「コンラッド東京」の大人シックな“白×黒”アフタヌーンティーに注目

ガラスプレートの上に、カラフルなスイーツが並ぶアフタヌーンティー。そんな色彩豊かなイメージを覆す、白黒のアフタヌーンティーが「コンラッド東京」に登場するという情報をキャッチし、新作発表会にお邪魔してきました。

更新日:2016/10/28

コンラッド東京のアフタヌーンティー

浜離宮恩賜庭園や東京ベイを眼下に望む28階にあるバー&ラウンジが、ここ「トゥエンティエイト」。2016年11月1日(火)から12月25日(日)の期間限定メニューというその内容は・・・・

「今回のテーマは『ホリデー・デカダンス』。アフタヌーンティーは、カラフルなスイーツが多いですが、思い切って白と黒にチャレンジしてみました。クリスマスをイメージしたスイーツは5種類。濃厚なチョコレートをコーティングしたブッシュドノエル、クリスマスツリータワーに見立てたバニラクリームのマカロンツリー。ギフトボックスの形をしたボンボンショコラは、ふたを開けると、花びら、フレッシュラズベリーとビターのチョコレートが入っており、サプライズも盛り込んでいます。カシスベースのソースを染み込ませた生地を土台にしたフロマージュブランムースは、お砂糖を使わず、ハチミツでほんのり甘さを出しているんですよ。それから、ほどよい酸味が嬉しいブラックベリーのパンナコッタです」と広報の谷端さん。

手前「ミニ ブッシュ・ド・ノエル ショコラ」/左奥「プレゼントボックス」
手前「ミニ ブッシュ・ド・ノエル ショコラ」/左奥「プレゼントボックス」


私のイチオシは、漆黒のボックスの中にルビー色が映えるボンボンショコラ「プレゼントボックス」。壊してしまわぬように、親指と人差し指でそ~っとふたをずらすと、カシスとラズベリーがギフトのごとく詰め込まれていて、食べるのが惜しいくらいかわいかったです。中の土台は、ビター味のなめらかなガナッシュで、ボックスのパリッとした食感と、ベリー系の弾ける酸味のそれぞれの対比を楽しめました。

セイボリーは3種類。「温めてご提供する黒ゴマのライスボールコロッケは、頬張ると中からモッツァレラチーズがとろけ出ます。キッシュはイカスミで闇を表現。竹炭で黒を出してフォアグラとマンゴーを挟んだスライダーは、お茶でもシャンパンでも合うような組み合わせになっています。甘いだけではなく、完食した後も軽やかで体が喜ぶような構成になっているのも特徴です」(同)

手前「黒ゴマのライスボールコロッケ」、左奥「竹炭バンズのブラックスライダー フォアグラテリーヌ、マンゴーとともに」
手前「黒ゴマのライスボールコロッケ」、左奥「竹炭バンズのブラックスライダー フォアグラテリーヌ、マンゴーとともに」


お昼間から、フォアグラとシャンパンを一緒に合わるなんて、これはもう背徳感たっぷりのデカダンス・・・。定番のスコーンも、プレーンに加え、ブラックココアとチョコチップを練り込んだ2種が用意されていました。スイーツもセイボリーも手のひらサイズなのに、それぞれが完成された逸品なので、食べごたえもたっぷり。約30種のコーヒーと紅茶はおかわり可能なので、ゆったり自分のペースで味わえますよ。

「コンラッド東京」オープン時からスタッフとしていらっしゃる町田桃子さん
「コンラッド東京」オープン時からスタッフとしていらっしゃる町田桃子さん


最後に、このアフタヌーンティーを手掛けた女性ペストリーシェフ町田桃子さんから、製作秘話を伺えました。

「ハロウィンはかわいい系だったので、ここまで白と黒でいいものかってちょっと迷ったんですが『デカダンス』ということで、今回はかなりおさえました。クリスマスなので、差し色に赤とグリーンを使用していて・・・実はマカロンは試作段階でグリーンも作ってみたんですが、プレートに並べた時の全体感を見て、やっぱり白にしたんです」

コンラッドさんのハイセンスな感じが出ていて、白でよかったと思います! なんて思わず前のめりで答えてしまいましたが、スイーツ1品ずつの完成度と、全体で見たときのバランスを考えて作ってらっしゃるんだな、と改めて職人の一面を垣間見させていただきました。

オズモールでは、かわいい「コンラッドベア」のお土産が付いたお得なプランをご用意していただいています。前回のハロウィンは、すぐに完売してしまったので、気になる方は早めにチェックしてくださいね。

----- DATA -----
OZ販売プラン:平日限定 通常6201円→4100円(税・サ込)
※土日祝は、詳細の「プラン一覧」ページよりご確認ください

WRITING/ASAMI TAYA(OZmall)

TOP