恋、仕事、女友達・・・すべてがうまくいく★ “怒り上手”になるための秘訣




会社で、女友達に、彼・・・もしかしてうまくいってない? あなたの“怒りベタ”度診断

自分が当てはまると思う項目にCHECK!

当てはまった数の合計
  
個

あなたは上手に怒れてる? 診断結果

  • 怒り下手度99% 怒れば怒るほど「怖い人」「面倒臭い人」と思われて、なにより自分自身が激しく疲れてしまうかも・・・

  • 怒り下手度50% 言いたいことはそれなりに伝わりますが、余分な怒りや無駄な反発が付きまといがちでは?

  • 怒り下手度20% 怒りを適度になだめつつ、相手に効果的に伝えられる人。時々の失敗には気をつけて。

“怒り上手”になるコツ

「怒り」という燃えやすい感情を用心深く扱いつつ、上手に有効に活用しよう!

監修/石原壮一郎さん

“怒り下手”なあなたも大丈夫♪ アンケートの声で出てきたオズモール読者からの身近な場面のお悩みに専門家がアドバイス!

会社で上手に怒る秘訣

上司、先輩、後輩、取引先・・・様々な相手&場面で上手な“怒り方”が求められる会社では、
それぞれ効果的なワザを使い分けることがポイント!

全然仕事をしないでしゃべってる先輩には、やっぱり先輩だから怒れません
(noriさん・23歳)

毎回言うことが違っていて、指示に従っているのに翌日には怒鳴られたり・・・。差し障りなく、上司にも落ち度があったことも伝えたい!
(みいさん・25歳)

積極的に質問&しっかりお礼で、
冷静にやり返す作戦を!

理不尽な小言を言われたときは、落ち着いた口調で「○○さんにとっては、納得できない小言もハイハイと聞くのが理想の部下なんでしょうか?」と尋ねてみましょう。質問して前向きな姿勢を見せているようで、間接的に相手のダメさを批判しています。責任をなすりつけられたときも、「いくら考えても、自分に責任があるように思えないのは、私の修行が足りないからでしょうか?」と質問で返す作戦で。どちらも、最後に「ご指導ありがとうございました」とお礼を言えば、よくわからないまま上司は満足してくれそうです。

いつも文句と悪口ばかり言っている会社の同僚。人のことばかり気にしていないでもっと自分のことを気を付けたら?と言いたいが、角が立つので言えません・・・
(bocchanさん・29歳)

参加必須の飲み会に全く顔を出さなかったり、周囲が仕事を抱えているのに暇そうにしていたり、空気の読めない同僚にイライラが押さえられない。
(まりりーーんさん・31歳)

具体的にどうして欲しいかを伝えて!
皮肉をぶつけるのも手

感心しているような口調で「○○さんのマイペースっぷりは、真似しようと思っても真似できないよね。すごい度胸だと思うよ」と、間接的な皮肉をぶつけてみましょう。ただ、通じるかどうかはわかりませんけど。ひとり暇そうにしているような場面では「はっきり言わなくてごめんね。これとこれ、手伝ってくれる?」と、謝りつつ具体的な指示を出しましょう。こちらが謝ることに納得がいかないかもしれませんが、空気が読めない人に対して、何も言わずに悶々と怒っているというスタンスに問題がないわけではありません。

すぐ会社を休む後輩に対して。一度注意したら避けられるようになり、もう何も言いたくない。でも変わらずにすぐ休むので、イライラする。(みんみんさん・30歳)

電話を全く取らない。誰が出ると決まっているわけではないが、状況を見て対応してほしい。言葉の使い方も、何度か注意したが変わらない。(aiaさん・26歳)

後輩には想像がつかない常識も。
怒る理由を根気よく伝えて

ダメなのは「あなたはどうしていつもそうなの」と人格全体を否定したり、「○○さんのことを思って言っているのよ」と恩着せがましい態度を取ったりすること。どうにか頑張って長所を見つけ、そこをホメつつ「ここをこうしたら、もっとよくなる」と具体的にひとつずつ教えたり、「前はこうだったのに、今はこうできるようになってスゴイ」とおだてたりしましょう。こっちには常識でも、後輩には想像すらつかない事柄も多いので、「それがなぜいけないことなのか」「なぜそうするのか」を根気よく丁寧に伝えたいところです。

