ込)~

120年以上の歴史を誇る料理亭の味を体験

2名~10名まで利用できる個室が豊富に揃う

◆上越やすだ 新橋銀座口店(新橋)

創業120年以上を誇る、新潟・上越市の老舗料亭「やすね」の職人技を楽しめるのが「上越やすだ」。恵比寿にもお店があり、今年7月には銀座に新業態ダイニング「上越の恵 田喰」もオープンしました。今回、ご紹介するのは、新橋駅から徒歩1分というアクセスの「上越やすだ 新橋銀座口店」。銀座方面の景色を望むオープン席のほか、2名から10名まで利用できるプライベート個室もあるので、ゆったり会話と食事を楽しみたいディナーや、ビジネス接待、顔合わせなどでも安心して利用できる大人のお店です。

左:味噌がアクセントの「紅ずわいがに甲羅焼き」/右:新潟産コシヒカリの季節の土鍋飯

お料理は、捕れたて鮮魚のお造りや、季節味噌でいただく佐渡産「紅ずわいがに甲羅焼き」、とろけるほど柔らかなのどぐろの塩焼きなど、日本海の恵みがたくさん。そして、新潟といえばおいしいお米。コースの〆には、新潟産コシヒカリを佐渡の海洋深層水で炊く、ふっくら艶やかでモチモチの土鍋飯が登場します。旬の海産物や野菜と炊きあげる逸品を食べてこそ「上越やすだ」の魅力が分かるはずです。

新潟地酒5種を飲み比べできる

そんな新潟の美食と一緒にいただきたのは、やっぱり日本酒。なんとOZ限定で、利き酒5種がセットになるコースも特別価格でご用意していただいています。酒どころ新潟の全酒蔵から厳選した地酒が常時40種。上・中・下越・佐渡と地域別、薫・爽・醇・熟の味の解説付きなので日本酒初心者にもおすすめです。「八海山」「越乃景虎」など10種以上が飲み放題になるプランもあるので、こちらもぜひチェックしてみてください。

----- DATA -----
上越やすだ 新橋銀座口店(新橋)
OZ限定プラン:ディナーコース4800円(税・サ込)~/顔合わせランチコース7128円(税・サ込)~

TOP