お笑いトリオ・ロバートの馬場裕之さんが考案!規格外野菜のペーストを使った“アジアごはん”レシピ【サステナブルチャレンジ】

お笑いトリオ・ロバートの馬場裕之さんが考案!規格外野菜のペーストを使った“アジアごはん”レシピ【サステナブルチャレンジ】

サステナブルチャレンジとは?

オズモールとはじめる、SDGsアクション。小さな“サステナブルチャレンジ”から挑戦してみませんか? 料理の腕前が大注目され、“料理好き芸人”としても知られるお笑いトリオ・ロバートの馬場裕之さんが、規格外野菜から生まれた野菜ペーストを活用したアレンジレシピをご紹介。規格外の野菜も、工夫して活用すればサステナブルに! ぜひ身近なところから、サステナブルな暮らしをはじめてみませんか?

更新日:2021/06/07

今回のサステナブルチャレンジは“規格外野菜を使った野菜ペーストを使って簡単に料理を楽しむこと”

廃棄されてしまう“規格外”の無農薬野菜をペーストにして瓶詰めに

廃棄されてしまう“規格外”の無農薬野菜をペーストにして瓶詰めに

市場に出回る野菜には“流通規格”がある。そのため、ちょっと曲がっていて形がいびつだったり、少し傷がついていたり、サイズが小さかったりすると、“規格外”とされて、食べられるのに廃棄されてしまう。ファームキャニングでは、そういった規格外のもったいない野菜を買い取り、さまざまな料理に活用できるペーストにしているそう。

ファームキャニングのペーストに使われる規格外野菜は、できるだけ無農薬で育てられたもの。化学調味料などは使わず、体にも地球環境にも優しく作られたペーストは、そのままバケットや野菜ディップとして食べるのはもちろん、和洋中、さまざまな料理にも活用できる。

「見た目が悪い野菜は買うのをためらってしまう人もいると思いますが、こうして規格外の無農薬野菜を活用してくれると僕たちも買いやすいし、とてもいい取り組みだなと思います。ペースト状になっているから、もともとサイズが小さかったとか形がいびつだとか全く関係ないですよね。麺類に絡めたり、豆腐にかけたり、そのままでもおいしかったです。味がしっかりついているから、逆にレシピを考えるのも大変でした(笑)。こういったペーストを使うのも食品ロスを減らすことになるし、サステナブルだと思います!」(馬場さん)。

馬場さんのおすすめは、「ビーツのバーニャカウダソース」。アンチョビの代わりに塩麹を入れて作ったバーニャカウダソースで、まろやかな味わい。「ビーツって自分ではなかなか買わない野菜だけれど、こういったペーストなら保存もきくし、便利に使えるかなと。色がきれいだから、カルパッチョとかにちょっとあしらったらパーティメニューにもなりそうですよね!」。

ロバート馬場さん考案!「規格外の野菜から生まれたペーストを使ったアジアごはん」

規格外の野菜から生まれたペーストを使ったレシピ「3色ヤムウンセン」

規格外の野菜から生まれたペーストを使ったレシピ「3色ヤムウンセン」

タイの春雨サラダ「ヤムウンセン」を、ビーツ、ニンジン、ケールのペーストを使って3色に。見た目もカラフルで味変も楽しい1品!

「今回は湘南・三浦半島の無農薬、有機栽培で育てられた規格外野菜を使ったファームキャニングさんのペーストを使って、3色に仕上げます。ひき肉を炒める時に使う香味オイルがない方は、ニンニクや生姜のみじん切り、しょうゆなどで炒めてください。また、イカやエビの扱いに自信のない人は、冷凍のシーフードミックスでも大丈夫! ヤムウンセンは温かい春雨に和えるサラダなので、温かいうちに調味料と和えるのがポイントです」

※ケールのペーストは、季節の青菜を使ったジェノベーゼソースのため、現在は小松菜のジェノベーゼソースが販売中。季節によって使われる野菜が変わります

「3色ヤムウンセン」の作り方

【材料】(2~3人前)
・規格外野菜から生まれたペースト(ニンジンのバーニャカウダソース、ビーツのバーニャカウダソース、ケールのジェノベーゼソース)
・規格外野菜から生まれた香味オイル(ニラ)
・緑豆春雨 100g
・豚ひき肉(粗め) 100g
・エビ 6尾
・イカ 1/3身程度
・生キクラゲ 1パック
・赤玉ネギ 1/2個
・セロリ 1/3本
・パクチー 1把
・鷹の爪 1本
・ピーナッツ 10粒くらい
・ナンプラー 適量
・レモン汁 適量

