【東京・調布】神代植物公園

1961年に誕生し、植物公園として日本を代表する「神代植物公園」。桜の名スポットとしても有名で「さくら園」、築山周辺などに約60種、750本の桜が植えられている。オオカンザクラやソメイヨシノ、ヤエベニシダレが順を追って花開き、5月中旬には遅咲きの桜・サトザクラ類が満開に。長期に渡って桜観賞を楽しめる都内でも数少ないスポット。

更新日:2019/01/30

開花情報

2019年の開花予想(ソメイヨシノのみ):3月下旬 2018年の開花日:3月22日
2019年の満開予想(ソメイヨシノのみ):4月上旬 2018年の満開だった日:3月29日
例年の混雑状況:5000~6000人/1日

神代植物公園の後に行きたいおすすめレストラン

神代植物公園の後に行きたいおすすめレストラン

神代植物公園でお花見を楽しんだ後は、近くのレストランへ。満開の桜を鑑賞したら、そのままおいしい食事を食べに行こう。編集部が実際に足を運んで厳選したレストランのおすすめプランをご紹介します。

神代植物公園のお花見・桜情報

桜総本数
約750本
入場料
あり 大人500円、中学生200円、65歳以上250円
※小学生以下無料
ライトアップ
なし
イベント
あり
イベント名:椿・さくらまつり
期間:2019年3月12日~4月14日
時間:9:30~17:00(入園は~16:00)
駐車場
あり 867台
※有料(1時間300円、以降30分ごとに100円 ※臨時駐車場の料金は要確認)
トイレ
あり 15カ所
※授乳スペース・おむつ替えスペースあり
売店
あり
※軽食、喫茶を含む3カ所
その他の情報
なし

神代植物公園

スポット名
神代植物公園
電話番号
0424832300 0424832300 (神代植物公園サービスセンター)
住所
東京都調布市深台寺元町5-31-10 Map
営業時間
9:30~17:00(入園は~16:00)
定休日
毎週月定休(月曜日が休日の場合は翌日)、年末年始
交通アクセス
京王線「調布駅」から、小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車すぐ、もしくは京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車すぐ、JR中央線「三鷹駅」または「吉祥寺駅」から小田急バス調布駅北口または深大寺行き「神代植物公園前」下車すぐ
ホームページ
神代植物公園の詳細はこちら

【特集】東京お花見スポット2019

夜桜デートをしたり、満開の桜に囲まれながら家族とピクニックをしたり、桜が見えるおしゃれな部屋でワイワイ女子会パーティをしたり・・・。お花見スポット・桜の名所やお花見に欠かせない旬グルメなど、OZでは大切な人との1日がもっと楽しくなるお花見情報をお届けします。

  • LINEで送る