いつもスケジュールを守ってくれない取引先のせいで、私が残業続き&上司から怒られるハメに。気が弱い私は、強く言えず、取引先は相変わらず・・・。
(nekonekoさん・27歳)

連絡が全く取れなかったり、意思疎通が全くできない担当者。取引相手だったりすると怒りたいけど、なにも言えない。
(ぽっちさん・34歳)

自分の目標を語ってプレッシャーを!
上司を使う手も

早めのタイミングで「勝手ながら私の中で、今月は『スケジュール重視月間』にさせていただいています」と、自分の目標として語りつつプレッシャーをかけておきましょう。緊迫してきたら「上司から『スケジュールを守ってもらえないのは、お前の言い方が悪いからだ』と言われて、胃が悲鳴を上げそうになっています」と、上司が言っていることにして同情を買う手も。「いつもいいお仕事をしていただいているのに、スケジュールの点で上司にその認識が薄いのが残念です」と、微妙におだてつつ遠回しに脅すのも有効です。

プライベートをいちいち詮索してきてイライラします。こちらがきつく言うと、裏で何か言われそうで、社内の“迷惑な人”に迷惑していることを伝えたい。
(あみりー0930さん・25歳)

暇なんでしょ?と飲み会に誘ってくれるのはありがたいけど、毎週末の予定を聞かれるのも辛い。プライベートを大事にさせて欲しい。(たまっちさん・31歳)

いちいち相手にしてはダメ!
穏やかにブロック&フォローが大事

あれやこれや聞いてきたら、笑ってごまかしつつ「私も○○さんのことを根ほり葉ほり聞きたいんですけど、悪いと思って遠慮しているんです」と穏やかに告げましょう。ただ、意図が通じなくて「遠慮しないで、どんどん聞いて」と言われる可能性もありますが・・・。あるいは「私、人間が未熟なので、いろいろ聞かれると頭がパニックになっちゃうんです。すいません」と、煙に巻きつつ謝るという作戦も。いずれにせよ、最後に「私なんかのことを気にしていただいてありがとうございます」とフォローしておくことも大切です。

「怒り」は、溜め込まないことがいちばん大切。やんわりきっちり伝えて、心地いい環境を作りましょう。
コラムニスト
石原壮一郎さん

月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』でデビュー。大人の新しい概念と可能性を知らしめ、“大人女子”へのアドバイスにも定評がある。社会人としての“大人力”を盛り込んだ恋愛アドバイスは、「実用度が高い」とOLたちからも大人気で、女性誌のさまざまな企画に登場するアドバイザーとして広く知られている。著書『大人の女力検定』(扶桑社文庫)ほか多数。

女友達に上手に怒る秘訣

女同士だから、細かいことが気になってしまう。親友だから、なんでも言ってあげたい。
一度こじれるととっても複雑な、女友達との関係は“怒り方”を知っておくことも大事!

時間にルーズ。結果としては遅れても問題なかったがこっちはヒヤヒヤ。間に合ったからよかったと言われても、まずは時間を守るべき。遅刻は信用をなくす。
(ヒロミンさん・24歳)

飲み会に誘うと「行く」と言うのに、半分以上ドタキャン。キャンセル料のことを伝えると、音信不通に・・・。彼女のためにも、きつく言ってあげたほうがいい?(らいむさん・30歳)