【作り方】
①パクチーは根本をよく洗い、カットする。茎のほうが香りが強いので細かめに、葉のほうは柔らかいので大きめに切っていく。
②セロリは葉も含めて薄切りに、赤玉ネギをみじん切り(または薄切り)にする。
③鷹の爪は種ごと細かく切る。(種ごと使うと辛味が増す)
④生キクラゲを食べやすい大きさにカットする。
⑤エビは尻尾をつまんで殻を剥いて背中にそって包丁でひらく。水洗いをして背わたを取り除く。
⑥イカの皮を剥いてよく洗う。キッチンペーパーを使うと剥きやすい。食べやすい大きさにカット。
⑦豚ひき肉を「香味オイル/ニラ」で炒め、隠し味にナンプラーを適量入れる。
⑧エビ、イカ、キクラゲを茹でる。
⑨同じお湯で春雨を茹でる。
⑩春雨をナンプラー、レモン汁、唐辛子、⑦、⑧、セロリ、赤玉ネギで和える。
⑪ビーツ、ニンジン、ケールの3種類のペーストをそれぞれ和え、パクチー、ピーナッツをトッピングして完成。

ロバート馬場さんからのワンポイントアドバイス

・春雨はツルツルした食感がおいしいので、「緑豆春雨」を使ってください。ない方は、素麺やビーフンでもOK。
・きくらげは乾燥のものを戻して使っても大丈夫です。きくらげがなければ、食感があるえのきやしいたけでも代用できます。
・やわらかいのと色がきれいなので赤玉ねぎを使いましたが、なければ新玉ねぎや小ネギでもOKです。
・パクチーの根っこは香りが強いです。捨てずにカオマンガイ(タイのチキンライス)などを炊く時に一緒に入れると、パクチーの風味がご飯にうつりおいしくなりますよ。
・エビの臭みが気になる方は、片栗粉をまぶしてから水洗いすると臭みが取れやすいです。

白ワインとの相性抜群!「真鯛のカルパッチョ」

規格外野菜ペーストを使ったレシピ「バインミー」

フランスパンを使ったベトナムのサンドイッチ「バインミー」。今回は、野菜、お肉、ツナをたっぷり入れたボリューミーな1品に。

「今回はファームキャニングさんのケールのジェノベーゼペーストを使ってバインミーを作ってみました。ジェノベーゼソースのナッツの香ばしさがアクセントになります。ソースはお好みで2種類使ってもいいかも。大根と人参はなますにして、さっぱり感を加えたのもポイントです」。

【材料】
・規格外野菜から生まれたペースト(ケールのジェノベーゼソース)
・規格外野菜から生まれた香味オイル(ニラ)
・ツナ缶(ノンオイル)
・豚こま肉 80g程度
・人参 50g程度
・大根  50g程度
・パクチー 適量
・きび砂糖 適量
・塩 適量
・酢 適量

【作り方】
①大根は皮を剥き、千切りに。人参は皮ごと千切りにする。
②①を砂糖で揉み、水分が出たら水を絞る。
③②に酢、塩を加えて「なます」を作る。
④ツナのノンオイル缶にケールのジェノベーゼソースを和える。
⑤豚こま肉を香味オイルで炒める。
⑥トースターで軽く温めたフランスパンで③、④、⑤を挟み、パクチーをあしらって完成。

ロバート馬場さんからのワンポイントアドバイス

・剥いた大根の皮はきんぴらにしたり、漬物にしたりしてもおいしいです。
・野菜を皮ごと使う場合は、たわしなどで表面を洗うと安心です。皮にも栄養分があるし、生ゴミも減らせて一石二鳥。
・なますを作るときは、砂糖で揉むのがポイントです。砂糖のほうが塩より水分を引き寄せるので、早く水分が出ます!
・きび砂糖がなければ普通の砂糖でも大丈夫ですが、きび砂糖はミネラルも豊富で、まろやかな味わいになるのでおすすめです。
・調味料は適量(お好み)ですが、基本は薄めにして後で調整するほうが、失敗が少ないです。
・香味オイルがなければ、オイスターソースでもOK。

