フードロス・食品ロスってなに?自宅&外食時にできることや食材の廃棄を減らすレシピなどを網羅【#サステナブルチャレンジ】

フードロス・食品ロスってなに?自宅&外食時にできることや食材の廃棄を減らすレシピなどを網羅【#サステナブルチャレンジ】

オズモールとはじめる、SDGsアクション。小さな“サステナブルチャレンジ”から始めてみませんか? 最近よく耳にするフードロス・食品ロスという言葉。日本では、年間612万トンもの食品が食べ残し、売れ残りや期限が近いなどの理由で、まだ食べられる状態なのに廃棄されている。私たちができることは、そんな事実を知って、1人ひとりがいつもの行動や習慣を変えること。自宅&外食時にできることや、ロス削減レシピなどをご紹介。

更新日:2021/08/03

フードロス・食品ロスとは?

なぜフードロス・食品ロスが問題なのか?

なぜフードロス・食品ロスが問題なのか?

最近よく耳にするフードロス・食品ロスという言葉。「フードロス・食品ロス」とは、本来食べられるのに捨てられてしまう食品のこと。

日本では、年間612万トン(※)もの食品が、食べ残し、売れ残りや期限が近いなど様々な理由で、まだ食べられる状態なのに廃棄されているのだそう。(※農林水産省及び環境省「平成29年度推計」)
1人当たりに換算すると、1年で約47kg。毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと同じ量になるのだとか。

大量のロスが発生することにより、多くの食料を捨てている事実があるのはもちろん、ごみの廃棄処理問題や、ごみ処理の際のCO2排出や埋め立てなど、環境にも悪影響を及ぼしていることも事実。また、世界の人口の約9人に1人は飢餓に苦しんでいるという現状も。

SDGs(「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」)の目標12「つくる責任つかう責任」の中で、「2030年までに小売・消費レベルにおける『世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減』させ、『収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品の損失を減少』させる」と目標が具体的に示されている。

私たちができることは、そんな事実に向き合って、1人ひとりが食べ物をもっと無駄なく、大切に消費していくこと。ぜひできることから始めてみて。

フードロス・食品ロスを防ぐために自宅&外食時にできること

フードロス・食品ロスは大きく分けると、外食産業や食品製造・卸売・小売業などの事業活動を伴って発生する「事業系食品ロス」、各家庭から発生する「家庭系食品ロス」の2つ。

フードロスが起こる原因は主に家庭・外食での食べ残しや、鮮度の低下や腐敗・カビの発生、お店での売れ残りなどがある。

フードロスを防ぐために家庭でできることは、ロスがでないように工夫することや、食材の買い方を見直すことが大切に。

また、外食時にできることとしては、お店選びや注文時に量を気にすること。

そのほかにも、フードロス削減に貢献する通販・お取り寄せサイトの活用や、規格外の食材や地元やコロナの影響で廃棄の危機にある食材を積極的に購入することも、フードロスゼロにつながるSDGsアクションに。

編集部で紹介したサステナブルチャレンジもぜひ参考にして、まずはキッチンから“サステナブルチャレンジ”に挑戦してみよう!

■家庭でできること

・冷蔵庫の中身をチェックしてから買い物に行く
・食材は、食べられる量だけ購入する
・買い物の際は、賞味期限・消費危険が早いものから商品を買う
・余った食材は、冷凍・乾燥など、長期保存できるように工夫する(適切な保存方法を知る)
・調理は食べられる量を心がける
・下処理の当たり前を見直し、野菜の皮や種、魚のガラなど普段捨てられがちな部分も、捨てずに活用する

料理研究家・ラク家事アドバイザーの島本美由紀さんに聞いたキッチンのゴミを減らす3つの方法

■外食時にできること

・フードロスの削減に取り組む飲食店(レストラン)を選ぶ
・食べられる量だけ注文する
・どうしても残ってしまう場合は、お店と相談して持ち帰ることも検討する

【随時更新】あの人に聞いた、フードロスを減らす#サステナブルチャレンジ

【ロバート・馬場裕之】規格外野菜のペーストを使った、アジアごはんレシピ

料理の腕前が大注目され、“料理好き芸人”としても知られるお笑いトリオ・ロバートの馬場裕之さんが登場! 規格外野菜から生まれた野菜ペーストを活用した“アジアごはん”レシピを2つ披露してくれました。規格外の野菜も、工夫して活用すればサステナブルに! 馬場さんによるレシピ動画も公開中なのでお見逃しなく。

【帝国ホテル・杉本東京料理長】魚の頭や骨も無駄にしない、簡単フレンチレシピ

長年サステナブルな活動に取り組む日本を代表する名門ホテル「帝国ホテル」の東京料理長・杉本雄さんが考案した、魚の頭や骨から取った出汁を無駄なく活用したレシピをご紹介。日頃、捨てられてしまいがちな頭や骨は、旨みの宝庫。ひと手間かけて取った万能出汁を使って、簡単フレンチレシピに挑戦してみよう。自宅で気軽にチャレンジできるレシピ動画も公開中!

【ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ エグゼクティブ シェフ パティシエ・德永純司】いちごレシピ

おいしく食べられる状態なのに、形の悪い&熟れたフルーツは廃棄されてしまうことも多いそう。そこで、日本を代表するパティシエのひとり、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのエグゼクティブ シェフ パティシエ・德永純司さんに、形の悪い&熟れたいちごをおいしく長く楽しむためのサステナブルな簡単いちごスイーツレシピを教えてもらいました。

【セルリアンタワー東急ホテル・パティシエ】“もったいない”から生まれた、オランジェット

渋谷の『セルリアンタワー東急ホテル』では、“フードロス”を少しでも減らそうと、 ジュースを絞った後に捨ててしまうオレンジの皮を、フランス菓子「オランジェット」に生まれ変わらせている。そのオランジェットのレシピを、パティシエの吉田純さんが家庭でも手軽に作れるようにレクチャーしてくれました。動画でもレシピやコツを公開中!

