プラスチックや食品廃棄物をエネルギーに再生!/川崎キングスカイフロント東急REIホテル【ホテルと考える、これからのわたし】

プラスチックや食品廃棄物をエネルギーに再生!/川崎キングスカイフロント東急REIホテル【ホテルと考える、これからのわたし】

ホテルは非日常を楽しめる、身近にある素敵なスポット。だけど実は、これからミライをよくしていくための工夫もたくさん詰まった場所。今回ご紹介するのは、多摩川をはさんで羽田空港の向かいに建つ「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」。環境に優しいエネルギーに対する取り組みの詳細について教えていただきました。

更新日:2020/10/27

ホテルと考える、これからのわたし/川崎キングスカイフロント東急REIホテルの取り組み

プラスチックをリサイクルして、環境に優しいエネルギーへ再生

プラスチックをリサイクルして、環境に優しいエネルギーへ再生

客室アメニティを使わず、持参したものを使うことで森林保全活動に参加する「グリーンコイン制度」や、連泊する場合、寝具やタオルを交換せず、簡易清掃で済ませる「グリーンカード制度」など、グループ全体で積極的に環境への配慮をはじめSDGsに取り組んでいる東急ホテルズ。
なかでも、2018年6月に開業した「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」は、“世界初の水素ホテル”として注目を集めている。
これは環境省の地域連携・低炭素水素実証事業に協力したプロジェクトで、プラスチックリサイクルを行っている昭和電工が、一般家庭から市町村を通じて回収されたプラスチックごみを原料に独自の技術で低炭素水素をつくり、地下に張り巡らされたパイプラインを通じて、直線距離で約5km離れたホテル入口に設置された燃料電池へ運ばれる仕組み。開業より1年間は、ホテルの使用済みアメニティも原料に加え、もうひとつの実証実験が実現した。

プラスチックをリサイクルして、環境に優しいエネルギーへ再生

「京浜工業地帯という立地だからこそ、このシステムが実現できました。この仕組みの大きな特徴は、低CO2であること。水素を作る段階で発生してはいるのですが、ドライアイスなどの炭酸製品に活用されるため、低炭素なリサイクルとなっています。また、通常はトレーラーなどを使って水素を運ぶのですが、当ホテルではパイプラインを活用しているため、こちらも低CO2です。燃料電池から出る排熱は、大浴場の給湯にも活用されているんですよ」と管理部門の金古さん。

【PICK UP】川崎キングスカイフロント東急REIホテル 注目の取り組み

総電力量の3割を担う、水素エネルギー

総電力量の3割を担う、水素エネルギー

川崎市や近隣の企業との連携によって実現した“世界初の水素ホテル”。背景には、過去に公害問題で苦しんだ川崎市だからこそ、環境先端都市として低炭素・循環型社会をつくりたいという思いが込められているという。
川崎キングスカイフロント東急REIホテルの水素エネルギーによる1年間の発電量は年間で必要な総電力量の30%を占め、累計45万kwh、CO2削減効果は約20万kgに及ぶのだとか。
「数値で表すとわかりにくいかもしれませんが、1日の発電量に換算すると4人家族82世帯分になります。今年の秋から、水素エネルギー施設を活用したレタスの栽培をはじめ、ホテル内にあるレストランで取り入れる予定です。お客さまにぜひお召し上がりいただき、環境問題をより身近に感じるきっかけになったら嬉しいです」

どうしても出てしまう食品廃棄物も、エネルギーとして再利用

どうしても出てしまう食品廃棄物も、エネルギーとして再利用

もうひとつ注目したいのが、2019年より始まったという、食品廃棄物から電力を発生させるプロジェクト。ホテルから出た食品廃棄物を微生物によってメタン化させ、発生したバイオガスを燃料に発電するもので、国内ホテルでは初めての取り組みだそう。さらに再生可能エネルギーによる電気のみを供給する電力プランを利用することで、水素エネルギーと合わせて100%再生可能エネルギーを活用したホテルへ。

「自治体やいろいろな企業のご支援をいただいて実現したプロジェクトではありますが、若い世代の方にも知っていただきたいという思いから、グループ全体で「SDGs修学旅行プラン」をご提案しています。こうした環境への取り組みも、ホテルを選ぶ際の基準にしていただけたら嬉しいですね」と客室部門の田中さん。

ホテルといえばちょっと贅沢で、特別な時間を過ごす場所。“SDGs”と聞くとハードルが高いと感じるかもしれないけれど、そんなとっておきのホテルで食事や宿泊することが、誰かの笑顔やしあわせにつながっているかも。まずはここから、一緒にはじめてみませんか?

【PICK UP】川崎キングスカイフロント東急REIホテル OZmall限定プラン

「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」から、SDGsへの取り組みをより実感できる宿泊プランが、OZmall限定で登場。ルームフレグランスや入浴剤として楽しめる「ヒノキの香り袋」が付いた、1泊朝食付きプラン。香り袋に入るヒノキは、東急ホテルズ・グリーンコインの森があり、東京都の水源地でもある山梨県丹波山村の間伐材を利用している。自分らしい滞在を楽しめる、ライフスタイルホテルを満喫して。

DATA

スポット名
川崎キングスカイフロント東急REIホテル
電話番号
0442801090 0442801090 (代表番号)
住所
〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-11 Map
交通アクセス
JR 川崎駅・京急川崎駅から無料シャトルバス約20分
JR 川崎駅・京急川崎駅から京急大師線小島新田駅15分、徒歩15分またはタクシー5分
JR 川崎駅・京急川崎駅からバスでキングスカイフロント入口(浮島橋行)20分、徒歩5分
東急ホテルズのサステナブルなホテルづくり
特設ページ
ホームページ
公式HP

【特集】ホテルと考える、これからのわたし

【特集】ホテルと考える、これからのわたし

ホテルとは、非日常を楽しめる、身近にある素敵なスポット。だけど、実は、これからミライをよくしていくための工夫もたくさん詰まった場所。
私だけがしあわせじゃなくて、私も誰かもしあわせになれる、そんな場所として、ホテルの魅力を再発見しませんか?

PHOTO/AYA MORIMOTO、WRITING/MINORI KASAI

  • LINEで送る