【#サステナブルチャレンジ】吉本興業×OZmallが特別コラボ!楽しく始めるSDGsアクションを徹底レポ

【#サステナブルチャレンジ】吉本興業×OZmallが特別コラボ!楽しく始めるSDGsアクションを徹底レポ

オズモールとはじめる、SDGsアクション。小さな“サステナブルチャレンジ”から挑戦してみませんか? 今回、SDGs推進の活動を積極的に行っている「吉本興業」と特別コラボが実現! 人気芸人やタレントなど豪華メンバーが、レストランやホテル、サロン、商業施設などでのサステナブルな体験を通して感じたことを発信しながら、楽しみながら始められる「#サステナブルチャレンジ」をガイドしていきます。ぜひ参考にしてみて。

更新日:2021/03/24

「#サステナブルチャレンジ」とは?

「#サステナブルチャレンジ」とは?

最近よく耳にするようになった“SDGs(エスディージーズ)”という言葉。それに代表されるのが、「サステナブル」な暮らし方。直訳すると「持続可能な」という意味で、社会や暮らしから害のあるモノコトを排除し、ハッピーな未来につなげていこうという思想のこと。

この「サステナブル」な暮らし方を常日頃心がけるだけで、必然的に行動や買い物が変わってくる。例えば、環境のことを考えてマイボトルやマイ箸、エコバックを携帯するのもそうだし、今ある食材やモノをムダなく活用することや、モノを長く愛用することもそう。スーパーやドラッグストアではプラスチックの製品を避けるようになり、プラスチックでも100%再利用できるモノを選択したり、地球にやさしい認証入りの商品やフェアトレードの商品、植物由来の商品を買うようになる。サステナブルを提唱する企業のコスメやファッションを買うのも、間接的に環境にいいことをしていることに。

実は毎日の暮らしのなかに数えきれないほど存在する、サステナブルなSDGsアクション。オズモールでは、そんな楽しみながら始められる“サステナブルチャレンジ”を紹介し、みんなの「#サステナブルチャレンジ」を全力で応援! みんなとつながりながら、多くの人が自分らしく前向きにSDGsに取り組んでいこうというプロジェクトです。

オズモールとはじめる、わたしファーストのSDGs。小さな“サステナブルチャレンジ”から、ぜひこの機会に挑戦してみませんか?

【随時更新】吉本興業×OZmallが考える、#サステナブルチャレンジ

Vol02.【横澤夏子】子どもや未来のために、身近なものから脱プラをはじめること

第2回目は、芸人として働く女性であり、ママとしても奮闘している横澤夏子さんが登場し、繰り返し使えるエコなキッチングッズ・ミツロウラップ作りを体験。エシカルなライフスタイルショップ「style tableコレド日本橋店」を訪れ、かわいく脱プラスチックに挑戦しちゃいます! 

Vol01.【尼神インター誠子】かわいいサステナブルフードを味わい、食と地球への意識を高めること

第1回目は、地球だけでなく体や美容にもよいヴィーガンやサステナブルメニューを尼神インターの誠子さんが体験。普段から自分磨きを怠らない誠子さんが、表参道のサステナブルデリ&カフェ「Blue Globe Tokyo」を訪れ、かわいいサステナブルフードを実際に食べてキレイへの意識と地球への意識をさらに高めちゃいます! 

吉本興業の取り組みをチェック!
「2030年を笑顔であふれる世界に」

国際社会の一員として、持続可能な開発目標(SDGs)に賛同し、「笑顔」につなげる活動を通じて、よりよい国際社会の実現に貢献・応援している「吉本興業」。国連とタッグを組み、話題の芸人さんたちが多数出演するSDGs啓発CMや、SDGsをネタに盛り込んで競う「SDGs-1グランプリ」の開催など、SDGsに関心を持って頂く活動に取組んでいます。

みんなの「#サステナブルチャレンジ」更新中

Instagramアプリをダウンロードしたら、オズモール編集部の公式Instagramアカウント吉本興業の公式Instagramアカウントをフォローのうえ、「#サステナブルチャレンジ」「@ozmallok」を付けて投稿してみよう! 豪華プレゼントキャンペーンも開催予定なので、ぜひみんなの体験をシェアして。

こちらもチェック!オズモールとはじめるSDGsアクション「#サステナブルチャレンジ」

SDGsと言われても「それって何なの?何から始めればよいの?」と、難しく考えてしまう人も多いはず。でも実は、毎日の暮らしのなかにヒントがたくさんあるんです。食材をムダなく活用するのも、エコバックを持ち歩くのも、サステナブルなSDGsアクションのひとつ。そこでオズモールでは、楽しみながら始められる「#サステナブルチャレンジ」をガイドしていきます。ぜひ参考にして、できることから始めてみて。

  • LINEで送る

TOP