エシカルなモノを集めた、西海岸がコンセプトのセレクトショップブランド「Ethical&SEA」誕生【サステナブルチャレンジ】

サステナブルチャレンジとは?

肌が揺らぎやすい春は、コスメをオーガニックなど低刺激なものに切り替える人も多いはず。そこで注目したいのが、今季デビューしたセレクトショップブランド「Ethical&SEA」。こちらでは、世界中から厳選したエシカルなコスメやフードなど500種以上を展開。使い心地がよくて、環境問題にも向きあったエシカルな愛用品が見つかるはず。まずは身近なところから“サステナブルチャレンジ”をはじめてみませんか?

更新日:2021/03/12

今回のサステナブルチャレンジは“エシカルなセレクトショップで買い物をすること”

テーマは「エシカル」と「海」。環境に配慮したアイテムが充実

コンビニやスーパーの買い物袋の有償化などから、少しずつ環境に目を向ける人々が増えてきている昨今。毎日使うコスメや身体に入れる食べ物も、できるだけ地球に優しいものに切り替えたいと考えている人は多いはず。そこで注目したいのが今季デビューしたエシカルなセレクトショップブランド「Ethical&SEA(エシカルシー)」。

地球環境にあわせた暮らしを当たり前に実践するアメリカ西海岸など海外のカルチャーに魅せられた仲間たちが、「日本でもいい活動が浸透するように“エシカル消費”というジャンルで貢献したい」という思いで立ち上げたそう。

コンセプトは、「エシカル」「サスティナブル」「テック」。

「1人1人の消費行動が変わり、地球がユートピアになるために」をミッションに、その後押しができるブランドを目指すんだそう。

話題のCBDコスメも!エシカルなフードやコスメが約500種

第1弾となる旗艦店は3月上旬、横浜と川崎にオープンした。店内には「オーガニック」や「オーシャンフレンドリー」を切り口とする、地球環境に配慮した商品がずらり。

南国の甘い香りに癒されるハワイアンオーガニックブランド「Ola Tropical Apothecary」や、昨今、心身への健康効果から世界中で注目されている“CBDコスメ”の一種「CAMYU」、フランスの最高基準の原産地保護呼称「A.O.P」認定を受けたオーガニック・トゥルーラベンダーのスキンケアブランド「LE CHATEAU DU BOIS」ほか、コスメは約60ブランドを展開。植物の力が感じられるオーガニックやナチュラルな世界の注目ブランドが目白押し。

フードも、オーガニックサプリメントのパイオニア「Nova Scotia Organics」や、野菜不足や栄養バランスの乱れなどを簡単に補えるサプリメントシリーズ「RISE STORE」など、美容&健康オタク心をくすぐるものばかり。

そのほか、プラスチックフリーで洗って何度も使える100%植物性フードラップや、持ち運びがしやすく繰り返し使えるシリコンストローなど、地球に優しい暮らしをサポートしてくれるアイテムも充実。欲しかったものやお気に入りがきっと見つかるはず。

エシカルについて学べるインスタライブやワークショップも

ショップでは、エシカル消費へと理解を深めたいという思いから生産者やメーカーと直接繋がれるインスタライブを毎月開催。作り手の思いをダイレクトに届ける。

また、ブランドとして海洋プラスチックゴミ回収装置「シービン」を設置し、回収した海洋プラスチックをインテリア雑貨へ作り替えるワークショップを実施。そのほか、クラウドファンディングを実施してシービン設置への資金調達、オーシャンフレンドリーの取り組みの発信など多彩なプロジェクトを進行予定。

エシカルへのこだわりがつまったブランド「Ethical&SEA」。楽しく買い物をして、気づきや学びが得られ、それがハッピーな未来に繋がるなんてワクワクしてきませんか?

OZmallからのお願い

新型コロナウイルスの影響により、イベントの中止・変更、ならびに施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策にご協力のうえ、思いやりを持った行動をお願いします。

DATA

スポット名
Ethical&SEA(エシカルシー)横浜
住所
神奈川県横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナス2F
営業時間
10:00-21:00(通常時)
ホームページ
公式サイト

【特集】OZとはじめる、#サステナブルチャレンジ

/sdgs/sustainablechallenge/

SDGsと言われても「それって何なの?何から始めればよいの?」と、難しく考えてしまう人も多いはず。でも実は、毎日の暮らしのなかにヒントがたくさんあるんです。食材をムダなく活用するのも、エコバックを持ち歩くのも、サステナブルなSDGsアクションのひとつ。そこでオズモールでは、楽しみながら始められる「#サステナブルチャレンジ」をガイドしていきます。ぜひ、できることからはじめてみて。

WRITING/KANO NUMATA

  • LINEで送る