怒る理由を丁寧に説明しつつ、
一緒に考えてあげる姿勢も見せて

悪気がなく、何度も続けるような場合は、自分がどれだけ迷惑をかけたのか、わかっていないのかもしれません。感情的にならずに怒るのがポイント。飲み会のドタキャンには、「みんなの会費が増えたのよ。次はキャンセル料を払ってもらうからね」など理由を丁寧に説明することが大切です。ただし、くどくならないように。「怒って感情的になること」と「怒りの感情を伝える」のは別。怒りを上手に伝えるには、一呼吸おいて自分を取り戻してから。「なにかあった?」「~するといいよ」など事情を聞いたり、一緒に対策を考えたりすると、お互いのために怒っていることをわかってもらえるはずです。

すごく失礼な事を言われて傷ついたが、友達はなにも気づいていないと思ったから言えなかった。
(yuzumituさん・35歳)

先に結婚して、大企業に勤めていて、私より恵まれている立場にある女友達から、いつもバカにしたような態度を感じる。こちらも怒るとみじめになってしまうので何も言わないけれど、デリケートな問題でもあるので辛い。(まみすけさん・29歳)

自分がどう思ったか素直に伝えて!
相手のいいところは褒めるフォローも

相手の人格でなく、態度に対して怒っていること、これからも付き合っていきたいことをわかってもらうことが必要。「あなたの態度はよくない」など行動を否定すると抵抗や反発を招きます。上から目線の人というのは、本当は自分にコンプレックスがあるために優位性を示し、認めてほしいのです。「あなたは~だ」と怒るのではなく、「私は、あんまりいい気分がしない」「ちょっと悲しい」など、「私」の気持ちを伝えるようにするといいでしょう。相手のいいところは素直に褒めたりすることで、後の関係にはそれほど響かず、人をバカにしたような態度も緩和されてきます。

合コンを開いて、出張へ行くときにはコレを必ず買ってきて欲しいなど、私の都合を考えずなんでもお願いしてくるのは、いくら友達でもイラッとする
(greenbirdさん・22歳)

不機嫌な態度の多い友達は、大人としてどうかと思う。後で気を付けるように忠告すると、さらに不機嫌に。
(おこりんぼさん・34歳)

我慢せず、相手にこまめに
感情を伝えておくのがポイント!

わがままなお願いをされたときに、「こら! ワガママをいうんじゃないの!」などユーモアで包んだ怒り方をするのも一策。ユーモアで言うキャラでなければ、「私も予定があるの」などストレートに。我慢してため込み、「いつもあなたはそうだ」など、思いつめたように言うと、お互いにしこりが残ります。普段から感情を上手に伝えられるように、できるだけ、そのときそのときで小出しにしていくようにするといいでしょう。相手のお願いを断ったあとは、「大丈夫だった?」などフォローを入れると、関係は悪化しないはず。うまく断ろう、相手に合わせようとすると、自分に無理がきます。正直に言い合える関係を目指して。

大事な友達だからこそ、気になることはしっかり怒ってあげて。フォローを忘れなければ、関係は壊れないはず!
作家、写真家
有川真由美さん

多くの転職経験やマナー講習指導、新人教育の経験から、女性の働き方や生き方について探求している。著書に『30歳から伸びる女(ひと)・30歳で止まる女(ひと)』『仕事ができて、愛される人の話し方』『感情の整理ができる女(ひと)は、うまくいく』(以上、PHP研究所)、『おもしろいように! 幸運に愛されるおしごと手帳2012』(河出書房新社)などがある。

彼に上手に怒る秘訣

一緒にいる時間が長いからこそ、直してほしいことは言っておくのが大事!
だらしない彼、浮気性な彼・・・彼の短所を直してあげられる、彼女力の高い“怒り上手”になるには?