お笑いトリオ・ロバートの馬場裕之さんのサステナブルチャレンジ「捨てずに活用する」

しいたけのじくはおつまみに、半端野菜は漬物にして活用

しいたけのじくはおつまみに、半端野菜は漬物にして活用

「どうやって食べていいかわからないような食材や普通は捨ててしまう部分、たとえば、しいたけのじくとかえのきの石づきとか、そういうのを使ったレシピをよく考えています。
しいたけのじくはほどよい大きさに割いて、焦げないように素焼きしてカリカリにするんです。そうすると、イカのあたりめみたいな食感になるんですよ~」

「あと、使いきれなかった野菜は漬物にしてしまいます。漬物にしておけば、日持ちがよくなるし、そのままはもちろん、スープにしたり、炒め物に入れたりと、いろんな料理に使えるんですよ。塩と昆布と鷹の爪だけのシンプルな漬物です。白菜なんかを漬けておくと、豚肉と一緒に炒めれば辛くない豚キムチみたいになります。あとは好きな調味料足して味を整えれば、立派な1品ですよね」

家庭菜園をして、栽培した野菜で料理を作りたい

家庭菜園をして、栽培した野菜で料理を作りたい

「今はプランター栽培をしている程度ですが、いずれはもう少し広い土地で家庭菜園をしたいなと思っています。野菜だけではなくて、レモンの木とかも植えてみたいと思っていて。もともと田舎出身で自然が多い中で育ったから、虫も全然怖くないんです!」

「今はミントと山椒の木、ネギを育てています。ネギは買ってきた万能ネギの根っこだけを切り落として土に植えると、再生するんですよ! 買ってきた2分の1くらいの長さには成長します。ネギってそんなに大量に使わないじゃないですか。だからこうして土に植えておくと、使う分だけちょこちょこ収穫できるから無駄になりません。プランターも、もともと持っていたバケツの底に穴を開けて水捌けをよくして再利用しています。田舎なんかだと発泡スチロールを使っていたりしますよね。使えるものは使うというのも、サステナブルですよね!」

こちらもチェック!

気取らずお手軽、かつ必要最小限の材料で再現できる!馬場裕之さんのレシピ本が発売
三才ブックス刊 (C) 吉本興業

気取らずお手軽、かつ必要最小限の材料で再現できる!馬場裕之さんのレシピ本が発売

テレビ番組「家事ヤロウ!!!」ではプロ顔負けの腕前を披露する他、自身のレギュラーの料理コーナー番組を複数持つなど、今や自他ともに認める料理好き芸人として知られるお笑いトリオ・ロバートの馬場裕之さん。定番料理にひと工夫を加え、食べなれた味を格上げする調理術を紹介するYouTubeチャンネル「馬場ごはん」は瞬く間に登録者数35万人を突破。

気取らずお手軽、かつ必要最小限の材料で再現できる馬場ちゃんのレシピは、料理初心者の若者から熟練の主婦まで、幅広い層が支持。
そんな馬場ちゃんが普段から実践している「やり方をちょっと変えるだけで味が劇的に美味しくなる」「手順を少し工夫するだけで仕上がりが大きく変わる」といった裏ワザが、理由とともに紹介されたレシピ本「ロバート馬場ちゃんのキッチンmemo いつもの料理が“パっと"おいしくなる魔法」が好評発売中。ぜひチェックしてみて。

ファームキャニングさんから、OZmall読者に豪華プレゼント

ファームキャニングさんから、OZmall読者に豪華プレゼント

規格外野菜から生まれた野菜ペースト3種セットを2名様にプレゼント

今回の取材を記念して、ファームキャニングさんから規格外野菜から生まれた野菜ペーストをプレゼント! OZmall公式Twitter&公式Instagram限定で募集告知をするから、情報公開をお楽しみに。

▼プレゼント内容
<セット内容>
規格外野菜から生まれた野菜ペースト3種セット
・ニンジンのバーニャカウダソース「ベジバーニャ ニンジン」
・ビーツのバーニャカウダソース「ベジバーニャ ビーツ」
・季節の葉物野菜のジェノベーゼソース「グリーングリーン」 ※季節によって使われる野菜が変わるため、発送時期に販売中のものをお届けします