【ファームキャニング代表・西村千恵】冷蔵庫の半端野菜を保存食ベジスプレッドに

「自然の大切さを伝え、フードロスを減らすこと」がファームキャニング代表の西村千恵さん流のSDGs。野菜の無駄をなくし毎日の食事をおいしく楽しむコツを教えてもらいました。教えてくれたのは、冷蔵庫に余りがちな半端野菜を使った簡単“ベジスプレッド”レシピ。スープやパスタに使ったり、作り置きもできてとっても便利! 野菜の無駄を減らし食事もおいしくなるから、ぜひ実践してみて。

【子ども料理研究家・武田昌美】子どもの食べ残しを一緒に減らす!食育レシピ

子どもの食べ残しが気になるというママは結構多いはず。フードロスは子どもの観点で見ると、“残さないで食べられること”が大切。そこで、子ども料理研究家の武田昌美さんに、華やかだけど“食べ物を粗末にしない心”を育む、食育レシピを教えてもらいました。家族みんなでフードロスを意識したごはんタイムを楽しもう。

【カービングパフォーマー・meica】食欲をそそる見た目に!華やかなスイーツプレートレシピ

カービングパフォーマー・meicaさんが教えてくれるのは、甘酸っぱくてころんとしたフォルムがかわいい「いちご」を使った心躍るデコプレート。見た目を少し工夫して、食欲をそそる見た目にするのもSDGsアクション。フルーツや野菜をナイフ1本で彫刻して、アート作品へと変える話題の“カービング”を取り入れた、華やかなスイーツプレートのレシピ&簡単に作れるコツをチェック。

【料理研究家・ラク家事アドバイザー・島本美由紀】キッチンからゴミを減らす3つの方法

アンケートによると、コロナ禍におうち時間が増え、家庭ゴミが増えたと感じたという人は全体の約5割! そこで、料理研究家・ラク家事アドバイザーの島本美由紀さんに聞いた食品ロスを減らすアイデアをご紹介。読者のアイデアも。節約にも役立つから、参考にして前向きにフードロス削減を楽しもう。

【料理研究家・ラク家事アドバイザー・島本美由紀】キッチンからゴミを減らす3つの方法

フードロス削減に取り組む企業やスポット

【LIFULL Table】食を通じて社会問題を解決!杉や竹、カカオの廃材から生まれたスイーツも

【The Burn】青山のグリルレストラン。規格外野菜を積極的に使用し、フードロス削減に取り組む

【CLUB HARIE e-challenge】これまで販売することのなかったバームクーヘンの“耳”を販売

【セルリアンタワー東急ホテル】「もったいない」から生まれた絶品スイーツに注目

【帝国ホテル】ひとつの食材を大切に使い切るというフードロス対策を推進

【ホテルメトロポリタン エドモント】食品ロス削減を心がけたオリジナルの「もったいないメニュー」を考案

【@Kitchen AOYAMA】表参道にある、フードロスに挑むシェアキッチン型レストラン

【ファームキャニング】規格外野菜を活用して、保存の利く瓶詰めを販売

【ハウス食品】家庭での食品ロスを、カレーでおいしく削減!「もっとカレーだからできることプロジェクト」

【biotable.】フードロス・ゼロを目指し、多面的なアプローチ!ギルティフリーな田町のダイニング

みんなの#サステナブルチャレンジ「#フードロス」更新中

Instagramアプリをダウンロードしたら、オズモール編集部の公式Instagramアカウントをフォローのうえ、「#サステナブルチャレンジ」「#フードロス」「@ozmallok」を付けて投稿してみよう! 豪華プレゼントキャンペーンも開催予定なので、ぜひみんなの体験をシェアして。

こちらもチェック!オズモールとはじめるSDGsアクション「#サステナブルチャレンジ」

SDGsと言われても「それって何なの?何から始めればよいの?」と、難しく考えてしまう人も多いはず。でも実は、毎日の暮らしのなかにヒントがたくさんあるんです。食材をムダなく活用するのも、エコバックを持ち歩くのも、サステナブルなSDGsアクションのひとつ。そこでオズモールでは、楽しみながら始められる「#サステナブルチャレンジ」をガイドしていきます。ぜひ参考にして、できることから始めてみて。

編集部が解決!フードロス・食品ロスのQ&A

最近よく耳にするフードロス・食品ロスという言葉。でも、「どういう意味?」「フードロス・食品ロス削減のためにできることって?」「コロナによるフードロス・食品ロスの削減を支援できる通販は?」など、わからないことや知りたいことがまだまだいっぱい。そこで編集部がみんなの疑問に分かりやすくお答えします。

フードロス・食品ロスってなに?

本来食べられるのに捨てられてしまう食品のこと。日本では、年間612万トン(※)もの食品が、食べ残し、売れ残りや期限が近いなど様々な理由で、まだ食べられる状態なのに廃棄されているのだそう。(※農林水産省及び環境省「平成29年度推計」)
なぜフードロス・食品ロスが問題なの?

フードロス・食品ロス削減のためにできることは?

フードロスを防ぐために家庭でできることは、ロスがでないように工夫することや、食材の買い方を見直すことが大切に。また、外食時にできることとしては、お店選びや注文時に量を気にすること。
プロが伝授!キッチンのゴミを減らす3つの方法
自宅&外食時にできること

  • LINEで送る

TOP