何回言っても片付けてくれないし、休み中はずっとダラダラしている彼。最初は注意していたけど、なんて言ったら聞いてくれるのか、もうわからない。見ているとイライラして怒鳴ってしまいヒステリーと思われているみたいで、彼が態度を改めてくれるように怒りたい。(どんぐりさん・21歳)

部屋も汚く、嫌な事は後回し、期限の感覚がないみたいで、親にもお金を借りているみたい。結婚を考えると相当心配。
(美香さん・29歳)

怒ってもすぐには治らないもの。
改善へ導いてあげて

幼い頃から身に付いている生活習慣は、すぐには治らないものですし、真正面から怒鳴るのは逆効果です。ここは母親が息子を優しく叱るように、少しでも改善するよう促しましょう。休日に食器や洋服を一緒に片づけてあげて、彼がひとつでもできたら「さすがだね~」と褒めてあげてください。いわゆる「善いことをしたら褒めてもらえる」学習づけをするわけです。またお金にルーズな彼には、生活でかかるお金のやりくりを一緒に考えようと、さりげなく提案するのも手。彼をうまく導いてあげられる母&嫁力は、日常生活の様々なシーンで役に立つはず!

同棲中の彼に怒ると逆ギレされてすぐに家を出ていってしまう。その後にフォローするのが大変だからなにも怒れない。私が電話に出ないとすぐキレるのに、こっちから電話する時には、全然つながらなかったり音信不通になったりする。(キャサリンさん・27歳)

2人のスケジュールはすべて彼の都合で、デートで勝手に帰宅してしまうことも。彼がまったく折れないので、私が怒っても不毛なケンカに。(yasuyasuさん・33歳)

怒り方を変えてみては?
受け止め方を変えるのも手

不毛なケンカと分かっていて怒るのは意味のないことです。怒りの伝えかたを変えてみましょう。「あまり一方的だと私はついて行けない」と別れをにおわす(これは本当に別れとなる可能性もありますが、実際別れてもいいと感じる相手です)など、正面からぶつかるだけでなく、こちらがシリアスな態度を取れば、彼も自分の行動を見直すはず。または、プランを立てるのが好きな彼に任せてしまってはどうですか? 「全部決めてくれて楽だな」と受け止めることができれば、あなた自身の気持ちが楽になります。

彼に何度怒っても、他の女の子と出かけたり、連絡を頻繁にしていたり・・・。毎回私が怒って、彼はその時は謝るのに結局何度も繰り返している。
(さきこさん・27歳)

女友達も一緒に、結構な頻度で朝帰りをする彼。嫌がっても「友達だから」と言って聞いてくれない。私が本気で話しているのに、誠実になってほしい。(ミラノさん・25歳)

彼はあなたをいちばんと思ってるはず!
あなたの感情をしっかり伝えて

浮気を繰り返す人は、何を言っても浮気します。ただ毎回謝るということは、彼はあなたが「いちばん」だと思って浮気しているわけですね。いちばん好きなあなたがいるにも関わらず、彼はなぜ浮気をするのか丁寧に聞いてあげて「浮気をしたら私は悲しいんだよ」という言葉で怒りを伝えましょう。“浮気は絶対にいけないこと”と思っていない彼には、「浮気をしないで欲しい」と伝えるより、「浮気によって私を傷つけないでほしい」と伝えるほうが効果的。あなたの気持ちを伝えることで、彼の態度も変わるはずです。

夫婦・家族問題評論家
池内ひろ美さん

5年から著作活動を開始。著作は30作品。96年より「東京家族ラボ」を主宰し、結婚と離婚・恋愛・親子関係に関するカウンセリング、ワーク・ショップ、講演会、研究会等を行なう。“恋愛と結婚とはやっぱり別物?”“相手に求める年収はいくら?”“運命の人を見極めるには?”など、オトナ女子の切実な悩みを解決してくれる『大好きな彼に選ばれるための25の法則』は好評発売中! 書籍の詳細はこちら

さらばガマン・ムカムカ・怒り損! 石原壮一郎のオトナの怒り方

皮肉、ほめ殺し、自分を悪者にして断るなど「怒り上手」な表現を身につけておけば、ビジネスでも日常生活でもストレスがぐっと軽くなる♪ 石原氏が日本人ならではの「怒り方」を指南。3名様に『石原壮一郎のオトナの怒り方』をプレゼント! 応募締め切りは、4/7(月)まで

『石原壮一郎のオトナの怒り方』石原壮一郎 著  定価/1000円+税 発行/青春出版社


TOP