▼公式Twitter&公式Instagramはこちらからチェック
OZmall公式Twitter
OZmall公式Instagram

Twitter&Instagramキャンペーン詳細

【応募期間】
2021年6月2日(水)~ 2021年6月8日(火)23時59分まで

【応募条件】
▼Twitterキャンペーンに参加の場合
オズモールのTwitterアカウント(@OZmall)を「フォロー」の上、「#OZmallプレゼントキャンペーン」「#サステナブルチャレンジ」両方のハッシュタグが付いた投稿への「RT」が参加条件となります
▼Instagramキャンペーンに参加の場合
オズモールのInstagramアカウント(@ozmall_editors)を「フォロー」の上、「#OZmallサステナブルチャレンジキャンペーン」のハッシュタグが付いた投稿への「いいね」が参加条件となります
※すでにアカウントをフォローいただいている方も、該当のハッシュタグが付いた投稿への「RT」「いいね」が参加条件となります

■プレゼントの当選発表・賞品発送
・締め切り後、厳正な抽選を行い、当選者を決定いたします
・当選者の方には、2021年6月中旬頃までに、OZmall編集部の公式アカウントよりダイレクトメッセージで当選のご連絡をいたします。その際、賞品をお送りするご住所をお伺いしますので、予めご了承ください
・賞品は6月下旬頃に発送の予定ですが、諸事情により多少前後する場合もございます

■注意事項
・当選者の選定時にオズモールのTwitterアカウント(@OZmall)またはInstagramアカウント(@ozmall_editors)のフォローを解除している場合、対象外となりますのでご注意ください
・当選連絡のダイレクトメッセージを送信した翌日から3日以内にご返信がない場合、お客様の住所変更・転居先不明・ご不在等により商品の受け取りができない場合は、当選を無効とさせていただきますのでご了承ください
・当選賞品の転売は禁止いたします
・本キャンペーンに関するお問い合わせは、Twitterキャンペーンに参加の場合は【Twitterサステナブルチャレンジキャンペーン】、Instagramキャンペーンに参加の場合は【Instagramサステナブルチャレンジキャンペーン】とご記入の上「お問合せフォーム」よりご連絡ください
・本キャンペーンの内容・期間は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください
・賞品の発送のためご提供いただいた個人情報は、「OZmallで登録して頂いた個人情報の取り扱いについて」に基づき取り扱います。

吉本興業×OZmallが特別コラボ!

吉本興業×OZmallが特別コラボ!

今回、SDGs推進の活動を積極的に行っている「吉本興業」と特別コラボが実現! 人気芸人やタレントなど豪華メンバーが、レストランやホテル、サロン、商業施設などでのサステナブルな体験を通して感じたことを発信しながら、楽しみながら始められる「#サステナブルチャレンジ」をガイドしていきます。ぜひ参考にしてみて。

Vol01.【尼神インター誠子】かわいいサステナブルフードを味わい、食と地球への意識を高めること
Vol02.【横澤夏子】子どもや未来のために、身近なものから脱プラをはじめること
Vol03.【ロバート馬場裕之】規格外野菜のペーストを使った“アジアごはん”レシピ
Vol04.【ガンバレルーヤ】サステナブルなヘアサロンで美と地球への意識を高めること

馬場裕之

PROFILE

馬場裕之(ばばひろゆき)
お笑い芸人。1979年3月22日生まれ。福岡県北九州市出身。吉本興業所属。秋山竜次、山本博と共にお笑いトリオ・ロバートを結成。ボケ担当。テレビ番組で披露した料理の腕前が注目を集める。著書に『ロバート馬場ちゃんの毎日毎日おいしい本』(KADOKAWA)、『ロバート馬場ちゃんのキッチンmemo いつもの料理が“パっと"おいしくなる魔法』(三才ブックス)などがある。

公式YouTube
公式Instagram
公式Twitter
ホームページ
吉本興業公式HP

【特集】OZとはじめる、#サステナブルチャレンジ

【特集】OZとはじめる、#サステナブルチャレンジ

SDGsと言われても「それって何なの?何から始めればよいの?」と、難しく考えてしまう人も多いはず。でも実は、毎日の暮らしのなかにヒントがたくさんあるんです。食材をムダなく活用するのも、エコバックを持ち歩くのも、サステナブルなSDGsアクションのひとつ。そこでオズモールでは、楽しみながら始められる「#サステナブルチャレンジ」をガイドしていきます。ぜひ参考にして、できることから始めてみて。

PHOTO&MOVIE/MANABU SANO KATSUMI SATO KAZUHITO MIURA WRITING/KIMIKO OHKATSU

  • LINEで送る